%件名%

2023 年ドイツで退職金を適切に対処する方法

2023 年ドイツで退職金を適切に対処する方法

5月 19, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 雇用主は従業員を解雇するには正当な理由と書面による通知を提出しなければなりません
  2. 通知期間は年功に応じて 14 日から 7 か月の範囲です
  3. ドイツの退職金は、勤続年ごとに半月分の賃金で計算されます
まとめ

ドイツでは従業員の解雇と退職金の手配に関して特別な規制が設けられており、これに従わない場合、企業は高額な料金や罰金を支払わなければならないことがあります。 これらの事項に誤りがあると、御社の仕事の拡張が遅れたり、長期的な影響を受ける可能性が出てきます。 安全を確保できるよう、ドイツにおける従業員の解雇と退職金に関して考慮する重要なポイントをまとめました。

ドイツにおける従業員解雇の基本

新しい国で事業を開始するプロセスの 1 つは、契約終了と通知期間に関する法制度に慣れることです。

従業員を解雇したり解雇させたりするのは決して簡単なことではありませんが、解雇が現地の労働法に従ってスムーズに処理されるようにすることは、コストのかかる間違い(ドイツでの退職金支給時など)の可能性を減らすだけでなく、会社の評判や、業績にもプラスに反映します。

ドイツでの契約の終了は、双方の合意によるか、いずれかの当事者の個別の決定によるかのいずれかです。

不法解雇を防止するドイツの法律は、Kündigungsschutzgesetz (KSchG) と呼ばれています。 正社員が 5 人以上いる会社で 6 か月以上働いた従業員はこの法律で保護されており、理由なく解雇することはできません。

作戦上の解雇

これは通常、規模縮小、リストラ、またはその他の理由によりそのポジションが不要になる場合に当てはまります。 雇用主は従業員を解雇する理由を明確に述べ、社会的配慮も行う必要があります。 これは、解雇によって従業員が社会的に不利益を被る可能性が最も低い方法で従業員を解雇することを意味しています。 また、ドイツで退職金をいつ手配するか、または手配する必要があるかどうかに関する潜在的な誤解を解くのにも役立ちます。

人的解雇

このタイプの解雇は通常、従業員が仕事を正しく遂行するために必要なスキルを発揮していないこと、会社財産の悪用などの契約違反、または従業員が職務を遂行できなくなったことが原因です。

いかなる状況においても、解雇の立証責任は雇用主とその人事チームにあります。 従業員を解雇するための書面による説明がなければ、雇用主は不当解雇で労働裁判所に訴えられる可能性があります。

ドイツの通知期間

従業員の会社での勤続年数によって通知期間が決まります。 ただし、次の 2 つの状況では、予告なしに契約が終了することがあります。

・試用期間中、一方の当事者が相手方に通知するだけで契約を終了できる場合

・従業員が極度の不正行為や社内規定に違反した場合。 雇用主が予告なしに解雇するには、その証拠を提出する必要があります。

他の種類の終了の場合は、次のように通知期間が必要です。

・勤続2年未満の社員:14日

・勤続2~4年の従業員:30日

・勤続5~7年の従業員:60日

・勤続8~9年以上の従業員:90日

通知期間は勤続年数が増えるにつれて延長され、勤続20年以上の場合は最大7か月となります。

通知期間について異なる詳細を定めた既存の団体交渉協定 (CBA) がある場合、従業員の解雇は CBA のガイドラインに従う必要があります。

ドイツでは、通告期間、解雇に関する詳細、および退職金の具体的な額は、常に雇用契約書に明確に記載される必要があります。

ドイツにおける退職金の計算

業務上の理由により解雇された従業員は、退職金を受け取る権利があります。 従業員が個人的な理由で解雇された場合、CBA または雇用主との特定の協定により退職金を受け取ることができますが、国内労働法では義務付けられていません。

ドイツの標準退職金は、勤続年数ごとに 1 か月分の賃金の 50% です。 これにより、50 歳未満の従業員の給与は最大 12 か月分に増額されます。

50 歳以上で勤続 15 年の従業員の場合、最高額は 15 か月分の給与の 50% に上がります。

55 歳以上で勤続 20 年の従業員は、18 か月分の給与の最大 50% を補償として受け取ることができます。

不当に解雇されたと考える従業員は、解雇後 3 週間以内に裁判所で決定に対して控訴することができます。

ドイツでは、従業員の解雇が不当であると判明した場合、裁判所は雇用主に賃金の返還、従業員の復職、追加の補償金や退職金の支払いを命じることができる。

ただし、解雇に十分な理由がある場合、従業員は補償を受けられない可能性があるため、従業員は控訴を提出する前に法的アドバイスを求めることが重要です。

ドイツでは何が不当解雇に該当しますか?

裁判所が解雇を不当と判断する理由はいくつかあります。 これらには次のようなものがあります。

-その従業員は社内で別の役職に就くことができたかもしれない

・年功序列、年齢、障害などの社会的配慮が考慮されていない。

-従業員のパフォーマンスを修正または改善する試みは行われなかった。

裁判所が解雇が不当であると判断した場合、ドイツでは雇用主は退職金を支払わなければなりません。 これは勤続年数に応じて計算する必要があります。 また復職が義務付けられる場合もあります。

INS グローバルの PEO (習熟作業者派遣組織) および EOR (雇用代行業者) サービスを使って、ドイツの従業員と退職金をスムーズに管理

現地の労働法や雇用法を遵守することは、特に不慣れな手順を伴う新規市場では骨の折れる作業となる場合があります。 INS グローバルのような現地組織を備えた現地パートナーとカウンセラーの専門法務チームを常に常駐させることで、不必要なリスクを排除し、すべての従業員の安全性を高めることができます。

INSグローバルの 雇用代行業者は、採用および入社教育から給与処理、従業員福利厚生、税金、退職手続きに至るまで、法的な雇用主として人事サービスのあらゆる面を担当します。また 弊社の専門知識により、完全な法的コンプライアンスを維持しながらチームを拡大または縮小することができます。

ドイツの退職金に関する現地法は、同国での仕事の取り組みを大きく妨げる可能性があるため、可能な限り問題を避けるようにしてください。

新規市場への参入は、障害や煩雑な手続きによって遅れる必要はありません。 弊社の 雇用代行業者(EOR) サービスを使えば、わずか数日以内にスムーズに設立、開始して稼働させることができます。 適切なサポートがあれば、すべての従業員が給与を正確かつ期限どおりに受け取ることができます。

世界 100 か国以上で習熟作業者派遣組織 (PEO) が利用できるサービスを提供している INS グローバル は、御社の世界展開パートナーとなる独自の体制を整えています。

グローバル展開計画を今すぐ始めたい場合は、こちらからお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF