英国のPEO &; レコードの雇用者 英国 | INS グローバル

英国の習熟作業者派遣組織

グローバルに雇用し、現地で支払い、容易に拡張

英国市場への拡大または参入を検討している多くの企業にとって、別の支店または法人を設立することが最善の選択肢ではないこともあります。 設立のために必要なプロセスは複雑で、多くの維持費が必要になります。 代わりに、これらの企業は 習熟作業者派遣組織の関係から利益を得ることができます。

習熟作業者派遣組織 (Professional Employer Organization) は、一種の「共同雇用」の状況において、あなたに代わって規制コンプライアンスを雇用または管理するサードパーティ サービス プロバイダーです。 多くの場合、雇用代行業者 (Employer of Record) と一緒に考えられる習熟作業者派遣組織 は、費用がかかり面倒な管理要件を回避しながら、柔軟に新しい市場に参入するための優れた方法です。
INS グローバル は 15 年以上にわたり、グローバルな雇用主として世界中の企業を支援してきました。 INSグローバル は、英国およびその他の 80 以上の国で、世界クラスの 習熟作業者派遣組織 および雇用代行業者の サービスを提供しています。

今日英国にチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

今日英国にチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

serviceswheel

英国の習熟作業者派遣組織 - Summary

英国における習熟作業者派遣組織/雇用代行業者のサービスの利点

コンプライアンスの負担なし

あらゆる段階ですべての法律と規制を完全に遵守することを保証する法律専門家のチームを用意してください。

加速する市場参入

会社を設立するのに数か月かかるのではなく、数日で英国で事業を開始できます。

会社体制の合理化

通常はチーム全体または部門全体で行われるサービスを享受するために、1 つの窓口で作業します。

迅速な市場参入

海外労働者の人事業務を管理できる人事部門全体を運営するための予算や人員を持たない企業の場合、熟作業者派遣組織は効率的に機能するために必要なすべてのサービスを提供します。

専門家によるサポートとガイダンス

必要な人事サービスごとに、その仕事に適した人材を配置します。

会社設立よりも英国で習熟作業者派遣組織を検討する理由

習熟作業者派遣組織を使うことにより、企業は外国での会社設立に伴う多くの管理上のハードルを回避できます。 同時に、同社は専門家の法的支援と人事アウトソーシング サービスの恩恵を受けることができます。 つまり英国への展開は、毎月1回の料金支払いで、通常数か月の月日がかかるところを、数日で完了します。

習熟作業者派遣組織

不必要な手数料や潜在的な罰金を節約できます。
あなたに代わって複雑なタスクを整理します。
普通では気が付かない可能性のあるネットワークまたはリソースへのアクセスを提供していきます
入社までとその後のトレーニング サービスを提供できます。

Hiring an Overseas Employee

証言

マヌエル・ラモス

テラオ アジア

オペレーション 本部長

INS グローバルは、新しく複雑なマーケットでビジネスを開始するための優れたソリューションであると考えています。 マーケットを理解したからといって、すぐに会社を設立する必要があるわけではありません。

5/5

英国における INS グローバル の 習熟作業者派遣組織 はどのように機能しますか?

英国の習熟作業者派遣組織 のソリューションは、次の 4 つの簡単な手順で完璧なアウトソーシング ソリューションを提供するように作られています。

まずお会いしてお客様のニーズについて話し合い、お客様の要件に最適なサービスを選んでください。
スタッフを雇用または転勤させることができる英国の現地法人を提供します。
INS グローバルは、お客様が必要とするすべての人事サービスに対応します。
あなたと御社のスタッフは引き続き通常どおり、御社の成功にとって重要なタスクに取り組み、残りは私たちが対応していきます。

習熟作業者派遣組織 と 雇用代行業者 どう違うの?

習熟作業者派遣組織 と 雇用代行業者 はよく混同されたり、誤って関連付けられたりしますが、同様のサービスを提供しています。 ただし、これらのサービスと提供するサービスの範囲を関連付ける方法は異なります。 サービスプロバイダーを探すときは、この2つの違いを知っておくと適切に選択できるようになります。

習熟作業者派遣組織 は、他のクライアントの従業員に代わって人事アウトソーシング サービスを提供します。
これらのサービスには、給与計算、法令順守、給与明細、年次休暇または病気休暇の管理などが含まれます。
雇用代行業者は、クライアント企業に代わって完全かつ合法的に従業員を雇用します。
彼らは、習熟作業者派遣組織 と同じサービスをすべて提供できるほか、雇用主としての責任に関連して必要なものをすべて提供できます。
習熟作業者派遣組織 の場合、従業員の契約は会社に残ります。 雇用代行業者 では、クライアントの指示に従って、プロバイダーと従業員の間で契約が締結されます。

英国では、INS はグローバルな習熟作業者派遣組織 および 雇用代行業者のサービス パートナーとしてあらゆるサービスを提供しています。

英国の労働法

一般に、英国の労働法は、英国政府が制定した規制に従っています。 ただし、英国の構成部分であるイングランド、スコットランド、ウェールズ、および北アイルランドでは規則に違いがある場合があります。
英国の多くの労働法では、雇用主と従業員の間で多くの柔軟性と合意が認められています。 ただし、従業員は苦情があった場合に労働争議委員会を利用できます。

雇用契約

通常、英国の雇用契約は書面にする必要はありません。 ただし、仕事の重要な面は、書面で従業員に与えられることが求められています。
英国のほとんどの契約は無期限ですが、有期契約は、一時的な労働者やプロジェクトのために雇われた人にとって珍しいことではありません.
試用期間に定められた期間はありませんが、従業員には最長 2 年間の勤務に対して少なくとも 1 週間の通知期間を与える必要があります。 その後の勤続年数ごとに、従業員には最大 12 週間までの追加の 1 週間の通知が与えられなければなりません。
イギリスには年齢に応じた最低賃金があります。

労働時間と残業

英国で可能な最大週労働時間は 48 時間 (残業を含む) です。 ただし、特定の状況下での合意によりこれを「オプトアウト(撤退)」する人には例外があります。 週の実際の労働時間は、雇用主と従業員の間で合意された内容によって異なります。
英国での残業とは、従業員の労働契約で定められた労働時間外に働いた時間を意味します。 雇用主は自動的に残業代を支払う義務はありません。 ただし、これは使用者と従業員の間で合意する必要があります。

祝日・年次有給休暇

また、労働者は祝日の有給休暇が自動的に保障されるわけではありません。ただし、祝日手当を支給すると宣言した場合を除いて、平時は祝日有給を想定している労働者が多いです。
英国のすべてのフルタイム (週 35 時間以上) の労働者は、年間 5.6 週間の年次有給休暇を取得する権利があります。 パートタイム労働者は、時間に応じて比例した金額を受け取る権利があります。

病欠

英国には標準的な病欠日数はありません。 ただし、英国の従業員は、28 日以上病気である場合、雇用主に証明を提供する必要があります。
雇用主は、標準の法定疾病手当 (SSP) で病気休暇を支払います。

産休と育児休暇

英国の産休は現在 52 週間で、「通常の」産休と「追加の」産休に分けられます。 子供の誕生直後に少なくとも2週間取る必要があります。
労働者が出産休暇中に受給できる法定出産手当は次のとおりです。
1~6 週 – 週平均収益の 90%
6~39 週 – 1 週間の平均収益の 90% または設定レート(いずれか低い方)
イギリスの育児休暇は、伝統的に1週間か2週間の有給休暇です。
現在、親は 50 週間の共有育児休暇を取得するオプションもあり、そのうち 37 週間は一定の割合で支払われます。

税金と保険

英国には、国民皆保険制度、公的年金制度、および税金を財源とする失業手当があります。
雇用主は通常、従業員に代わってこれらの税金を整理します。
英国の法人税は現在 19% です。

今すぐお問い合わせください

「英国でより多くのソリューションを発見する

よくある質問

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を使う必要があります

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地の習熟作業者派遣組織のサービスを利用して現地でスタッフを直接雇用することができます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

一般的に、既存の習熟作業者派遣組織を雇用代行業者の従業員として使用して、従業員が海外に拠点を置くには 1 か月が必要です。新しい子会社を正式な雇用主として設立する場合、4 ~ 12 か月の遅延の幅があります。

DOWNLOAD THE PDF