PEO in Australia – Expansion in the Great South | INS Global

オーストラリアの熟作業者派遣組織

グローバルに雇用し、現地で支払い、容易に拡張

オーストラリアで別の法人を開設するために必要な管理プロセスを経ることは、時間のかかる複雑な手順になることもあります。
熟作業者派遣組織 (Professional Employer Organization) は、グローバル展開をスピードアップし、簡素化するための地元の パートナーです。 熟作業者派遣組織 は、新しい会社を設立する必要なく、オーストラリアでスタッフを雇用し、アドミン関連のタスクを管理し、法的コンプライアンスを守ることができます。

INSグローバルは、オーストラリアの 熟作業者派遣組織 および人事アウトソーシング サービスの地元の パートナーです。 私たちは 15 年以上にわたり、80 か国以上に進出する企業を支援してきました。 当社の専門知識により、時間と費用を節約し、数日で作業を開始できます。

今日オーストラリアでチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

今日オーストラリアでチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

serviceswheel

オーストラリアの熟作業者派遣組織- 概要

会社設立よりも熟作業者派遣組織を使う利点は何ですか?

オーストラリアで独自に事業を展開するためには、新しい法人を設立、および管理するために必要な工程を理解する必要があります。これらの工程は非常に複雑な上、労働や税に関する全ての法律を厳守する必要があります。 オーストラリアで新しい会社を設立する選択を選ぶことは、会社を成功させる前段階で、その会社が完全に機能し、コンプライアンスに準拠しているなど、あらゆる面で責任を負うことを意味します。 合法的に従業員を雇用することから、税務コンプライアンスなどのバックエンドプロセスを確立することまで、大規模なチームと多くの頭の痛い内容を伴うため、費用が膨らむ可能性もあります。 オーストラリアで会社を設立するのに必要な時間は、最初から最後まで で2 か月に及ぶこともあり、最初の 2 年間で数千ドルの手数料が必要になることもあります。 知識豊富な熟作業者派遣組織は、これらすべてのことをわずかな時間で行うことができるため、あなたたちは、初日から必要な仕事を開始できます。 熟作業者派遣組織
煩雑な手続きをカット タイムラインを短縮 費用削減 現地のノウハウを最大限に活用 地元のネットワークを最大限に活用
Hiring an Overseas Employee

オーストラリアの 熟作業者派遣組織とのパートナーシップのメリット

コンプライアンス遵守の徹底

あらゆる規制に違反する心配はありません。 私たちはすべてのコンプライアンス要件に対応します。

節約する

会社設立に関連する一般的なコストと、潜在的な手数料や罰金をすべて回避します

不要なタスクを削減

私たちは、御社の成功にとって重要なタスクを処理できるように、すべての人事ニーズを調整します

数日でマーケットに参入

すぐに仕事を開始し、残りは私たちにお任せください

会社の構造を合理化する

通常は人事部門が担当するすべてのタスクを当社にお任せいただくことで、チームを最小限に抑え、潜在的なアウトプットを最大化します

証言

マヌエル・ラモス

テラオ アジア

オペレーション 本部長

INS グローバルは、新しく複雑なマーケットでビジネスを開始するための優れたソリューションであると考えています。 マーケットを理解したからといって、すぐに会社を設立する必要があるわけではありません。

5/5

オーストラリアの 熟作業者派遣組織 はどのように機能しますか?

オーストラリアでできるだけ早く開始できるように、簡単な設定プロセスを提供します。

コンサルタントと面談して、お客様のニーズについて話し合い、最適なプランを作成します。 私たちは、あなたの従業員をオーストラリアに連れてくることができる法人を提供します 給与計算アウトソーシングや管理など、従業員の雇用と支払いに関する管理責任と責任を負います。 あなたとあなたの従業員は、業務を開始し、残りは私たちが担当します。

熟作業者派遣組織と雇用代行業者の違い

オーストラリアで 熟作業者派遣組織とのパートナーシップを検討する場合、雇用代行業者(Employer of Record) という用語も耳にするでしょう。

両者の主な違いは、熟作業者派遣組織/雇用代行業者 と契約関係者が負う責任のレベルです。

熟作業者派遣組織は、他の企業に代わって従業員にすべての人事サービスを提供します。
従業員の責任を分担するために、熟作業者派遣組織と元の会社との間で 熟作業者派遣組織 契約が締結されます。
オーストラリアの雇用代行業者は、元の会社に代わって従業員を合法的に雇用し、すべての人事サービスを提供します
元の会社に代わって、雇用代行業者 と従業員の間で 雇用代行業者契約が締結されます。

オーストラリアでは、両方のサービスは国の規制に従って不明確ですが、INS グローバルは要件に応じて2つを提供できます。

オーストラリアの労働法

オーストラリアでは、雇用主と従業員の関係を保護する多くの規制があります。 州や準州によって異なることに加えて、オーストラリアの法律における雇用に関連する内容の多くは、常に変更される可能性があります。
オーストラリアで雇用を扱う最も一般的な法律は 2009 年の公正労働法であり、雇用主は従業員の公正な労働条件を確保するために従わなければなりません。
オーストラリアは、法律および雇用条件の指標で上位にランクされており、これらの規制に従わない場合、雇用主に重大な罰則が科される可能性があります。

オーストラリアの雇用契約

オーストラリアの法律は、ほとんどの場合、書面によるものではない契約を認めています。
それでも、従業員との正式な書面による契約をして、期待を明確にし、後で意見が一致しないリスクを軽減することをお勧めします。
通常、従業員は、関係するすべての関係者の権利と責任を定めた職場協定を結ぶ必要があります。 これも請負業者との契約とは異なります。
職場の合意には標準的な形式がないため、関係するすべての関係者が受け入れられる合意構造を検討することが不可欠です。

オーストラリアの労働時間

オーストラリアの従業員は、週に最大 38 時間働くことができます。 ただし、雇用主は、従業員がこれに加えて妥当な時間外労働を行うよう要求することができます。
合理的と見なされるものは、業界、仕事の種類、および職場の契約に関連します。 計算機についてはこちらをご覧ください
残業代の正確なレートは、従業員が働いている州、および残業時間や仕事の種類などの他の要因によって異なります。 ただし、通常、残業代は、残業の最初の 2 ~ 3 時間については、標準賃金の 1.5 倍です。

祝日・年次有給休暇

オーストラリアの正社員は、4 週間の有給休暇を取得できます。
パートタイム従業員は、週の労働時間に比例して減額された同額の対象となります。
必要な通知期間とオーストラリアでの休暇取得に関連するすべての詳細については、雇用主と従業員が合意する必要があります。
全国的に認められた 7 日間の年間祝日と、各州および準州によって個別に認められたその他の祝日があります。

病欠

従業員は、最大 10 日間の有給病気休暇/介護休暇に加えて、2 日間の慶弔休暇/死別休暇を取得する資格があります。
雇用主は、必要に応じてボランティア休暇や緊急休暇を許可することも考えてください。 ただし、これは通常無給です(陪審義務の場合を除く)。

育児休暇

多くの場合、産休または父性休暇と呼ばれ、オーストラリアで出産または養子縁組をしている親は、一定期間の有給休暇と最大 12 か月の無給の育児休暇を取得する資格があります。
養父母、生みの母、または新生児の主介護者は、子供の世話をするために、1 回、最大 12 週間の継続的な有給休暇を取ることができます。
父親は、国の最低賃金で政府によって支払われる 2 週間の父親とパートナーの支払いを受ける資格がある場合があります。
従業員は、有給の育児休暇を取得する前に、その会社で 12 か月間働いていなければなりません。

税法

オーストラリアの雇用主は、従業員の税金と給与を整理し、国の「Pay As You Go」税制に登録し、従業員の稼得所得の一部を源泉徴収してこの制度に充てることを期待されています。
現在の税率は税率適用所得区分に基づいており、AUD 18,200 を超える所得に対して 19 ~ 45% の範囲で変動します。
また、国民健康保険制度に資金を提供するために、勤労所得に対して全国的に 2% の課税があります。
雇用主は、従業員の所得の 10% に相当する金額を国民年金制度に拠出することが期待されています。
2022 年 1 月の時点で、オーストラリアのビクトリア州でのすべての収益も、追加の対象となります
メンタルヘルスとウェルネスの追加料金。 他の州や準州でも同様の課徴金が課せられる可能性があるため、雇用主は税法の変更に常に注意することをお勧めします。
法人税は現在、5,000 万豪ドルを超える所得に対して 30% です

お問い合わせならこちらに

オーストラリアでより多くのソリューションを発見

よくある質問

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を使う必要があります

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地の熟作業者派遣組織 のサービスを利用して現地でスタッフを直接雇用することができます。

雇用代行業者とは、特定の国で雇用されているスタッフに対して責任を負う法人です。実際には、外国企業は子会社を設立して海外従業員の雇用代行業者になるか、熟作業者派遣組織 を使用して雇用代行業者として行動することができます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

一般的に、既存の熟作業者派遣組織 を雇用代行業者の従業員として使用して、従業員が海外に拠点を置くには 1 か月が必要です。新しい子会社を正式な雇用主として設立する場合、4 ~ 12 か月の遅延の幅があります。

DOWNLOAD THE PDF