デンマークの習熟作業者派遣組織

グローバルに雇用、現地で支払い、容易に拡張

INS グローバルは、世界中の人材サービスのトップ ローカル パートナーです。 当社のグローバル習熟作業者派遣組織を使い、ビジネスを立ち上げ、有能な労働者を雇い、80か国以上で成功を収めることができます。同時に、グローバル展開に通常伴う面倒な手続きや追加費用を削減できます。

習熟作業者派遣組織は、別の法的事業体を作ることなく、人事サービスをアウトソーシングしたり、新しい地域や国に拡大したりする企業のお手伝いをするローカル パートナーです。

習熟作業者派遣組織を使用すると、スタッフの雇用や、採用、給与、福利厚生、報酬などの他の従業員サービスの管理を支援できます。これらのグローバル HR アウトソーシング サービスにより、複雑な現地の規制手続きを回避し、時間とお金を節約できます。

デンマークの習熟作業者派遣組織 - Summary

習熟作業者派遣組織の使用: 5 つの主な利点

法令順守

現地の法的・行政手続きに関する深い知識を活用して、習熟作業者派遣組織は御社がスマートに、且つ効率的に現地の法律を遵守することを確約します。

コストと時間を削減

新規市場に参入する際、遭遇する一般的な問題の 1 つは、人事に関する小さな問題でさえ、驚くほど高額な手数料や罰金につながる可能性があるということです。 習熟作業者派遣組織 は、これらのコストのかかる失敗を回避するのに役立ちます

会社の成長を加速させる

給与計算アウトソーシング、採用、ヘッドハンティング、請負業者管理サービスなど、多くの骨の折れるタスクをカバーすることで、習熟作業者派遣組織は、市場の成長を成功させ、時間とエネルギーをあなたに集中させることができます。

迅速な市場参入

新規市場での会社設立の推定時間: 4 ~ 12 か月

習熟作業者派遣組織との関係を確立するための推定所要時間: 5 日

*グローバル見積もり

すべてのニーズに対応する 1 つのプラットフォーム

習熟作業者派遣組織は、人事サービスのあらゆる面をカバーし、それらを単一の窓口に合理化して、一度に複数のスタッフや部門を管理する必要がないようにします。

会社設立よりも習熟作業者派遣組織を選ぶ理由

海外市場への参入はターゲットとなる国の法的、及び物理的存在感の両方を示す必要があるため複雑で、難解なプロセスとなる場合があります。 しかし、習熟作業者派遣組織と連携すれば、そのような事業体を作るために苦労することなく、新規市場で効率的に事業を行うことができます。

習熟作業者派遣組織

  • 処理時間を短縮
    コストを削減
    潜在的な法的落とし穴を回避
    現地のネットワークと専門知識を活用
testimonial from Manuel Ramos

証言

マヌエル・ラモス

テラオ アジア

取締役社長

INS グローバルは、新しく複雑なマーケットでビジネスを開始するための優れたソリューションであると考えています。 マーケットを理解したからといって、すぐに会社を設立する必要があるわけではありません。

5/5

デンマークの習熟作業者派遣組織はどのように機能しますか?

4 つの簡単な手順で、INSグローバルの習熟作業者派遣組織はデンマークでの従業員の採用と人事のニーズに対応します。

お客様の状況やご要望をお伺いし、最適なプランを一緒に考えます。
私たちの組織は、デンマークで事業を開始するために従業員を雇用するための事業体を提供します。
私たちは、従業員の雇用と支払いに関するすべての管理上および法務上の面を管理します。
従業員は日常業務を継続して行い、人事の詳細をすべてカバーしながら、デンマーク市場での成功への近道を御社に導きます。

習熟作業者派遣組織と雇用代行業者 の違いについて

新規市場への進出を決定し、習熟作業者派遣組織との契約を開始したい場合、ニーズに最も適したサービスを選択できるように、習熟作業者派遣組織と雇用代行業者の違いを理解することが重要です。

習熟作業者派遣組織 は、他社の従業員に人事サービスを提供する会社です。 これらのサービスには、給与計算、税金、法規制の遵守などが含まれる場合があります。
雇用代行業者 は 習熟作業者派遣組織 と同様に機能する会社ですが、他の会社に代わって合法的かつ公式に従業員を雇用することもできます。
習熟作業者派遣組織が提供するサービスに加えて、雇用代行業者 は、労働者の募集と雇用に関するすべての責任も負います。
習熟作業者派遣組織の契約では、元の会社と従業員の間で契約が結ばれます
雇用代行業者の契約は、元の会社によって指示されますが、雇用代行業者 と従業員の間で行われます。

デンマークの労働法

デンマークでの契約はデンマーク語で書かれ、通貨はデンマーク クローネとなります。 従業員の責任と福利厚生に関するすべての詳細を含めることになります。 契約は、従業員が勤務を開始する 1 か月前に完了する必要があります。 これに遵守しない場合、雇用主は従業員に最大 10,000 クローネの補償を支払う可能性が出てきます。

従業員の権利と福利厚生に関する多くの詳細は、団体交渉協定 (CBA) によって決定されます。 CBAは、残業代や休暇日数などの重要な件を決定するため、それらと関連する業界によって確立された既存の基準を十分に理解する必要があります.

デンマークの労働時間と残業

デンマークの平均労働時間は 37.5 時間で、残業を含めて最大 48 時間です。 従業員は週に少なくとも 1 日 (通常は日曜日) の休日を取得する権利があります。

従業員は、別段の交渉がない限り、勤務シフトの間に 11 時間の休暇を取ることが求められています。

デンマークの祝日と年次休暇

デンマークの祝日は次のとおりです。1 月 1 日、洗足木曜日、聖金曜日、復活祭の月曜日、祈祷日、昇天祭、ペンテコステ、聖霊降臨祭の月曜日、クリスマス、ボクシング デー。

これらの日は、土日祝日にあたる場合を除き、国民の有給休暇として扱われます。

年間有給休暇日数は、1 か月勤務ごと 2.08 日間、または年間約 5 週間の休暇として計算されます。

デンマークの病気休暇

ノルウェーでは、雇用主が最初の30日間の病気休暇の給与とボーナスを含む全額支払います。それ以降の給与に関しては、起業会社に変わり行政が最大週額まで補償します。

デンマークの産休・育休

妊娠中の母親は、妊娠中は 4 週間、出産後は 14 週間休暇を取ることができ、給与の 少なくとも50%を受け取ることができます。 CBA に応じて、金額は給与補償の合計と同額になる場合があります。

父親は、子供の誕生後 2 週間の休暇を取得する権利があり、給与の 50% を受け取ります。 育児休暇の支払いは通常、個々の雇用主ではなく、政府によって発行されます。

デンマークの税法と社会貢献

デンマークの従業員は、総所得の 8% である社会保障税を含む、さまざまなサービスをカバーする複雑な税金システムを支払うことが求められています。

税金の合計額は最大 52.06% を超えてはなりませんが、教会税などの他の小さな税金はこの合計に含まれません。

雇用主は、従業員の社会保障拠出に貢献するために給与を差し控え、従業員自身の拠出に一定額を拠出することが求められています。 雇用主は、従業員 1 人あたり年間 DKK8000 ~ 10000 の拠出を求められることになります。

お問い合わせ

デンマークでより多くのソリューションを発見

FAQs

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を利用する必要があります。

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地の PEO (Professional Employment Organization) のサービスを利用して現地でスタッフを直接雇用することができます。

登録雇用主は、特定の国で雇用されているスタッフに対して責任を負う法人です。 実際には、外国企業は子会社を設立して海外従業員の登録雇用主になるか、PEOを使用して登録雇用主として行動することができます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇など、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。
手続きなど

一般的に、既存の PEO を記録上の従業員として使用して、従業員が海外に拠点を置くには 1 か月が必要です。 新しい子会社を正式な雇用主として設立する場合、遅延は 4 ~ 12 か月です。