PEO in France – Your Expansion into the EU | INS Global

フランスの習熟作業者派遣組織

Hire Globally, Pay Locally, Expand Effortlessly

フランス事業を拡大すると仮定しますその場合、新しい事務所を設定および維持するときに出くわす可能性のある複雑な問題に気づくかもしれません。会社設立には時間がかかります。必要な手順を全て踏むためには、膨大な資金と時間が必要となり、会社の成長に繋がる、他の業務の進捗を著しく低下させます。さらに、規制コンプライアンスを確保し、給与などの人事業務を管理することは、新しいスタッフを雇用することを意味しますそれは他の仕事からスタッフを引き離しますことになります これが、習熟作業者派遣組織または雇用代行業者サービスのアウトソーシングプロバイダーを使う方が、フランスへの進出を開始する安全で簡単な理由です。習熟作業者派遣組織は、雇用代行業者と同様に、お客様に代わって従業員を雇用し、外国での人事業務を管理るサードパーティ会社です。 このように、会社設立の手間をかけずに海外市場で事業を行うことができます INS Globalは、このような問題において最適なHRサービスのアウトソーシングパートナーです。 我々15年以上にわたり、80か国以上の企業をサポートしてきました。また、フランス市場で成功するために必要な専門家とツールを用意しています。   

Want to have a Team in France TODAY?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

Want to have a Team in France TODAY?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

フランスの習熟作業者派遣組織- 概要

フランスの習熟作業者派遣組織

5 Advantages of a PEO in France

専門家のコンプライアンス遵守

どんな課題が発生しても、経験豊富な法律専門家のチームが対応します 

より少ない経費

チームまたは部門全体にかかるタスクは、月額1回の支払いで可能となります 

気を散らすものが少ない

お客様のビジネス目標に焦点を合わせ、日常の人事業務の複雑さは、我々に任せてください

加速する市場参入

外国での会社設立には数ヶ月かかる場合がありますが、習熟作業者派遣組織を使と、数日でフランスにおいて事業を操業することができます

合理化されたサービスプラットフォーム

開始した日から1つの連絡先必要なすべてのサービスに対応します 

習熟作業者派遣組織は会社設立にどのようなメリットがありますか?

外国で新しい会社を設立し、それを維持するための費用は、新しい市場での成長と成功に焦点を合わせたいビジネスには、厄介なものになる可能性があります。 

習熟作業者派遣組織は、会社が会社設立に伴う問題を心配したり、あらゆる種類の合弁契約を締結したりすることなく、その市場で事業を行う方法を提供します

習熟作業者派遣組織

  • コントロールを維持しましょう 
  • より柔軟に 
  • より少ない開始コストと時間 
  • 完全な規制コンプライアンス保証 

PEO/EOR vs Company Incorporation

The Advantage in Figures

PEO/EOR Company Incorporation
Price
80% Less Expensive
Market Entry
2-5 Days
6 Months
Employee Turnover
Decrease by 14%
Recommendation
98% of the Current PEO Clients
Administrative Fees
Saves an Average of $450
Costly Payroll and Compliance Fines
Help Avoid
Company Growth Rate
7 - 9%
ROI
27%
Closed During Pandemic
-58%

証言

Manuel Ramos

TERAO ASIA

取締役社長

We think INS Global is a good solution about starting in a market like China. Understanding the market doesn’t mean you need to set up a company immediately.

5/5

習熟作業者派遣組織はフランスでどのように機能しますか?

  1. まず、専門家とのミーティングを手配して、お客様のニーズについて話し合います。 その後、御社の個々のプロジェクトの要件と状況に基づいて計画を立てます。 
  2. INS Globalは、フランスに事業を持ち込むことができる現地の事業所を提供します。 
  3. 我々御社の従業員を雇い、そして/またはあなたに代わって従業員の人事ニーズを担当します 
  4. 業務に関連する事は従業員に。それ以外の必要業務は我々にお任せください。 

習熟作業者派遣組織と雇用代行業者はどのように異なりますか?

HRサービスのニーズを簡素化しようとしている企業は、習熟作業者派遣組織と雇用代行業者の両方のサービスへの言及を目にすることあると思います

2つは利点は似ていますが、それらを提供する方法が異なります 

習熟作業者派遣組織は、第三者プロバイダーとして他社の従業員にHRサービスを提供します。 

  • この場合、契約は、サービスプロバイダーとクライアント企業の間で結ばれます 
  • 雇用代行業者は、他の企業の法務および公的雇用者としての従業員にHRサービスを提供します 
  • 提供されるサービスは習熟作業者派遣組織と変わりません 
  • この場合、雇用代行業者は(クライアント企業の指示に従って)従業員と直接契約を結び、合法的に雇用します。 

お客様とお客様のニーズに最適なサービスの種類を選択するためには、その違いを理解することが重要です。 これは、会社の規模や、ターゲット市場にすでにある程度の存在感があり、より一時的に労働者を雇用したいかどうかによって異なります。 

INS Globalは、お客様のニーズに応じて、フランスで習熟作業者派遣組織雇用代行業者EORの両方のサービスを提供しています。 2つの具体的な違いについては、このテーマに関する記事を読でください。 

フランスの労働法

雇用契約

フランスの契約は、最初にそれらに適用される団体交渉協定(CBA)と一緒に理解する方がいいでしょう これは、業界と関連する作業の種類によって異なります 

フランスでは、固定期間(CDD)と永久(CDI)の2種類の契約が認められています。 CDDは、一時的に労働者を交代させるなど、終了日がわかっている特定の一時的な基準でのみ提供できます 

書面による契約が必要となります。 フランスには最低賃金があります。

 2022年は、10.57ユーロ(1時間あたり)です。 

労働時間と残業

フランスの標準労働週は35時間です これは法的な基準かもしれませんが、実際には必ずしもそうではありません。 

労働法によれば、週35時間の基準外のものは残業とみなされます。 

時間外労働の場合、レートは最初の8時間は、標準給与の1.25倍、それ以降の標準給与の1.5倍です。 

法的に、雇用主は6時間ごとに20分の休憩を提供するだけでよいのですが、昼休みは長く、場合によっては1.5時間または2時間になると予想されることに注意してください。 

休日と有給休暇

フランスでは有給休暇の祝日が11日間あります(国の一部ではさらに2日間あります)。 これらのうちの10は雇用主の裁量で決まり、雇用契約に含める必要があります。 

多くの企業は、木曜日に当たる祝日を延長するための「ブリッジ」日を含めることもできます。 フランスの労働者は、月に2.5日間、または年に5週間の有給休暇を取得する権利がありますが、この休暇を取得できる時期にはいくつかの制限があります 

病気休暇

90日間一貫して働いているか、病気になる前に6か月間社会保障に一定額を支払った従業員は、フランスで最大6か月の有給病欠の資格を得ることができます 有給の病気休暇の取得を希望する従業員は、証拠として医師の診断書を提出する必要があります。 

病気休暇手当は通常、標準給与の50%であり、それは社会保険によって支払われます。 

3人以上の子供がいる場合や、従業員が1か月以上働いている場合など、状況によってはこれが発生する可能性があります 

いずれの場合も、病欠手当は総給与の90%に引き上げられます 

病気休暇の手当は、病気の3か月後に減少します 

産休と育児休暇

フランスでの出産休暇は、出産の6週間前と10週間後です。 

母親の契約は出産休暇の過程で中断されたと見なされるため、出産手当は社会保障局(SSA)によって支払われます。 

育児休暇28日で、そのうち21日は出産後6ヶ月まで取得できます。 

出産手当の対象となるには、労働者は出産前に少なくとも10か月間SSAに支払いを済ませている必要があります。 

育児休業手当は、過去3か月の平均収入を使って計算されます。 

税法およびその他の貢献

個人税は0%から45%まで段階的に支払われ、納税者の家族の状況も関わってきます 

社会保障拠出については、雇用主は従業員の総給与の約45%を拠出する義務があり、従業員は2023%を拠出します。 

これらの支払いは、医療、失業、傷害、および年金保険のすべての利益を従業員に提供します。  

フランスの習熟作業者派遣組織

CONTACT US TODAY

Discover More Solutions in France

よくある質問

No, it is necessary to use a local entity abroad to comply with each country labor law.

Foreign companies can either set up a local entity in each country or use the services a local PEO (Professional Employment Organization) to hire the staff on-site directly.

The employer of record is the legal entity liable for the staff employed in a specific country. In practice, a foreign company can either open a subsidiary to become the employer of record of its abroad employees or use a PEO to act as the employer of record.

Liabilities may vary from country to country and include all the staff management responsibilities: labor contract issues, payroll management, and tax compliance, social security management, expenses claim declaration, hiring and termination
procedures, etc.

In general, 1-month is necessary to have an employee based out abroad using an existing PEO as the employe of record. When incorporating a new subsidiary to be the employer of record, the delay varies from 4-12 months.

DOWNLOAD THE EXPANSION INSIGHTS JUNE 2024

DOWNLOAD THE PDF