タイトル

アフリカへのビジネス進出:プロが選ぶ5つの大きな理由

アフリカへのビジネス進出:プロが選ぶ5つの大きな理由

9月 7, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 過去10年間、アフリカは天然資源の採掘、インフラ整備、中産階級の増加などの要因によって、大きな経済成長を遂げてきました。
  2. <li デジタル・インフラの成長も、アフリカ大陸全体の投資開発を後押ししています。
  3. アフリカへのビジネス進出により、企業は商品やサービスに飢えている大規模で多様な顧客層にアクセスすることができます
まとめ

新市場への事業拡大は、周到な計画を必要とする戦略的な動きです。この10年間で、世界中の企業がますます注目している地域のひとつがアフリカです。多様な経済、成長する中間層、未開拓の可能性など、アフリカへの事業進出は多くのチャンスをもたらします。しかし、アフリカには進出企業にとって特有の課題もあります。

面積と人口で世界第2位のアフリカ大陸は、国や地域の違いによる多様性に満ちています。そのため、今後、アフリカ各地の具体的な状況についてのガイドを順次お届けしていく予定です。本ガイドブックは、アフリカ大陸におけるトレンドの基本的な入門書です。

ここでは、アフリカに進出する5つの大きな理由、潜在的な課題、長所と短所、そしてこの有望な大陸で優秀な従業員を雇用するためのヒントを探ります。

2023年のアフリカ新興市場動向

経済成長

事業拡大を考える際、その地域の将来性を最初に考慮することはよくあることです。アフリカでは近年、力強い経済成長が続いており、多くの国が新規投資に最適な高いGDP成長 率を達成しています。アフリカの若年人口、都市部の増加、インフラの改善などが、この経済上昇に拍車をかけています。

過去10年間、アフリカは天然資源の採掘、インフラ整備、中間層の増加などの要因によって、大きな経済成長を遂げてきました。アフリカ開発銀行(AfDB)によると、2011年から2020年までのアフリカのGDP成長率は平均約3.4%で、地域によってはさらに高い成長率を示しています。

もちろん、パンデミックはアフリカに大きな影響を及ぼし、現在も悪影響が続いています。しかし、専門家によれば、2023年末から2024年にかけては安定し、4.8%の成長率に戻るといいます。

このような成長は、パンデミック以前のレベルに回復する兆しが見えず、成長が鈍化している他の多くの伝統的に好まれてきた地域よりも、アフリカの市場を投資対象として優位に立たせます。しかし、ロシアの対ウクライナ戦争の影響や、貿易に関する世界的な問題がアフリカに問題を引き起こすだろうから、結果はまだわかりません。

成長する中間層

アフリカの中産階級は急速に拡大しています。この新たな消費者層は、高級品から金融サービス、ヘルスケアに至るまで、幅広い製品とサービスの需要を牽引しています。スタンダード・バンクのレポートによると、2030年までにアフリカの中産階級は11億人に達し、商品やサービスの大きな市場になると予測しています。この成長は、教育、雇用機会、消費文化へのアクセスの増加に起因しています。

アフリカへの進出を考えている人たちが忘れてはならないのは、この中産階級の台頭がアフリカ大陸全体にまんべんなく広がっているわけではないということです。今のところ、北アフリカがトレンドをリードしており、チュニジア、モロッコ、エジプトはいずれも中間層が80%を超える地域となっています。このことは、輸出や製造に最も適した地域に影響を与えるでしょう。

デジタル接続の向上

インターネットやモバイル・テクノロジーへのアクセスは、アフリカ全域で増加傾向にあります。このデジタルの成長は、電子商取引、フィンテック、その他の技術主導型セクターに新たなチャンスをもたらします。

近年、アフリカではコネクテッドテックとデジタルの成長が特に著しいと見られています。国際電気通信連合(ITU)によると、インターネットの普及率は2010年代に2倍以上になり、2011年にはわずか10%だったのに対し、2020年にはアフリカ人の21%以上がインターネットを利用するようになります。

この成長は、安価なスマートフォンの普及、通信ネットワークへの投資の増加、新しいモバイルマネーサービスによってもたらされました。そのため、アフリカへの進出は、現地のサービスをグローバルなプラットフォームやネットワークに接続することで、より容易に実現できます。

デジタルの成長はまた、多くのアフリカ諸国における教育の性質の変化とも結びついています。かつてイギリスの植民地であった国では英語が主流であったが、現在では他の植民地言語に取って代わりつつあります。最近の例では、マリがフランス語を公用語から外しました。このことは、より多くの現地語が成長するチャンスを与えていますが、同時に、大陸全体、そして世界とつながる手段として英語を使用することを可能にしています。

アフリカ大陸における貿易協定と貿易統合

アフリカ大陸自由貿易地域(AfCFTA)は、参加国数で世界最大の自由貿易ネットワークです。アフリカ大陸をビジネスにとってより良い目的地とし、域内貿易とアフリカ市場への事業拡大の両方を促進することを目的としています。

三国自由貿易地域や東アフリカ共同体のように、地域統合に拍車をかける構想もあります。こうした変化は、経済成長に影響を与え、雇用を創出し、海外からの投資を呼び込む可能性が高いです。このような目的の一致と問題への対応能力により、アフリカは将来、貿易と商業にとってより魅力的な目的地となるでしょう。

2023年にアフリカの結束が高まった最も驚くべき例は、ニジェールでの2023年クーデターをめぐってECOWASがこれまでに果たした役割です。ECOWASは、外部からの関与なしに地域の安定を維持するため、ニジェールへの関与を強める構えを示しています。

アフリカへの投資や事業拡大を成功させるためには長期的な安定が必要であるため、このような準備は企業にとって良い兆候です。

ビジネスチャンスに恵まれた企業がアフリカ進出を目指す5つの理由

未開拓市場

アフリカの巨大なスケールは、未開拓の市場が無数にあることを意味します。アフリカへの進出により、企業は商品やサービスに飢えた大規模で多様な顧客層にアクセスすることができます。企業は、ニッチ市場を特定し、製品を現地のニーズに適合させることで、こうした新たな機会を利用することができます。

アフリカには鉱物、石油、ガスなど豊富な天然資源があります。これらの資源は、エネルギー、鉱業、インフラ企業にとってビジネスチャンスとなります。

経済成長の可能性

アフリカ諸国の多くは急速な経済成長を遂げています。今、こうした市場に進出することで、御社のビジネスを長期的な成功に導くことができます。消費者の購買力が高まれば、収益拡大の可能性も高まります。

消費財、テクノロジー、金融サービスといったセクターの企業は、大きな恩恵を受けるでしょう。しかし、迅速な行動は群衆に打ち勝つのに役立ちます。

競争上の優位性

競合他社に先駆けてアフリカ市場に参入することは、ブランドイメージに関して貴重な競争優位性をもたらします。早期に強力なブランド・プレゼンスと顧客ロイヤルティを確立することで、後発企業が追いつくのは困難となります。さらに、AfCFTA はアフリカ大陸内での地域拡大の機会を提供しますが、こうした機会がいつまで続くかは未知数です。

多角化

アフリカへの進出は、企業の収益源を多様化するための戦略的な一手となり得ます。アフリカ大陸には50を超える国々があり、また多数の小規模な政治団体が存在するため、この大陸が提供する多様性は、他地域の景気後退に対する緩衝材となり、単一市場への依存を減らすことができます。

インパクトのある企業の社会的責任(CSR)

CSRに取り組む企業にとって、アフリカへの進出は国内外にポジティブな影響を与える機会となります。多くのアフリカ諸国は社会的・環境的課題に直面しており、企業は持続可能なビジネス慣行やコミュニティへの参画を通じて、その解決に貢献することができます。

不注意な企業が直面するアフリカ進出の潜在的課題

アフリカでのビジネスチャンスは魅力的でありますが、アフリカ大陸への進出には課題も伴います:

インフラの問題

特定の国における政情不安や規制の不確実性は、柔軟な選択肢を持たない企業にリスクをもたらす可能性があります。大きな決断を下す前に、徹底したコンプライアンス保証とリスク評価を行うことが不可欠です。

不安や特定の国における規制の不確実性は、柔軟な選択肢を持たない企業にリスクをもたらす可能性がある。大きな決断を下す前に、徹底したコンプライアンス保証とリスク評価を行うことが不可欠です。

政治・規制リスク

特定の国における政情不安や規制の不確実性は、柔軟な選択肢を持たない企業にリスクをもたらす可能性があります。大きな決断を下す前に、徹底したコンプライアンス保証とリスク評価を行うことが不可欠です。

文化の違い

アフリカは文化的に多様であり、国ごとに習慣や規範が異なります。こうした違いを理解し、尊重することは、事業を成功させる上で極めて重要です。しかし、現地の違いを考慮しないと、チャンスよりもトラブルが多くなる可能性があります

法律とコンプライアンスの複雑さ

特に言語の違いや制度の未整備が原因で、法律やコンプライアンスを理解することは難しいです。現地の法律や規制は多岐にわたり、コンプライアンス要件も複雑です。そのため、コンプライアンスに精通した人事の専門家の存在は必須となります。

人材の獲得と維持

アフリカのような発展途上の市場で働く場合、熟練した人材の獲得と維持は困難です。企業は、適切なスキルを持つ優秀な人材を確保するために、効果的な採用・定着戦略を考案しなければなりません。

アフリカにおける新規法人設立の長所と短所

アフリカに進出する際、企業は新たな法人を設立するか、別の市場参入方法を模索するかを決定しなければなりません。ここでは、新規法人設立のメリットとデメリットをご紹介します:

長所

・コントロール: 支配力:新しい法人は、事業、戦略、意思決定を完全に支配することができます。

・現地でのプレゼンス: 市場における物理的なプレゼンスを確立し、現地の顧客やパートナーからの信用と信頼を高めることができます。

・税制上のメリット: アフリカの一部の国では、外国企業に対して税制優遇措置を設けており、全体的な税負担を軽減することができます。

短所

・複雑さ: 新たな法人を設立するには、法律、規制、管理上のハードルがあり、複雑で時間のかかる場合があります。

・コスト: アフリカ進出に伴う初期設定費用や継続的なコンプライアンス費用は、特に後発開発途上市場においては莫大なものとなる可能性があります。

・リスク:新しい法人は市場リスクや不確実性にさらされるため、徹底した市場調査とリスク評価が重要になります。

アフリカで優秀な社員を採用するためのINSグローバルの採用ヒント

アフリカへの進出を成功させるためには、優秀な従業員の採用が欠かせません。INSグローバルの海外採用スペシャリストが、企業が優秀な人材を惹きつけ、確保するためのヒントをご紹介します:

地域のパートナーシップと知識を活用する

現地の人材プールや労働市場を理解している現地の人材紹介会社やパートナーと協力しましょう。

プロセスのあらゆる段階で文化的感受性と包括的計画を適用します。

プロセスのあらゆる段階で、現地の習慣や労働文化を理解し、尊重する。現地の期待に沿うよう、採用プロセスを調整しましょう。

競争力のある報酬を提供する

競争力のある給与と福利厚生を提供することは、人材を惹きつける最善の方法です。アフリカでは一般的に運営コストが低いため、非常に競争力のある雇用を提供しやすいはずです。

人材育成を効果的に行う

現地の従業員のスキルアップと成長を支援するために、研修や能力開 発プログラムに投資します。これは、現地の研修や教育プログラムが自国と同じように資金が不足している可能性のあるアフリカの地域では特に重要です。

法令遵守の保証ミスをスタッフから防ぐ

外国人従業員の労働許可証やビザを含め、現地の労働法や規制を確実に遵守します。従業員の海外転勤は大きな一歩であり、アフリカへの派遣をお考えの場合は、現在の従業員への補償が必要になる場合があります。

INSグローバルがアフリカ進出に最適なパートナーである理由

2023年のアフリカへのビジネス進出は、困難を乗り越える意思のある企業にとってエキサイティングな機会となります。中産階級の増加、多様な市場、良好な経済動向など、アフリカは大企業や中小企業による事業拡大の機が熟している地域です。

しかし、このダイナミックで有望な市場で成功するためには、綿密な計画、市場調査、コンプライアンスと人材育成への取り組みが鍵となります。アフリカへの進出にあたっては、その可能性が大きい一方で、多様性やリスク要因も大きいことを忘れないでください。

INSグローバルは、ワールドワイドな成長サービスのプロバイダーとして、世界100カ国以上で多くの企業の円滑な設立を支援してきました。弊社のサービスは、外部との接続に最適なオプションです。 アフリカ全域の戦略的拠点にも及んでいます。また、費用対効果の高い合理化プランにより、お客様のビジネス特有のご要望にもお応えし、アフリカ進出に最適なソリューションを提供します。

アフリカにおけるEOR、PEO、雇用・採用アウトソーシング、給与管理など、さまざまなサービスを提供しています。弊社のサービスは、御社のグローバル・システムと弊社のデジタル・プラットフォームを統合し、24時間365日のサービスを提供します。その結果、単一の窓口で必要なサポートをすべて受けることができます。

アフリカへの進出を迅速、簡単、かつ大胆不敵に行うための詳細については、弊社のコンサルタントにご相談ください。

よくあるご質問

アフリカにおけるEORサービスとは何ですか?

EORとはEmployer of Recordの略です。つまり、アフリカに法人を設立することなく、アフリカで従業員を雇用することができるサービスです。アフリカ進出の際、EORサービスプロバイダーは貴社の労働者の法的雇用主となり、給与計算、福利厚生、現地の労働法の遵守を行います。

2023年にアフリカ進出を検討する理由

アフリカには、成長するさまざまな消費市場、豊富な天然資源、経済成長の可能性があります。テクノロジーから農業まで、さまざまな産業で多様なビジネスチャンスがある地域です。

外資系企業がアフリカに進出する際の主な課題とは?

よくある問題は以下の通り:

・複雑な地域システムを理解する

・文化の違いを理解する

・現地の法律に準拠した給与・福利厚生システムの構築

・現地の優秀な人材の採用

EORサービスはアフリカ進出をどのように簡素化しますか?

EORサービスは、給与計算や税金から現地の労働法の遵守に至るまで、アフリカ進出における雇用関連業務をすべて代行します。これにより、企業は中核業務に集中することができ、市場参入を簡素化・迅速化することができます。その間、EORが人事や管理業務を行います。

アフリカでEORを使って従業員を雇用するには法人設立が必要ですか?

いいえ、EORの専門知識と現地ストラクチャーがあれば、法人を設立しなくてもアフリカで従業員を雇用することができます。そのため、アフリカでの事業展開にかかる複雑で長いプロセスを省くことができます。

特にアフリカへの事業展開にEORを利用するメリットは何ですか?

迅速な市場参入、法的リスクの軽減、現地の専門知識へのアクセスなどの利点があります。また、必要に応じて従業員の増減を簡単に行うことができます。アフリカへの進出を検討する際には、現従業員や現地採用候補者のために強固な人事システムを構築することが不可欠です。これは主に、アフリカで利用可能なインフラや法制度の性質によるものです。

EORはアフリカでの給与・福利厚生管理をどのように簡素化しますか?

EORサービスは、給与、税金、社会保険料の計算と処理など、給与計算のあらゆる面を扱います。また、従業員の福利厚生も管理し、現地の要件に合うようにします。

アフリカへの事業進出を検討する場合、EORサービスは長期的に費用対効果がありますか?

EORサービスは有料ですが、外国で法人を設立・維持するのに必要な費用や時間に比べれば、費用対効果は高いと言えます。アフリカでゼロから始めなければならない企業にとってはなおさらです。

アフリカ進出のコストは?

アフリカへの事業展開にかかる費用は、立地、産業、規模など様々な要因によって大きく異なります。主な費用は以下の通りです:

・市場調査

・法規制の遵守

・利用可能なインフラ

・現地スタッフまたは外国人スタッフの雇用とトレーニング

・ロジスティクスの利用可能性

・マーケティングの種類

・使用通貨

・現地の政治・経済変動

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF