タイトル

人材紹介会社と雇用主: 5つの大きな違い

人材紹介会社と雇用主: 5つの大きな違い

12月 5, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 特に国際的な状況では、拡大期の雇用には多くの潜在的な課題や問題が伴います
  2. 雇用主は、企業の従業員の雇用主としての法的責任を負うアウトソーシング サービス プロバイダーの一種です
  3. 人材紹介会社は、雇用関係の特定の要素に特化しています。クライアント組織内の空きポジションの候補者を見つけて調達することを任務としています
まとめ

成長期において、人事マネージャーは、強固な労働力を構築し維持するために適切なパートナーを選ぶという重大な決断に迫られます。特に国際的な事業展開の場合、コンプライアンスの複雑さを著しく増大させることなく、適切なスキルを追加してくれる労働者をどのように見つけるかについて、大きな疑問が生じることがあります。多くの場合、企業は人材紹介会社かEORかの選択に迫られます。

しかし、どちらも採用プロセスには貢献するものの、それぞれが明確な役割を担っており、他よりも適している場合もあります。この記事では、それぞれの機能、長所、潜在的な短所について見ていきます。EORと人材派遣会社の主な違いを明らかにすることで、どちらが御社のニーズに最も適しているかが分かるでしょう。

なぜ企業は雇用をアウトソーシングするのか?

拡大期、特に国際的な状況での雇用には、多くの潜在的な課題や問題があります。Glassdoorによると、市場に精通していない場合、適切な人材を採用することだけでも難しく、些細な問題で平均数週間から数ヶ月の大幅な遅れが生じることもあるとのことです。

それでも、いったん適切な人材を見つけたとしても、コンプライアンス保証に取り組むのは大変なことです。海外で合法的に労働者を雇用するために必要な会社を開くことさえ、プロジェクトの納期や間接費に大きな負担をかける可能性があります。

そのため、多くの企業が人材紹介会社やEORのような第三者のサービスを利用し、推測の域を出ず、これらのプロセスを合理化できる専門家と提携しているのです。

グローバルEORや人材紹介会社は、海外進出に伴う会社の肥大化や遅延を回避しながら、新市場特有の課題を克服するために必要な適切なサポートやサービスを提供することができます。

EORとは?

Employer of Recordとは、アウトソーシングサービスプロバイダーの一種であり、企業の従業員の雇用主としての法的責任を負います。この役割には、給与計算、福利厚生、税金、現地の労働法の遵守など、人事業務の多くまたはすべてが含まれます。

基本的に、EORはこれを行うことで、雇用企業が法人格を持たないような場所で働く労働者の正式な雇用主となります。その代わり、海外で新会社を設立する際の管理業務を処理するのは特に難しいため、EORはコストと時間を削減するのに役立つ一方、クライアント企業は日々の業務やプロジェクト管理を管理することができます。

人材紹介会社とは?

人材紹介会社は、人材派遣会社と呼ばれることもありますが、雇用関係の特定の要素に特化しています。リクルートエージェンシーは、クライアント企業で募集しているポジションの候補者を探し、紹介するのが仕事です。これは、クライアント企業と同じ国である場合もあれば、国際的な場合もあります。

彼らの主な焦点は採用プロセスの初期段階にありますが、長期的な定着率を確保することが重要です。最高の人材紹介会社は、単にサーチを行うだけではありません。適切な候補者の特定や面接の実施から、候補者の最終選考リストの提示、入社後のサポートに至るまで、企業が最適な人材を見つけるためのエキスパートが揃っているのです。

人材派遣会社とは、通常、プロジェクト単位で短期雇用や臨時雇用を行う会社を指します。この場合、人材派遣会社は企業と採用候補者の仲介役を果たします。

いずれの場合も、採用された候補者はクライアント企業の社員となりますが、人材紹介会社は入社手続きなどの人事業務をサポートすることもあります。この場合、国際的な人材紹介会社は、その経験と現地の業界水準に関する知識を活かして、企業が自社の労働文化とターゲット市場の労働文化を統合する手助けをすることができます。

EORを利用するメリットとデメリット

EORの利点

グローバル展開

EORは様々な国の法律やコンプライアンスの問題を管理することで、よりシンプルで迅速な国際展開を促進します。グローバル展開アドバイザーの専門知識を活用することで、進出に伴う煩わしさや遅れを回避することができ、一般的に関連する諸経費をかけずに成長することができます。

リスクの軽減

グローバルなEORが御社の法律やコンプライアンスに関するすべての事項を処理し、罰則や法的問題のリスクを軽減します。これらの業務を人事スペシャリストのEOR専門スタッフに任せることで、御社のスタッフや経営陣が日々の問題に費やす時間を減らすこともできます。

時間とリソースの節約

EORは、御社の拡大計画を合理化し、完璧なものにするための最良の道を見つけるために必要な現地サポートとネットワークを持っています。そのため、収益性、従業員満足度、新市場での全体的な成功に最も重要なコア業務に集中することができます。

EORの短所

コスト

EORと提携する場合、事業拡大時に必要なHR機能をすべて引き受ける月額費用が1回で済みます。これは中小企業にとっては有益かもしれませんが、ターゲット市場で新しい法人を開設する間の一時的なソリューションとしてEORを利用することを好む可能性のある大企業の長期的な計画には合わないかもしれません。

限られた管理

管理業務が処理される一方で、EORを利用する企業は、特定の人事機能を限定的にしかコントロールできません。これは日常的な機能には影響しないけれど、EORを雇う企業は、給与計算機能が既存の社内システムとどの程度容易に統合できるかを確認しておく必要があります。

人材紹介会社を利用するメリットとデメリット

人材紹介会社の長所

時間の節約

経験豊富な人材紹介会社は、手間のかかる作業を代行し、事前にスクリーニングされた優秀な候補者のみを紹介することで、採用プロセスを数週間から数ヶ月短縮することができます。海外で優秀な候補者を見つけるには試行錯誤が必要ですが、人材紹介会社はその手間を省くことができます。

専門知識

人材紹介会社は、多くの業界や市場のスペシャリストを採用し、専門的なツールやシステムを使ってプロセスを効率化します。業界に特化した知識と専門知識を駆使し、御社のニーズに合った人材を見極めます。また、適切な人材紹介会社は、時間をかけて御社の企業構造や価値観を把握することで、意欲的な人材を確保し、定着率の低下を防ぎます。

柔軟性

企業は、自社のニーズに合った方法で人材紹介会社を利用することができます。人事スタッフを増員することは、長期的なニーズに関わらずフルタイムの労働者を雇用することを意味しますが、人材紹介会社とはプロジェクト単位で提携することができます。これにより、諸経費を削減し、体制を合理化することで、不必要な会社の肥大化を避けることができます。

人材紹介会社の短所

限定的な長期的関係

人材派遣会社は採用段階に重点を置いており、特殊なケースを除き、継続的な人事機能を提供できない場合があります。

コスト

グローバル採用マネージャーを常時雇用する間接的なコストと比較しない限り、1つのプロジェクトに人材紹介会社を利用する直接的なコストは、場所によっては予想以上に高くなる可能性があります。

EORと人材紹介会社の違いトップ5

雇用関係

EOR – 現地法人を利用し、入社から解雇に至るまで、雇用関係全般の管理を代行する。

人材紹介会社 – 追加サービスを提供しない限り、採用プロセスに重点を置く。この場合、雇用関係はクライアントと直接結ばれます。

法的責任

EOR-特定の場所における雇用主としての法的責任を負います。

人材紹介会社 – 採用プロセスにおける仲介者となります。この場合、潜在的な候補者を雇用する法的責任はクライアントにあります。

サービス範囲

EOR – 給与計算、福利厚生、コンプライアンスを含む包括的な人事サービス一式。

人材紹介会社 – 求人広告、ヘッドハンティング、有資格者のスクリーニング、選考、面接、ショートリスト、契約締結など、採用プロセスのみに専念。

従業員の管理

EOR – 日常業務と管理はクライアントが行い、管理サポートシステムはクライアントが管理します。

人材紹介会社 – クライアントは採用後の従業員を完全に管理することができます。

グローバル重視か地元重視か

EOR – 現地雇用に重点を置くか、グローバル雇用に重点を置くかは、EORによります。これらのサービスは、特に国際的な事業展開を支援する場合、グローバル規模で提供される可能性が高いです。

人材紹介会社 – これも人材紹介会社によります。多くの人材紹介会社は、地元または地域の人材獲得に重点を置いています。

INSのグローバル・オールインワン・サービスでグローバル人材を採用し、長期的な事業拡大を確保しましょう。

人材獲得における競争の激しい状況を乗り切る人事マネージャーにとって、雇用主と人材紹介会社の違いを理解することは非常に重要です。両サービスの強みを活かして、新しい市場でスタッフを採用・雇用したいと考えているとします。その場合、採用戦略を最適化し、どこでもダイナミックでグローバルな労働力を構築することができます。

そのため、INSグローバルは、EORと人材紹介会社の専門知識を最大限に活用した、オーダーメイドのオールインワンのグローバル採用ソリューションを提供しています。包括的なソリューションが必要な場合、INSグローバルは、採用から契約終了まで、雇用主として確実にカバーするソリューションを提供します。

私たちは15年以上にわたり、企業の迅速かつコスト効率的で大胆な事業拡大を支援してきました。採用、契約管理、給与計算、現地の福利厚生管理など、エンドツーエンドのサポートを提供することで、INSグローバルは、100カ国以上でグローバル人材獲得の複雑さをシームレスに乗り切ることを可能にします。

詳細については、経験豊富なプロの拡張アドバイザーチームに今すぐお問い合わせください。

よくあるご質問

プロジェクトを完了させるために、EORと人材紹介会社を同時に利用できますか?

はい。実際、海外事業を短期的・長期的に安定させたいとお考えの企業にとって、EORは現地の専門人材紹介会社を通じて雇用した従業員の法的・管理的側面を管理することができます。したがって、これらのサービスは、完全な保障を提供するために連携して機能することができます。

 

EORと人材紹介会社のコスト比較は?

人材紹介会社のサービスは初期費用が高いかもしれませんが、EORは給与計算プロセスの一部として毎月料金を請求する仕組みになっています。

人材紹介会社は国際的な人材の採用に対応できますか?

これは、人材紹介会社が提供する具体的なサービスによります。クライアントと同じマーケットでの採用に重点を置く人材紹介会社もあれば、INS グローバルのように国際的な人材紹介に特化している会社もあります。

国際的な採用の場合、プロセスはより複雑になるかもしれませんが、これらの国際的な人材紹介会社では、国際的な採用の経験が豊富で、現地の雇用に関する正しい知識を持つ採用・人事の専門家を雇用し、確実かつタイムリーな納品を実現しています。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF