タイトル

2024年のドイツの最低賃金を探る: マスターガイド

2024年のドイツの最低賃金を探る: マスターガイド

1月 8, 2024

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

    <li ドイツでは、2015年から最低賃金基準が連邦レベルで定められています。
  1. ドイツの現在の最低賃金は2024年1月1日に最終調整されました
  2. 。 <li ドイツの最低賃金は全国で適用されるが、労働者の賃金が異なる場合もあります。 </ol
まとめ

新市場への参入を成功させ、長期的な戦略を持続させるためには、給与水準に関する包括的な理解が不可欠です。ドイツの最低賃金に関するルールを理解することは、他の市場と同様、この市場に参入する際の鍵となります。一見単純に見えるこの要素が、仕事の成果、長期的な従業員の定着率、従業員全体の満足度に影響を与える可能性があります。

ドイツはコンプライアンス・エラーに真剣に取り組んでおり、賃金の窃盗や従業員の福利厚生回避が疑われる企業の調査方法を改善するための措置を講じています。2023年には内部告発法を導入し、一定の基準を超えるすべての企業に対し、苦情や犯罪行為に関する社内プロセスの改善を求めています。最低賃金の正確な遵守を含め、従業員に最低限の労働者利益を提供しない場合、厳しい罰則が科される可能性があります。

ドイツにおける最低賃金の機能

ドイツでは2015年から最低賃金基準が連邦レベルで定められています。これは当初、それまで産業別に定められていた賃金制度を統一するために考案されました。

ドイツの現在の最低賃金は、いくつかの基本的な例外を除き、 国内のすべての雇用に影響します。また、ドイツ国民と外国人労働者の両方に適用されます。

ドイツの最低賃金の決定

現地の生活費、経済状況、その他の関連する考慮事項などの要因に基づいて、ドイツの最低賃金は価値の継続を保証するために定期的に調整されます。

ただし、最低賃金を評価しなければならない期間は定められていません。現在のドイツの最低賃金は、2022年10月に引き上げられた後、2024年1月1日に最後に調整されました。

ドイツの最低賃金は2025年にも再び引き上げられる予定です。

2023年と2024年のドイツの最低賃金

2024年現在、ドイツの最低賃金は時給12.41ユーロである。これは事実上、月額最低2,151ユーロ(週40時間労働ベース)を意味します。

ドイツの最低賃金の例外と調整

ドイツの最低賃金は全国で適用されますが、労働者に異なる賃金を支払うことができる状況があります。以下はその例です。:

インターンおよび研修生– インターンおよび研修生が教育プログラムの一部である場合、または職業訓練のために必要な場合は、最低賃金の要件が免除される場合があります。

徒弟制度-徒弟制度の一環として従事する個人には、異なる賃金取り決めがあるかもしれません。

長期失業者-長期失業者または長期失業者向けの規定もあります。このような代替規定は、就労開始後 6 カ月ほど続くことがあり、そこでは助成金付き雇用プロ グラムや特定の取り組みにより、異なる賃金体系が提供されることがあります。

特定の部門– 特定の産業における団体協約は、法定最低賃金とは異なる、(一般に高い)最低賃金を要求する場合があります。しかし、これらの協約は多くの場合、法定最低賃金と同等かそれ以上の最低賃金を定めています。

自営業者– 自営業者、独立請負業者、フリーランサーは、一般的に最低賃金法の対象外です。業務協約が彼らの仕事をカバーしているため、彼らは自分自身で報酬を交渉します。

さらに、最低賃金をめぐる法律には該当ませんが、労働組合員に対する保証ボーナスが一般的に存在するため、別途考慮する必要があります。

ドイツの特殊勤務時間中の最低賃金

時間外労働

ドイツの労働法では明確に定義されていませんが、時間外労働は通常、標準的な1日8時間以外の労働時間とみなされる。必要な場合、時間外労働は通常、通常の給与の1.5倍の率で補償されます。

それ以外の場合、時間外手当の率は労働協議会または労働協約によって決定されることがあります。

夜間労働時間

夜間(午後11時から午前6時まで)に勤務する個人は、ドイツの労働法に基づき、不特定の「公正割増賃金」または代休を追加で取得できます。

休息日と祝日

週末に勤務する従業員には公正な報酬(雇用主の裁量で割増率が設定される場合もある)が与えられる一方で、祝日に勤務した場合に割増賃金を支給する法的義務はありません。その代わり、雇用主は別の日に休息日を保証しなければなりません。

INSグローバルでドイツにおけるコンプライアンスの徹底を

最近、ドイツでは、国内外の企業が不適切な職場慣行によって多額の罰金や罰則に直面しているという話がよく聞かれます。法的な状況を知ることは、解決策の一部に過ぎません。INSグローバルは、ドイツにおける業界水準とベンチマークを理解するために必要な一貫したサポートを提供しています。

.INSグローバルは、人事業務を管理し、雇用法を遵守するための専門知識をグローバルに提供することで、ドイツ市場へのスムーズな参入をお手伝いします。採用、給与計算、コンプライアンス、人事合理化などのサービスは、ドイツ現地のEORが専門的に提供し特定のビジネスニーズに合わせたソリューションを提供します。

ドイツ市場へのスムーズな参入に関する詳細は、グローバル展開アドバイザーまでお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF