2023 年に外国で雇用するには EOR が最適ですか?

2023 年に外国で雇用するには EOR が最適ですか?

2023 年に外国で雇用するには EOR が最適ですか?

11月 2, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. ビジネスを海外市場に拡大するには、多くの場合、外国で雇用するか、既存のスタッフを異動させる必要があります。
  2. 労働者を雇用する予定の国の現地の労働法、規制、コンプライアンス要件を徹底的に理解することが重要です
  3. 会社と、外国に転勤または雇用する従業員の両方に対する税金への影響を判断することも重要です
まとめ

海外市場への進出は、多様化を図り、新しい製品やサービスをより幅広い層に提供したいと考えている多くの企業にとって、戦略的必須事項となっています。 ただし、外国で雇用したい場合、そのプロセスは困難であり、法的な複雑さが伴う場合があります。

この詳細なマスターガイドでは、EORを通じた外国での採用について詳しく説明し、このアプローチの長所と短所を他のアプローチと併せて説明します。 また、すべての現地法と国際法を確実に遵守するための手順や、複数の国で一度に労働者の雇用と支払いを行うために EOR を使用する方法についても説明します。

外国で雇用する準備はできていますか?

ビジネスを海外市場に拡大するには、多くの場合、地元の人材を採用したり、既存のスタッフを異動したりする必要があります。 これは、地元ブランドの代表者からブルーカラーまで、あらゆるレベルのスタッフを意味します。 それでも、レベルに関係なく、要件はほぼ同じです。

追加の検討が必要となる唯一のケースは、潜在的な海外労働者の給与が地方税控除を利用するための基準を満たしているかどうかです。 スイスの一括税制度などの法律は、現地のコストを節約する優れた方法を提供しますが、外国で効率的に雇用するには特別な計画が必要です。

外国で採用や異動、雇用を開始する前に、次の質問について検討してください。

対象国の従業員に対する法規制要件とは?

労働者を雇用しようとする国の現地の労働法、規制、コンプライアンス要件を十分に理解することは極めて重要です。対象国で従業員を適切に管理するためには、さまざまな利益や権利が関係してくる可能性があります。さらに、他国で労働者を雇用する場合のコストやリスクは、自国とは大きく異なる可能性があります。これらの法律に従わない場合、法的な問題や罰金が発生する可能性があります。

それ以上に、外国で雇用する場合、適切な福利厚生によって人材を効果的に惹きつけ、維持することができます。そのため、これらの福利厚生が現地の規範や法律にどのように合致しているかを知ることが重要です。

外国人労働者に対する税金と給付の義務とは?

国によって、現地労働者と外国人労働者に対する税制や義務が異なります。そのため、外国で雇用して新たな税務処理を統合しなければならなくなる前に、会社と従業員双方にとっての税務上の影響を見極めることが不可欠です。これは、自分で調査するか、あるいは現地の税務専門家と協力して、所得税、社会保険料、適用される控除など、雇用者の責任を理解することによって行うことができます。

異なる文化やビジネス規範を理解していますか?

海外に労働者を派遣または雇用することは、法令遵守を確保するためだけの問題ではありません。外国で雇用する場合、文化の違いが事業運営に大きな影響を与える可能性があります。新たな文化的規範が、国内外の職場環境、コミュニケーションスタイル、経営慣行にどのような影響を与えるかを考慮することが不可欠です。

このようなニュアンスの違いを理解し、現在の慣行にどのように組み込んでいくかを考えることで、円滑な業務関係を築くことができます。

採用方法は?外国で採用する際に考えられる2つの選択肢

外国で雇用する前に、あなたのビジネスに最も適した雇用方法を決めなければなりません。海外に子会社を設立する、EORと協力する、現地の人材派遣会社を通じて雇用する、といった選択肢の長所と短所を検討しましょう。

それぞれの方法には、法的、財務的、運営上の明確な意味があります。また、短期的・長期的な海外雇用のニーズを考慮し、どの海外雇用方法が最適かを判断する必要があります。

独自の法人を設立する

このオプションでは、外国に法的な子会社または支店を設立します。業務を完全にコントロールできる反面、法的、財務的、管理的責任が伴います。多くの場合、税務コンプライアンス、現地での給与計算、人事管理などが課題となります。

一般的に、この方法は会社を設立し(平均数ヶ月かかる)、人事や給与計算などに必要な人員をすべて雇用して管理する必要があるため、長期的には最もコストがかかります。

この方法は、外国での雇用を完全にコントロールできる反面、雇用主の責任やコンプライアンス上の問題に対処する必要があります。

人材派遣会社を通じた採用

この方法では、人材派遣会社と協力し、御社に代わって対象国で人材を調達・雇用します。

人材派遣会社は柔軟性があり、自社で事業体を設立するよりも比較的短時間で済みますが、雇用プロセスの重要な要素に対するコントロールは制限されます。

この場合、人材派遣会社の社員は一般的に一時的なものと見なされます。

彼らの長期的な忠誠心は人材派遣会社にあるかもしれず、これらのスタッフを会社の階層に適切に統合するのは、しばしば厄介なことです。

どちらの選択肢も魅力的ですが、御社がすぐに、あるいは長期的に克服しなければならない問題も含んでいます。それよりも、第三の選択肢を検討した方が良いかもしれません。

EOR(Employer of Record)とは?

EORとは、外国で従業員を雇用・管理する際の法的、管理的、給与面を管理する第三者機関のことです。EORは特定の海外市場において専門知識を有するリソースとネットワークを持っています。この専門知識により、完全なコンプライアンス保証、競争力のある福利厚生と保護を提供することができる。

事実上、EORサービス契約では、EOR企業が貴社に代わって従業員の雇用と人事管理を行います。また、現地従業員の新規採用のための採用ソリューションを提供することもある。

EORプロバイダーは従業員と雇用契約を結びますが、この契約を指揮するのはあなたであり、あなたは従業員の日々の活動を完全に管理します。

この方法により、海外進出に伴うリスクや複雑さを軽減しながら、中核となる事業活動に専念することができます。

EORは、人材派遣会社が提供するよりも高いレベルの保証が欲しいけれど、海外に会社組織全体を構築するような面倒なことはまだしたくないという企業が選択する方法です。

EORを利用して海外で雇用する5つの大きなメリットとデメリット

長所

・グローバルな専門知識 – EORは、サービスを提供する現地市場にリソースとパートナーのネットワークを持っており、国際雇用とコンプライアンスの専門家です。この専門知識により、現地の法律、規制、業界水準に沿ったオペレーションを確保しながら、外国での雇用が可能となり、競争力のある雇用主となることができます。
・市場参入の迅速化 – 新会社の設立には、数カ月に及ぶ専用の業務時間が必要になることがあります。このため、御社のスタッフは他の成長関連業務から離れ、新たな機会を活用する能力が制限されます。その代わり、EORを通じて雇用すれば、市場参入にかかる時間を最短1週間に短縮できます。
・リスクの軽減 – EORは、御社の海外スタッフの正式な雇用主となることで、法的および財務的リスクの多くを引き受けます。この法的保護の追加レイヤーにより、御社が不慣れな制度における潜在的な罰金や罰則にさらされる可能性を減らすことができます。
・効率性 – EORは給与、福利厚生、税金など幅広い管理業務を行うため、御社は本来の業務に集中することができます。また、EORのスタッフの専門知識によって時間を節約できるため、特定の種類の企業に有利なローカルルールの恩恵を受けることができます。
・費用対効果 – EORサービスは、海外子会社を設立・維持するよりも費用対効果が高い場合が多い。EORのコストは、貴社の事業規模と規模にのみ関係し、海外雇用が通常必要とする追加スタッフや間接費には関係しません。

短所

・人事事項に対するコントロールの低下 – EORは、現地の法令遵守を保証する簡便な方法を提供する一方で、特定の人事・雇用事項に対するコントロールが低下する可能性があります。
・潜在的なコミュニケーション上の課題 – 国際的なパートナーシップの歴史が浅いEORを選んだ場合、言語的または文化的な障壁が生じる可能性があります。
・サービスの質 – EORが提供する最終的なサービスの質は、EORのリソースや専門知識によって大きく異なる可能性があります。お客様のニーズを的確に満たすことができるグローバルEORサービスプロバイダーを選択する際には、デューデリジェンスが鍵となります。
・長期計画 – EOR契約は短期的に最も費用対効果が高いため、長所と短所を比較検討する際には長期計画を考慮する必要があります。しかし、適切なEORプロバイダーは、変化するニーズに合った長期プランに徐々に移行する方法を提案できるかもしれない。
・限られた柔軟性 – EORには、自社のプロセスに統合しなければならない手順やプロセスが設定されている場合があります。EORに適応する準備ができていなかったり、適応できなかったりすると、業務の柔軟性が制限される可能性があります。

EORで現地のあらゆる法律を遵守し、罰金を回避する方法

外国で雇用する場合、現地の労働法や規制を確実に遵守することは極めて重要です。コンプライアンス違反は、厳しい罰金、法的問題、長期的な企業の評判の低下につながる可能性があります。外国で雇用する場合、新しい法的環境に精通するか、すでに専門家である企業と提携する必要があります。

EORは、御社が事業を展開するそれぞれの地域の法的環境に精通しているため、法の正しい側面に立ちながら、こうした課題を乗り越えることができます。

複数の国で労働者を雇用し、給与を支払うためにEORを活用する方法: グローバル雇用のための6つの簡単なステップ

EORを通じて複数の国で労働者を雇用し、給与を支払うことは非常に効率的です。ただ、外国または複数の国で雇用する準備ができたときに、迅速かつ巧みに作業できる適切なグローバルEORプロバイダーを見つける必要があります。

一般的に、EORを利用して外国で雇用する際のプロセスには以下のようなものがあります:

御社に適したEORを見つける – 進出を計画している国で強力なプレゼンスを持つEORを調査し、選ぶことから始めるのが常に最善です。これは、どこからでも従業員を管理できる優れたデジタル・プラットフォームを持つパートナーを見つけることや、現地の人材プールを最大限に活用するための人材紹介サービスも提供できるEORを見つけることを意味します。

条件の合意 – 御社のニーズに合わせて、EORとの具体的な契約条件について交渉し、合意することができます。EORの企業によっては、雇用の最低条件や上限を定めている場合があるため、隠れたコストや制限を避けるためにも、EORのサービスのあらゆる要素について確認しておくことが最善です。適切なEORサービス契約には、透明性のある価格、サービス、コンプライアンス基準が含まれています。
従業員の受け入れ – 選んだEORと協力して、適切なスタッフを異動または雇用し、外国人従業員を受け入れましょう。EORのサポートにより、従業員が法的に安全で、効率的に組織に溶け込めるようにします。
給与と福利厚生の管理 – EORは御社に代わって対象国の給与、福利厚生、税金を管理し、従業員に給与が正確かつ予定通りに支払われるようにします。
コンプライアンス・モニタリング – 法律や規制は世界中で常に変化しています。そのため、EORは現地の労働法、税法、その他の法的要件を常に監視し、コンプライアンスを確保します。こうすることで、コンプライアンスを維持しながら、現地の高額な法律専門家に追加費用を支払う必要がなくなります。
解雇と離職まで – 外国で雇用するだけでは十分でない場合もあれば、グローバル展開戦略を適応させるためにピボットすることを決定する場合もあります。必要に応じて、EORは従業員の解雇と離職を支援し、この重要な場面での安全を確保します。

一度に複数の国で雇用する場合でも、これらの手順は変わりません。つまり、新規市場に挑戦したいときにいつでも新会社を設立できるわけではありません:

INSグローバルが100カ国以上で世界クラスのEORサービスを提供し、御社のビジネスを支援する方法

面倒な手続きやコストをかけずにグローバルな事業展開を図りたい企業にとって、EORを通して外国で雇用することは戦略的なアプローチです。特に、INSグローバルのような評判の高いEORと提携することで、新規市場の可能性を引き出し、現地の法律を完全に遵守しながら、外国での雇用に関するあらゆる問題を解決することができます。

INSグローバルは、お客様のニーズに合わせた国際雇用ソリューションに特化した、グローバルなプロフェッショナルサービスのリーディングプロバイダーです。

弊社のサービスには、24時間体制のガイダンスによる100カ国以上でのEORサポートとガイダンス、市場参入に関する洞察とコンサルティング、法令遵守の保証、独自のデジタルHRプラットフォームによる給与計算、採用、その他の人事機能に関するオーダーメードのソリューションが含まれます。

グローバルな成功に向けた次の一歩を踏み出すために、今すぐ弊社の専任グローバル展開アドバイザー・チームにお問い合わせください。

よくあるご質問

なぜ外国で雇用したいのですか?

外国で雇用する企業は、新規市場や人材プールを利用でき、グローバルな流動性が高まります。多くの場合、海外進出は長期的な成長を確保したい企業にとって必要なステップと考えられており、外国での雇用を選択することは、地に足をつけて新しい市場に参入する最良の方法と考えられています。

EORを通じて一度に複数の国で外国人労働者を雇用できますか?

はい、EORは、外国または複数の国での雇用を支援することができ、長期的な国際展開に関心のある企業にとって特に効率的な選択肢となります。

外国で雇用したい場合、EORが提供するサービスの質を保証するにはどうすればよいですか?

新しいビジネス・パートナーシップを始める際には、EORの候補を徹底的に調査し、過去のクライアントのリファレンスをチェックし、評判の良いパートナーを確実に選ぶためにサービス・オプションを評価することが常にベストです。INSグローバルでは、EORのオプションに関する無料コンサルテーションを提供しており、EORから提示された見積もりに隠れた料金や間違いがないかをチェックすることもできます。

外国で雇用するためにEORサービスを利用する場合の一般的な費用は?

正確なEOR費用はサービス内容や国によって異なります。一般的に、EORサービスは外国で雇用し、EORを通して雇用した労働者の給与のパーセンテージで価格が決まります。

INSグローバルと他のEORプロバイダーとの違いは何ですか?

INSグローバルは、世界で最も複雑な規制市場のいくつかにおいて、約20年にわたり企業にグローバル展開サービスを提供してきた経験があります。外国での雇用を希望される場合、どのような課題であっても、お客様の足手まといにならない費用対効果の高いソリューションがあることを保証するために必要な知識を持っています。

法律、経営、税務の専門家からなる私たちのチームは、国際市場参入コンサルティングやお客様独自のニーズに合わせたサービスなど、国際雇用とグローバル採用のソリューション一式を、必要なときに必要な場所で提供します。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF