タイトル

ニューヨークでPEOを通して雇用: 2024年に急成長

ニューヨークでPEOを通して雇用: 2024年に急成長

5月 10, 2024

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. ニューヨークは、活気に満ちた経済、大規模で多様な人材プール、そして活気に満ちた世界的に有名な産業で知られています。
  2. PEO を利用すると、企業は近隣だけでなく、ニューヨーク州全体から優秀な人材にアクセスできるようになります
  3. 企業がコンプライアンスを維持するために対処しなければならないニューヨーク独自の労働法と規制は、世界最大手の企業であっても障害となる可能性があります
まとめ

新たな市場に事業を拡大する企業は、時として複雑な雇用法や雇用規制の管理という課題に直面します。そこで、ニューヨークの専門雇用主組織(PEO)が貴重な味方となります。しかし、PEOとは一体何なのでしょうか?

PEOの会社は、人事管理、給与計算、福利厚生管理、コンプライアンス支援など、包括的な人事ソリューションを企業に提供します。INSグローバルのようなグローバルなPEOサービス・プロバイダーと提携することで、ニューヨーク市場に参入しながら、人事関連業務の多くまたはすべてを委託し、その代わりにコア業務に集中することができます。

ニューヨークでPEOを通して人材を雇用する理由

ニューヨークは、活気ある経済、大規模で多様な人材プール、活気に満ちた世界的に有名な産業で知られています。ニューヨークのPEOを通じた雇用は、このエンパイア・ステートで企業が競争の激しい状況を切り抜け、成功するために役立つ多くの利点を提供します:

ニューヨークのPEOと提携する3つの主な利点

1. オフィスの近くだけでなく、人材がいる場所で雇用できる

PEOを利用することで、企業は身近な地域だけでなく、ニューヨーク州全域から優秀な人材にアクセスすることができます。ニューヨークのPEOは、給与計算や契約管理など、従業員に対する主要な人事機能の提供を担っているため、新たに現地法人を設立することなく、市場で雇用を確保することができます。

これにより、主要な労働者を異動させたり、より広範な人材プールを活用して、地理的な場所に関係なく、ニーズに最適な候補者を見つけることができます。

2. 人事プロセスの合理化

PEOは、給与計算や福利厚生の管理から従業員の入社手続きやコンプライアンス管理まで、業界レベルの専門知識とツールを備えたさまざまな人事機能を提供します。これらの業務をPEOにアウトソーシングすることで、効率的な日常業務の恩恵を受けながら、成長と戦略的目標に集中することができます。

3. コンプライアンスの専門知識と現地のスペシャリストによるサポート

コンプライアンスを維持するために企業が通過しなければならないニューヨーク独自の労働法や規制は、世界の大企業でさえもつまずきの原因となります。

現地の法律に精通したニューヨークのPEOと提携することで、コストのかかる罰則や法的問題を回避し、現地プロジェクトで最高のスタートを切ることができます。

ニューヨークで覚えておくべき主な労働法

ニューヨークの労働法は、労働者の権利を保護し、職場における公正な待遇を確保することを目的としています。覚えておくべき主な労働法には以下のものがあります:

ニューヨーク州人権法(NYSHRL)

この法律は、保護された特性(人種、肌の色、宗教、国籍、年齢、性別、性的指向、性自認、配偶者の有無、障害、遺伝的素質など)に基づく差別やハラスメントを禁止しています。この法律は、雇用、報酬、雇用条件、解雇など、雇用の開始から終了までのさまざまな側面を対象としています。

ニューヨーク有給家族休暇法(PFL)

有給家族休暇に関する連邦法同様、ニューヨーク州有給家族休暇法(PFL)は、有資格の従業員に対し、新生児や重病の家族の看護、または家族が現役兵として海外に滞在している場合に最愛の家族を支援するための有給休暇を提供するものである。

ニューヨーク賃金窃盗防止法(WTPA)

WTPAは、雇用主が従業員に対し、契約開始時およびその後毎年(関連する更新を含む)、賃金率、賃金支払日、およびその他の雇用情報を書面で通知することを義務付けることにより、賃金の窃盗から労働者を保護するものです。また、賃金の不払いやその他の賃金違反を犯した雇用主に対する厳しい罰則も含まれています。

ニューヨーク市人権法(NYCHRL)

この法律は、ニューヨーク市における差別やハラスメントに対する広範な保護を規定します。特にこの法律は、州や連邦の保護に含まれるものよりも、保護されるクラスが追加され、差別の被害者に対してより広範な救済を提供しています。

これらの法律に含まれる責任を果たさなければ、国内外の雇用主にとって深刻な責任問題に発展する可能性があります。そのため、ニューヨークの現地労働法を理解しているPEOと提携することで、コンプライアンスを維持し、潜在的な法的落とし穴を回避することができます。

ニューヨークでの雇用を選ぶ理由

高いコストと比較的厳しい労働規制にもかかわらず、ニューヨークは、事業拡大や世界最高の人材の発掘を目指す企業にとって、魅力的な進出先であり続けています。ニューヨークでの雇用は、多様な人材プール、ワールドクラスのインフラ、主要な交通ハブによるグローバル市場への近接性など、多くの利点があります。

さらに、金融、テクノロジー、ヘルスケアなど、ニューヨークの盛んで有名な産業は、成長と革新の機会を数多く提供しています。

ニューヨークの活気ある文化と多様な人口は、幅広い視野とアイデアを求める企業にとって魅力的な場所です。また、教育や研究に力を入れているため、企業の成功に貢献できる熟練労働者が安定的に確保されています。

ニューヨークでの雇用を選択することで、世界で最もダイナミックで競争の激しいビジネス環境の中で、長期的な成功と成長を目指すことができます。

結論 INSグローバルに、迅速かつコンプライアンスな世界進出のガイドをお任せください。

ニューヨークのような新しい市場への進出には、綿密な計画、現地の知識、関連規制の完全な遵守が必要です。INSグローバルは、20年近くにわたり、ニューヨークの現地PEOを通じた迅速かつシンプルなセットアップを含め、貴社のような企業が国際的な事業展開の複雑さを乗り切るお手伝いを専門としてきました。

人事・給与サービスからコンプライアンス支援、人材獲得に至るまで、コンプライアンスに準拠した進出プロセスを確保するエンド・ツー・エンドのソリューションをオーダーメイドで提供します。

ニューヨークのPEOサービスが御社のグローバル・モビリティをどのように高めるかについては、グローバル展開とHRサービスの専門アドバイザー・チームに今すぐお問い合わせください。また、詳細については、世界各国(米国の特定の州を含む)の労働法に関するガイドをご覧ください。

よくあるご質問

Q: PEOはニューヨークの人事コンプライアンスに役立ちますか?

A: はい、INSグローバルのような現地の雇用法に精通したニューヨークのPEOと提携することで、企業が複雑な要件をナビゲートし、州および現地の労働法を確実に遵守することができます。

Q: INSグローバルはニューヨークでの雇用にどのように役立ちますか?

A: INSグローバルのニューヨークのPEOは、ニューヨークへの進出を目指す企業のニーズに合わせたフルサービスの採用ソリューションを提供しています。給与処理からコンプライアンス管理、人材獲得まで、進出プロセスのあらゆる要素を合理化するエンドツーエンドのサポートを提供します。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF