登録雇用主&PEO 韓国 - 事業体なしで雇う

韓国の習熟作業者派遣組織

グローバルに雇用し、現地で支払い、容易に拡張

INSグローバルは、グローバルな人事サービスを提供する海外市場での地元のパートナーとして機能しています。 当社の経験豊富な習熟作業者派遣組織/雇用代行業者の サービス エキスパートの助けを借りながら、世界 80 か国以上で従業員を見つけ、運用を開始し、業務を開始することができます。グローバルな拡大に通常伴う面倒な作業はすべて不要です。

雇用代行業者 (Employer of Record) とも呼ばれる 習熟作業者派遣組織 (Professional Employer Organization) は、海外市場に進出する企業の現地パートナーです。韓国の習熟作業者派遣組織は、企業が人事サービスを外部委託し、しばしば発生する複雑な問題に対処する必要なく、新しい国に参入することを支援できます。

今日、韓国にチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

韓国の 習熟作業者派遣組織 は、合法的に韓国人スタッフを会社に雇用し、日常業務に影響する従業員サービスを管理できます。これには、給与計算のアウトソーシングや福利厚生などのタスクが含まれ、より生産的な方法で使用できる会社の時間とお金を節約できます。

今日、韓国にチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

serviceswheel

韓国の習熟作業者派遣組織まとめ

会社設立に対する韓国の習熟作業者派遣組織のソリューションの利点

外国で新しい会社を設立することは、ストレスが多く複雑なプロセスになる可能性があり、対象国に物理的に存在する事業体が必要になります。 習熟作業者派遣組織によって提供される利点により、企業は、そのような新しい事業体を形成して組み込むために必要な手順を行うことなく、外国市場で事業を始めることができます。

習熟作業者派遣組織ソリューションでできること:

  • 会社の時間を節約
    会社のお金を節約する
    法的および官僚的な落とし穴の可能性を回避するのに役立ちます
    地元の ネットワークを活用して効率を最適化
    インフォグラフィックの例:
Hiring an Overseas Employee

韓国の習熟作業者派遣組織が提供する5つの独自の利点

現地の規制への適合を保証

現地の法的要件について 現地の規制が変更された場合でも、お客様の会社を、習熟作業者派遣組織の専門家が、常に法的要件や規則を守っていることを確約します。

コストと時間の削減

人事部内で単純なミスが発生すると、不釣り合いな金額の手数料や罰金が発生する可能性があります。 これらの間違いは、新しい市場に参入するときに特に起こりがちです。 習熟作業者派遣組織 はこれらの間違いを減らし、会社の時間とお金を節約していきます。

会社の拡大に、より明確に焦点を当てる

習熟作業者派遣組織は、給与計算のアウトソーシング、採用、ヘッドハンティング、請負業者の管理など、いくつかの重要なサービスを提供していきます。 熟作業者派遣組織 の専門家がこれらの人事プロセスを処理している間、あなたと御社の従業員は安心して休むことができ、また重要な仕事に集中する時間を確保することができます。

新しい市場への迅速な参入

新しい市場への迅速な参入
新しい市場での会社設立の推定時間: 4 ~ 12 か月
習熟作業者派遣組織との関係を確立するための推定所要時間: 5 日
*グローバル見積もり

必要なものすべてに対応する単一のプラットフォーム

韓国の習熟作業者派遣組織は、人事の複雑な事柄を処理し、人事問題の負担を軽減し、解決策を簡素化するために、1つの窓口を提供します。

韓国の習熟作業者派遣組織 はどのように機能しますか?

韓国の INS グローバルの習熟作業者派遣組織は、次の 4 つの基本的な手順に従って、従業員の配置と採用のニーズを管理します。

お客様の要件を理解し、お客様と協力して必要なプランを作成することで、どのプランが最も役立つかを話し合います。
私たちの組織は、韓国で事業を開始するために従業員を連れてくることができる法人を提供します。
私たちの専門家は、あなたのスタッフの雇用と支払いに関連する法務および事務業務を引き受けます
御社の従業員は日常業務に対応し、韓国での御社の成功に向けて取り組んでください。そして、人事に関連する面倒な作業は弊社が対応します。

証言

マヌエル・ラモス 

テラオ アジア

オペレーション 本部長

INS Global は、新しく複雑な市場でビジネスを開始するための優れたソリューションであると考えています。 市場を理解したからといって、すぐに会社を設立する必要があるわけではありません。

5/5

習熟作業者派遣組織または雇用代行業者? 違いは何ですか?

習熟作業者派遣組織/雇用代行業者 契約を作成する目的で韓国に入国する場合は、情報に基づいた決定を下すために、まずそれらの違いを完全に理解する必要があります。

習熟作業者派遣組織は、世界中の他の企業の従業員に人事サービスを提供する別の会社です。
習熟作業者派遣組織が提供するサービスには、給与計算のアウトソーシング、法令順守、税金などが含まれます。
雇用代行業者は、人事サービスを提供する別の会社でもあるという点で習熟作業者派遣組織に似ていますが、他の会社の従業員を合法的に雇用します.
習熟作業者派遣組織と雇用代行業者の決定的な違いの 1 つは、雇用代行業者が従業員のすべての募集と雇用に対して法的責任を負うことです。
習熟作業者派遣組織の契約に署名すると、従業員の雇用契約は会社とこれらの従業員の間で維持されます。
雇用代行業者契約に署名すると、従業員の雇用契約は 雇用代行業者と従業員の間で完全に締結されます。

韓国では、国の規制に従って両方のサービスが不明確ですが、INSグローバルは要件に応じて両方の要素を提供できます。

韓国の労働法

韓国の雇用契約

韓国の雇用法の主な出典は、労働基準法 (LSA) です。 この法律は、雇用に関する最も基本的かつ重要な事項を規定しています。 これらの事項には、労働時間、賃金、残業代、休暇などが含まれます。
LSA は、ほとんどの従業員に対して書面による契約を作成することを特に義務付けていません。 ただし、雇用関係の次の重要な面が雇用主によって賃金、契約上の労働時間、休日、および有給年次休暇を、書面で提供される必要があります。

韓国の労働時間

LSAは、最大で1日8時間、1週間で40時間の労働時間を課しています。ただし、直近で週40時間以内の労働時間に収めていた場合、残業も可能です。韓国では、1週間で最大の52時間の労働時間が許されており、残業をする場合は上長に許可を取ることが必要となります。
通常、従業員は、週 12 時間の追加の残業に同意することが認められています。 この残業代として、雇用主は従業員の通常の賃金の 更に50% を追加で支払う必要があります。 また夜勤 (午後 10 時から午前 6 時までの勤務) についても、雇用主は賃金の 50% を追加で支払わなければなりません。

韓国の祝日

低有給休暇は、毎週の休日 (通常は日曜日) とレイバー デー (5 月 1 日) です。 従業員は、休暇中に 8 時間働いた場合は 50% の追加料金を、この 8 時間の制限を超えて働いた場合は 100% の追加料金を受け取る権利があります。
1 年間勤務する従業員は、年間 15 日間の年次有給休暇を取得する権利があります。 1 年間勤務していない従業員、または出席率が 80% 未満の従業員は、その年の勤務月ごとに年次有給休暇を 1 日取得する権利があります。
2022 年 1 月 1 日から、従業員が 30 人以上の雇用主は、従業員に祝日も、有給休暇を与えることが義務付けられています。 政府が指定する祝日は次のとおりです。

元日:1月1日。

旧正月(ソルラル): 12 月 31 日~1 月 2 日

独立運動の日 (Sam Il Jul): 3 月 1 日。

こどもの日(Uhrininal):5月5日。

ブッダの誕生日: 旧暦の 4 月 8 日。

メモリアルデー:6月6日。

独立記念日 (Kwang Bok Jul): 8 月 15 日。

中秋の名月(秋夕): 8 月 14 日~8 月 16 日

建国記念日 (Kae Chun Jul): 10 月 3 日。

クリスマスの日: 12 月 25 日。

これらの日は、毎年変更される場合があります

韓国の産休・育休

LSA によると、最低 90 日間の出産休暇が認められており、出産後は最低 45 日間取得するように決められています。 双子以上の出産がある場合、従業員はさらに 30 日間の猶予を得る権利があります。 出産休暇は有給休暇であり、雇用主によって支払われるか、政府によって補助されます。 さらに、女性は、妊娠中および出産後 30 日間は解雇から保護されています。
企業は現在、韓国で 10 日間の有給の父親休暇を提供することも義務付けられており、母親と父親の両方に無給の育児休暇を与えることが期待されています。

今すぐお問い合わせください

韓国でさらに多くのソリューションを発見

よくある質問

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を使う必要があります

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地の熟作業者派遣組織 のサービスを利用して現地でスタッフを直接雇用することができます。

雇用代行業者とは、特定の国で雇用されているスタッフに対して責任を負う法人です。実際には、外国企業は子会社を設立して海外従業員の雇用代行業者になるか、習熟作業者派遣組織 を使用して雇用代行業者として行動することができます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

一般的に、既存の習熟作業者派遣組織  を雇用代行業者の従業員として使用して、従業員が海外に拠点を置くには 1 か月が必要です。新しい子会社を正式な雇用主として設立する場合、4 ~ 12 か月の遅延の幅があります。

DOWNLOAD THE PDF