%件名%

オランダのプロ向け 30% ルールの概要

オランダのプロ向け 30% ルールの概要

5月 17, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

オランダの 30% 規則は、オランダにおける外国人従業員の課税所得を合理化し、引き下げる方法です。
  • これは、専門家をこの国に誘致する方法として設計されました
  • この判決は従業員にのみ影響し、自営業者には影響しません
  • まとめ

    オランダの 30% 裁定は、2019 年 1 月以降、オランダで働く海外駐在員を誘致するためにオランダが提供した税制上の優遇措置です。この減税により、従業員は総給与の 30% を非課税で受け取ることができ、税負担が軽減されます。

    30% 裁定の能力基準

    オランダの 30% 規則の対象となるには、従業員と雇用主の両方が特定の要件を満たす必要があります。

    従業員の要件

    オランダ国外からの採用: オランダで働くために、従業員を他国から採用する必要があります。

    特定の専門知識: 従業員は、オランダの労働市場では不足しているスキルまたは知識を持っている必要があります。

    最低給与: 従業員は少なくとも 38,961 ユーロ (30% の非課税を除く) または 55,658 ユーロ (30% の非課税を含む) を稼いでいなければなりません。

    雇用主の要件

    オランダで登録されている: 雇用主はオランダの税務当局に登録されていなければなりません。

    給与税の源泉徴収義務者: 雇用主は、オランダにおいて給与税の源泉徴収義務者である必要があります。

    オランダの 30% 裁定と控除対象経費

    雇用主の要件

    雇用主は、30% の裁定に関連する特定の費用を課税所得から控除することもできます。 これらの非課税費用には、雇用主の国民保険料、旅費、固定資産税や労災補償など従業員のオランダ滞在に関連するその他の費用が含まれます。

    雇用主は、従業員の仕事関連経費として給与の最大 30% の税額控除を請求することもできます。 これらの費用には、食事、宿泊費、および従業員の仕事に関連するその他の費用が含まれます。

    雇用主はまた、法律で要求されている有効な労働許可証およびその他の書類を従業員に提供する必要があります。

    30% の裁定の主な利点

    オランダの 30% 判決は、対象となる従業員とその家族にいくつかの利点をもたらします。

    課税所得の軽減: 従業員の総給与の 30% が非課税となり、課税所得が減少します。

    部分的非居住ステータス: 従業員は部分的非居住ステータスを選択でき、これにより国際的にオランダの税金の支払いが免除される場合があります。

    学費の非課税払い戻し: 対象となる従業員の子供のインターナショナルスクール料金は、非課税で払い戻されます。

    簡易運転免許証: 資格のある従業員は、外国の運転免許証をオランダの運転免許証に交換できます。

    30% 裁定の申請プロセス

    オランダの 30% 裁定を申請するには、従業員と雇用主は次の手順に従和なければいけません。

    共同で申請書に記入: 従業員と雇用主は、オランダの税務当局が提供する申請書に記入する必要があります。 このフォームはオランダ語と英語の両方で利用できます。

    必要な書類を添付:これには、従業員のパスポートのコピー、雇用契約書、オランダ国外に以前居住していたことを証明する書類が含まれます。

    申請書の送付: 従業員の入社日から少なくとも 4 か月以内に、すべての書類をオランダ税務当局に送付する必要があります。

    ここに、あなたが資格があるかどうかを調べるためのオランダ語電卓への便利なリンクがあります。

    30% 裁定の期間と延長

    オランダの 30% 判決は最長 5 年間有効です。 ただし、実際の期間は従業員の状況によって異なり、特定の状況下では短くなる可能性があります。

    30% 裁定の期間は、駐在員の状況によって異なります。 従業員が入社前に少なくとも 18 か月間国外に居住していた場合、5 年間給付金を受け取ることができます。 従業員がオランダに 8 年以上住んでいる場合、30% の裁定は認められません。

    雇用の変更: 従業員は 3 か月以内に新しい雇用主を見つけ、裁定を再申請しなければなりません。 そうしない場合、30% の裁定は終了します。

    従業員が引き続き能力基準を満たしている場合、30% 裁定の延長は可能です。 延長の資格を得るためには、駐在員は前年に少なくとも 38,961 ユーロの課税対象給与を稼いでいなければなりません。 さらに、駐在員の雇用主は、現在の期間が終了する少なくとも 3 か月前に新しい申請書を送付する必要があります。

    内容によっては変更される可能性があり、能力基準は将来変更される可能性があることに注意することが重要です。 したがって、30% 裁定に関する具体的な情報とガイダンスについては、税理士に相談することをお勧めします。

    税金と財政パートナーへの影響

    オランダの30%判決は、従業員の税金だけでなく、会計パートナーの税金にも影響を与えます。 考慮すべき重要な点は次のとおりです。

    共同所得税申告書: 30% の裁定は、共同所得税申告書を提出する場合に影響を与える可能性があります。

    ボックス 3 の資産: 従業員の部分的非居住ステータスにより、両方のオランダ税の国際支払いが免除されます。

    30% 裁定の変更と終了

    いくつかの要因により、オランダの 30% 裁定が終了または調整される可能性があります。

    給与の変更: 従業員の給与が最低給与基準を下回った場合、30% の規定は適用されなくなります。

    雇用の変更: 従業員が転職し、再度申請しなかった場合、30% の裁定は打ち切られる可能性があります。

    裁定の有効期限: 30% 裁定は、最長期間 (5 年間) が経過すると自動的に終了します。

    法人がなくても、INS グローバル雇用代行業者で、雇用

    INS グローバルは、国際的な人材の雇用プロセスを簡素化する習熟作業者派遣組織(PEO) です。 これにより、オランダに法人を設立する必要がなくなります。 INS グローバルと提携することで、企業はオランダの 30% 規制を活用し、高度なスキルを持つ外国人をシームレスに採用することができるようになります。

    INSグローバルと提携するメリット

    現地規制の遵守: INSグローバルは、御社と従業員が州税や地方税を含むオランダの労働法および規制を遵守していることを保証していきます。

    給与管理: INS グローバルは、給与管理、従業員福利厚生、税控除の合理化ソリューションを提供する習熟作業者派遣組織(PEO) です。 これらすべてにより、あなたはビジネス運営に集中できるようになります。

    効率的な採用プロセス: 採用プロセスを合理化し、国際的な人材の採用にかかる時間とリソースを節約することもできます。

    ビザと労働許可証のサポート: INS グローバルは、外国人従業員の必要書類の取得を支援し、転勤プロセスを簡素化していきます。

    人事サポート: INSグローバルは継続的な人事サポートとサービスを提供し、前向きな職場環境と従業員の満足度を保証します。

    オランダの30%判決に関するよくある質問

    Q: 自営業者は 30% の裁定から恩恵を受けることができますか?

    いいえ、オランダの 30% の裁定は従業員とその雇用主にのみ適用されます。 自営業者はこの税制優遇を受けることができません。

    Q: 30% 裁定期間中に部分的非居住ステータスを変更できますか?

    はい、30% の裁定期間中は部分的非居住ステータスを変更できます。 ただし、この変更についてはオランダの税務当局に通知する必要があります。

    Q: 最低給与基準はどのように決定されますか?

    オランダの税務当局は、インフレやその他の経済的要因に基づいて最低給与基準を毎年調整します。 30% の裁定に対する自分の能力を評価するときは、常に最新の基準値を参照する必要があります。

    Q: 事後的に 30% の裁定を申請する可能性はありますか?

    はい、オランダでの開始日から 4 か月以内であれば 30% の裁定を申請できます。 あなたの申請が承認された場合、その決定は雇用契約の開始日から適用されます。

    今すぐお問い合わせください

    今すぐお問い合わせください