タイトル

カナダの労働法 2024年コンプライアンスへの手引き

カナダの労働法 2024年コンプライアンスへの手引き

6月 17, 2024

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. カナダの労働法は、従業員を保護し、公正な労働条件を確保するという原則に従って制定されています
  2. ただし、連邦レベルで制定された法律に加えて、カナダの各州および準州には、それぞれのケースに適用される独自の労働法があります
  3. 雇用主レコード (EOR) と提携することで、雇用契約が、進化するすべての関連するカナダの労働法に準拠し続けることが保証されます
まとめ

国際的な事業展開を目指す企業にとって、複雑な労働法を理解することは不可欠であり、カナダも例外ではありません。カナダの労働法は複雑で、雇用者の公正な待遇を確保しながら労働者の権利を保護することを目的とした様々な連邦および州の規制が存在します。

事業拡大の成功は、高額な罰金や問題のある遅延を回避するためのコンプライアンス保証にかかっています。そのため、急成長中の新興企業であれ既存企業であれ、これらの規制を理解することは、コンプライアンスを維持し、良好な職場環境を醸成する上で極めて重要です。

このガイドでは、カナダの労働法、特に外国人雇用主に適用される可能性のある労働法の主要な点について包括的な概要を説明します。また、INSグローバルのようなEORと提携することで、現地のコンプライアンス・プロセスを簡素化し、カナダ市場への進出を円滑かつ効率的に進めることができるという概念についてもご紹介します。

カナダにおける雇用契約

雇用契約は、雇用者と被雇用者の関係の基礎となるものです。カナダでは、雇用契約は書面でも口頭でも可能ですが、潜在的な紛争を避けるためにも、きちんとした書面を作成することを強くお勧めします。

カナダにおける雇用契約の主な要素

職務内容(Job Description) – 従業員の職務と責任を明確に説明した簡単な説明や詳細のリスト。

報酬 – 手当やボーナスを含む、予想される給与や賃金の明細。

労働時間 – 予想される労働時間の定義と、すべての法定または追加残業条件。

試用期間 – 予想される試用期間の詳細(期間、制限、および無事終了するための条件など)。

契約解除条項 – 当事者のいずれかが契約を解除できる条件、争議手続き、退職金または解雇手当に関するすべての規定および詳細を明確に記載。

また、労働協約(Collective Bargaining Agreements:CBA)など、その他の関連文書の詳細を記載するのも良い方法です。カナダの労働者の約30%は、その部門や職種にもよりますが、CBAの対象となっています。

カナダ労働法における契約の法的要件

カナダにおける雇用契約は、各州または準州の雇用基準法(ESA)に準拠する必要があります。これらの雇用法基準は、通常、賃金、労働時間、時間外労働、解雇通知に関する最低条件を定めています。

さらに、契約は、人種、性別、年齢、宗教、または障害に基づく差別を禁止するカナダの法律に統合されている人権法を遵守する必要があります。

労働時間と残業

労働時間と時間外労働の規制を理解することは、コンプライアンスを維持し、従業員の公正な待遇を確保する上で極めて重要です:

標準労働時間

ほとんどの州で、標準的な労働時間は月曜から金曜まで毎日8時間、週40時間です。週40~44時間(州によって異なる)を超える労働は、一般的に時間外労働とみなされ、それに応じて報酬を支払わなければなりません。

残業手当

残業手当は一般的に通常の時給の1.5倍で計算されます。ただし、具体的な規定は州や業界によって異なる場合があります(CBAの有無による)。

例外と特別規定

管理職やホワイトカラーの専門職など、特定の職業や従業員は、他の多くの国と同様に、標準的な時間外労働の規制から除外される場合があります。また、業界によっては、CBA(労働協約)に独自の残業規則が定められている場合もあります。

カナダの労働法に準拠した契約書を作成する際に、なぜEORをパートナーにするのか?

カナダのEORとは、現地従業員の法的雇用主としての役割を代行する専門的な第三者サービスプロバイダーのことです。EORは、現地での契約締結や管理、給与計算や社会保険料の負担を代行することで、現地法人設立の手間をかけることなく、カナダの労働法に完全に準拠した雇用を実現します。

さらに、INSグローバルのようなEORと提携することで、カナダの雇用契約は関連するカナダの労働法すべてに準拠したものとなります。INSグローバルは、州によって異なる規制を常に把握し、御社の従業員の時間外労働が正しく補償されるようにします。

休職の種類 カナダ労働法における権利の理解

カナダの労働法では、従業員が仕事と私生活を両立できるよう、様々な休暇制度を設けています。

有給休暇と無給休暇

年次休暇 – 従業員は1年間の雇用を完了した後、最低2週間の有給休暇を取得する権利があります。州によっては勤続年数が長いほど多くなる。

病気休暇 – ほとんどの州では、年に一定日数の無給の病気休暇を義務付けていますが、その日数は3日から26週間までと幅があります。連邦政府によって規制されている従業員は、最低でも年間3日の有給病欠日を取得する権利があります。

出産休暇と育児休暇 – 妊婦は最長17週間の出産休暇を取得でき、その後両親で最長63週間の育児休暇を共有できます。

家族的責任休暇 – 従業員は通常、家族の緊急事態や責任に対応するために数日間の休暇を取ることができる。これは通常無給であるが、雇用が保護されており、通常は雇用主との交渉が必要となります。

特別休暇規定

州によっては、さらに休暇を取得できるところもあります。例えば、ケベック州では、冠婚葬祭などの家族行事のために休暇を取得することができ、ブリティッシュ・コロンビア州では、ドメスティック・バイオレンスの被害者になった場合に休暇を取得することができます。

完全なコンプライアンスとは、資格の追跡から正確な給与調整まで、休暇管理のあらゆる面を処理することを指します。そのため、INSグローバルのようなEORと提携することで、すべての休暇資格が適切に管理され、連邦および州レベルの関連法規に準拠していることを保証することができます。

カナダにおける通知期間

通知期間はカナダの労働法において不可欠な要素であり、雇用関係を終了する際に雇用者と被雇用者の双方に公正かつ合理的な時間枠を提供します。

最低通知期間

通知期間は、雇用期間、職務レベル、州によって異なります。

例えば、オンタリオ州とアルバータ州では、通知期間の要件は、勤続年数1年につき1週間、最大8週間です。

解雇予告手当

カナダの雇用主は、追加の契約合意やCBAの要件に従い、通常解雇通告に代わる給与の支給を選択することができます。

カナダにおける解雇

雇用の終了はデリケートな問題であり、法的な複雑さを避けるために慎重に取り扱わなければなりません。

正当な理由による解雇

カナダにおける正当な理由による解雇とは、従業員が窃盗、不正行為、深刻な業績問題などの重大な違法行為により解雇される場合を指します。

このような場合、雇用主は解雇通知、解雇通知に代わる賃金、退職金を支払う必要はありません。

理由なき解雇

理由なき解雇はより一般的なもので、不祥事とは関係のない理由で雇用関係を終了させるものです。これは事前の交渉の有無に関わらず、どちらの当事者でも行うことができます。

ただし、雇用主が理由なく従業員との契約を終了させる場合、雇用主は解雇通知または解雇通知に代わる給与、場合によっては退職金を支払わなければなりません。

理由なき解雇に対する退職金

雇用主が理由なく従業員を解雇する場合、解雇予告手当または解雇予告手当の代わりとなる給与、場合によってはさらに退職金を支払わなければなりません。しかし、カナダで必要とされる退職金の額は、従業員の勤続年数や契約条件などの要因によって異なります。

一般的に、カナダにおける退職金は、従業員の標準賃金の5~40日分に相当します。これは、連邦レベルで5日プラス雇用の年に2日追加として計算されます。

みなし解雇

カナダでは、雇用主が一方的に雇用条件を大幅に変更した場合、例えば給与の大幅な減額を強要したり、従業員を降格させたりして退職に追い込んだ場合、みなし解雇が成立します。

これは解雇として扱われ、従業員は解雇予告手当や退職金を受け取る権利がある場合もあれば、裁判でその変更を争うことができる場合もあります。

不当解雇

カナダにおける不当解雇のクレームは、従業員が適切な通知や退職金なしに解雇されたと考える場合に発生します。このような不当解雇は、高額な法的紛争に発展する可能性があり、また雇用主の過失が判明した場合には多額の罰金が科されるため、正しい手続きに従うことが不可欠となります。

INSグローバルのようなEORと提携することで、カナダにおける解雇や解雇手続きに伴うリスクを軽減することができます。弊社の専門知識は、すべての解雇がカナダの労働法に従って処理されることを保証し、貴社のビジネスを潜在的な法的問題から保護します。

カナダでの事業体設立

カナダで事業体を設立するには、いくつかの法的・行政的手続きが必要です。このプロセスは複雑ですが、カナダ国内で従業員を直接雇用し、事業を展開しようとする企業にとっては不可欠なものです。

カナダで利用可能な会社の種類

個人事業主

個人事業は、カナダで最もシンプルで一般的な事業体です。それはビジネスを完全に制御を持っている一個人によって所有され、運営されています。

個人事業の主な利点は、設立の容易さ、低スタートアップコスト、および所有者が独立してすべてのビジネス上の意思決定を行うことができます。しかし、この場合の大きな問題点は、オーナーが無制限の責任を負うこと、つまり個人資産を事業上の債務や負債の補填に充てることができることです。

パートナーシップ

カナダのパートナーシップは、二人以上の個人または事業体が共同で事業を行います。パートナーシップは、一般または有限のいずれかに分類することができます。

カナダでのパートナーシップの利点は、リソースや専門知識を共有し、比較的簡単な設立プロセスです。しかし、ジェネラルパートナーは無限責任というデメリットに直面し、パートナー間の対立の可能性もあります。

株式会社

カナダ法人は、株主によって所有される独立した法人として扱われます。それは、選択した管轄区域に応じて、いずれかの連邦または州法に組み込むことができます。

会社の主な利点は、株主の有限責任、資本調達のための容易なプロセス、および永続的な存在、所有者が変更された場合でも、会社が存在し続けることを意味します。しかし、設立手続きが複雑でコストがかかり、より多くの規制要件を満たし、継続的にコンプライアンスを遵守する必要があります。

協同組合

協同組合は、組合員によって所有・運営され、組合員が利益と意思決定を共有するカナダの事業形態です。通常、組合員の共通のニーズを満たすために設立されます。

協同組合の利点は、民主的な意思決定と組合員間の利益配分です。しかし、協同組合はしばしば、外部からの投資を呼び込む能力が限られていることや、民主的な組織の性質上、意思決定プロセスが遅くなる可能性があるなどの課題に直面します。

課題と考慮事項

カナダでの事業体設立は、特にカナダ市場やカナダの労働法に不慣れな企業にとっては、時間とリソースを要する場合があります。さらに、現地の法律や規制への継続的なコンプライアンスを管理することは困難であり、コンプライアンスを確保するためだけに余分なチームメンバーが必要になる場合もあります。

そこで、INSグローバルのようなEORとの提携が有効です。EORは、雇用から給与計算、コンプライアンス、解雇に至るまで、雇用のあらゆる面を扱うことができます。

このような自由と小規模な事業拠点により、カナダの労働法の遵守を確保しながら、中核となる事業活動に集中することができます。

まとめ – カナダ進出にINSグローバルを選ぶ理由

カナダのような新規市場への進出は、計り知れない機会を提供する一方で、特に複雑なカナダの労働法を理解する上で大きな課題ももたらします。法的紛争を回避し、良好な労働環境を維持するためには、これらの法律を確実に遵守することが極めて重要です。

INSグローバルは、カナダへの進出を簡素化する包括的なEORサービスを提供しています。INSグローバルとの提携により、以下のメリットが得られます:

専門知識とコンプライアンスの保証 – 当社の専門家チームは、カナダの労働法および規制の最新の変更点を常に把握し、御社のビジネスがコンプライアンスを遵守していることを保証します。

合理化されたプロセス – 採用から給与計算、福利厚生の管理、解雇に至るまで、雇用のあらゆる面を処理し、時間とリソースを節約します。

費用対効果の高いソリューション – カナダでの法人設立にかかるコストや複雑さを回避できます。当社のEORサービスは費用対効果の高い代替案を提供し、お客様はコアビジネスに専念できます。

リスクの軽減 – 専門的なサポートとガイダンスにより、法的紛争やコンプライアンス問題のリスクを軽減します。

カナダでのEORパートナーとしてINSグローバルをお選びいただければ、自信を持ってカナダ市場に進出することができます。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF