タイトル

2024年、ドイツ企業でリモートワークする方法

2024年、ドイツ企業でリモートワークする方法

5月 30, 2024

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 多くのドイツ企業は、多様なスキルと専門知識をフルに得るために、世界中から人材を雇用することに前向きであり、これを安全かつコンプライアンスに準拠した方法で行うことができます
  2. ドイツ企業でリモートワークする最善の方法は、EORサービスを利用することです。EORは、企業に代わって雇用の法的・管理的な面を取り扱う人事アウトソーシングオプションです/li>
  3. ドイツ企業でリモート勤務を希望する従業員にとって、EOR は管理および法的問題を心配することなく成長戦略に集中する方法を提供します
まとめ

デジタル革命は私たちの働き方を一変させ、母国にいながらにして世界中の企業で働くことを可能にしました。この変化は、ドイツを含むさまざまな国の企業で働く人材に新たなチャンスをもたらしています。ドイツの企業でリモートワークする最善の方法を考えるなら、ロジスティクス、法的手続き、潜在的な課題を理解することが重要です。

先進的なコミュニケーションツール、コラボレーションソフトウェア、柔軟な勤務形態により、リモートワークは世界中の多くの人にとって完璧な選択肢となっています。そこで、ドイツ企業でリモートワークをしたいと考えている方にも、グローバル採用を考えているドイツ企業ですでに働いている方にも、この記事ではリモートワークの内と外についてご案内します。

海外からドイツ企業でリモートワークできますか?

 

簡単に言えば、世界中のどこからでもドイツ企業でリモートワークすることができます。多くのドイツ企業は、多様なスキルや専門知識をフルに活用するため、グローバルに人材を雇用することに前向きであり、安全でコンプライアンスに準拠した方法があります。

しかし、特定の法的条件、租税協定、ドイツ労働法など、これを行う前に考えるべき要素がいくつかあります。

まず、ドイツの企業でリモートワークをするということは、自国とドイツの雇用法の両方を遵守する必要があるということです。つまり、あなたが居住国でもドイツでも労働者として適切に区分されていることを確かめる必要があります。これは、労働者としてのあなたの権利と税務上の必要性を明確にするためであり、ドイツの会社を保護するためでもあります。

従来、海外で労働者を雇用する場合、企業は雇用したい国に新たな法人を設立する必要がありました。この選択肢は今でも可能ですが、費用と時間がかかります。その代わりに、他の選択肢を使えば、企業は迅速に成長し、コンプライアンスを守って雇用することができます。

ドイツの雇用主にとって一般的な方法のひとつは、あなたを独立した契約社員として雇用することでしょう。この場合、法的な面はある程度簡素化されますが、税金や福利厚生を独自に管理する必要があります。

あるいは、EORサービスを利用して、ドイツ企業のためにリモートで働くこともできます。これは人事アウトソーシングのオプションで、ドイツ企業に代わって雇用の法的・管理的な面を取り扱い、両国の現地法の遵守を保証します。

EORサービスの仕組み

EORとは、他社に代わって労働者の正式な雇用主となる第三者機関のことです。EORは、給与、税金、福利厚生、現地の労働法の遵守など、雇用に関わるすべての業務を代行します。

この仕組みにより、企業は従業員の居住国に法人を設立する手間をかけることなく、海外の従業員を雇用することができます。

ドイツ企業が海外雇用を行う場合、INSグローバルのようなEORサービス・プロバイダーが雇用契約、従業員の受け入れ、給与計算、源泉徴収、社会保険料、その他の法的要件を管理します。

ドイツ企業でのリモートワークを希望する従業員にとって、EORはスムーズな環境を提供し、従業員は管理や法的な問題を心配することなく仕事に集中することができます。

EORを利用してリモートワークができますか?

はい、EORを通じて企業のためにリモートで働くことは、今日では一般的なやり方であり、多くのグローバルなEORサービス・プロバイダーがドイツ企業を支援するために設立されています。

リモートで働く従業員にとっては、EORプロバイダーがサービスを提供しているどの国でも、国際的な雇用問題を自分で解決することなく、ドイツ企業のためにリモートで働くことができるということです。

EORは質の高い専門スキル、知識、ツールを通じて安心感を提供し、雇用者と被雇用者の双方が仕事に集中できるようにします。グローバル人材候補の拡充を目指す企業にとって理想的なサービスです。

EORの費用は?

EORの利用料金は、提供されるサービスや雇用される労働者のタイプによって異なります。通常、EORサービス・プロバイダーは、従業員の給与のパーセンテージに基づいて料金を請求します。また、EORによっては、従業員1人当たり月額定額料金を請求する場合もあります。追加的な隠れた費用を避けるため、シンプルなサービス費用を前もって提示してくれるEORサービス・プロバイダーを探すのが常に最善です。

追加費用には、セットアップ費用、追加福利厚生、従業員の居住国におけるその他のコンプライアンス要件などが含まれる場合があります。

EORの利用にはコストがかかりますが、初期費用が高いだけでなく、新規雇用者のための機能を管理するために現地のコンプライアンス専門家を雇う必要があるため、外国で法人を設立するよりもはるかに安く、費用対効果が高いことがよくあります。

ドイツ企業で海外勤務する場合の制約はありますか?

ドイツ企業での海外勤務は多くの機会を提供する一方で、考慮すべき制限や課題もあります。従業員と雇用主の双方が、勤務国とドイツ双方の規則を理解し、遵守しなければならないため、法的安全性と税務コンプライアンスは現実的な懸念事項となり得ます。これには複雑な税務申告や、異なる二国間協定や租税条約の理解が必要になることもあります。

また、コミュニケーションや時差も課題となり得ます。ドイツ企業でリモートワークする場合、勤務時間の違いや文化の違いによるギャップを埋めるために、効果的なコミュニケーション戦略が必要になります。

ドイツ企業でリモートワークを選択するリスクとは?

ドイツ企業でリモートワークすることを選択した場合、いくつかのリスクが伴います。自国とドイツ両方の税務規則を理解するのは複雑で、遵守しないと罰金や法的問題に発展する可能性があります。一般的に、ドイツ企業でリモートワークする際には、両国の規則に精通した法律・税務の専門家を確保する必要があります。しかし、会社が他の国の従業員と同じように働く場合、このようなことはすぐに高くつく可能性があります。

国によって労働法が異なる場合があるため、雇用法の遵守もリスクとなります。例えば、ドイツにおける雇用形態の間違い(契約社員と従業員など)は、国によって定義が異なるため、小さなミスでも法的問題に発展し、双方に金銭的な罰則が科される可能性があります。

これに加えて、データ・セキュリティの確保とドイツの厳しいデータ保護法(GDPRなど)の遵守に関する懸念もあります。今日、進化する法的構造のおかげで、ドイツ企業でリモートワークすることを選択する場合、これらの懸念はかつてないほど重要になっています。

INS グローバルが提供するEORが企業のワールドワイドな活躍を支援する方法

INSグローバルのEORサービスは、ドイツまたは世界各国で人材を雇用しようとする企業に、総合的でカスタマイズされたソリューションを提供します。INSグローバルは、海外の従業員の法的雇用主としての役割を果たすことで、雇用に関連するすべての業務を取り扱い、世界160カ国以上における現地の法律や規則の遵守を保証します。

INSグローバルの包括的なサービスと専門アドバイザーは、国際的な従業員の雇用プロセスを簡素化し、企業は各国に法人を設立することなく、グローバルな労働力を展開することができます。

INSグローバルは、給与計算、税務コンプライアンス、社会保険料、福利厚生を管理し、雇用主の人事労務負担を軽減します。従業員にとっては、INSグローバルがスムーズで安全な雇用体験を提供するので、グローバル人材は日々の複雑な業務を心配することなく、戦略的に重要な業務に集中することができます。

INSグローバルとの提携と、ますます相互接続が進む世界へのアクセスの詳細については、グローバル展開のエキスパートチームに今すぐご相談ください。

よくある質問

スペインにいながらドイツ企業で働くことはできますか?

はい、スペインに住みながらドイツ企業でリモートワークすることができます。EU加盟国であるスペインは、他のEU加盟国の企業と働くための比較的簡単な規則を定めています。しかし、税金や社会保障に関して考えるべき重要な点はまだあります。これは主に、あなたが働いている会社がドイツにあるにもかかわらず、あなたがスペインで合法的な従業員として正しく認識されていることを確かめることから生まれます。

ドイツ企業のためにリモートで働く独立請負業者として雇用された場合も、スペインの税法を遵守し、VATの登録を行う必要があります。

ドイツに住みながら米国企業で働くことはできますか?

ドイツに住みながら米国企業で働くことも可能で、多くの米国人駐在員に人気のあるシナリオです。しかし、海外従業員に対する米国の複雑な要件があるため、この取り決めには慎重な検討が必要です。

ドイツに住みながら米国企業で働く場合、税法上の居住資格を決めなければなりません。ドイツは通常、居住者の全世界所得に課税するため、米国の所得をドイツの税務当局に報告しなければなりません。

同時に、米国も自国民の全世界所得に課税するため、二重課税の可能性が出てきます。しかし、ドイツと米国はこの問題を軽減するための租税条約を結んでおり、外国税額控除や免除によって二重課税を回避することができます。

ドイツのEORは、両国の税務コンプライアンス、給与計算、法的義務のプロセスを処理することで、このような状況において重要な役割を果たすことができます。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF