恒久的施設: INSグローバルとの完全ガイド

恒久的施設の種類に関する重要なガイド

恒久的施設の種類に関する重要なガイド

9月 16, 2022

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 恒久的施設の規則により、事業を行うすべての国で支払うべき税金が決まります
  2. 日常的なビジネス上のやり取りによっては、現地法人を設立することが 恒久的施設のリスクを回避する唯一の方法となる場合があります
  3. 恒久的施設には異なる課税が課されます
まとめ

会社経営は複雑であり、グローバルにビジネスを展開することは、さらなる課題をもたらします。企業は、海外に物理的な拠点がないため、その地域での納税が免除されると誤解しているかもしれません。しかし、グローバルな事業展開は、成長の機会を提供する一方で、失敗の機会ももたらします。恒久的施設(PE)のリスクを理解し、それを最小化する方法は、企業にとって不可欠です。

お急ぎですか? この記事をPDFで保存しましょう。

スクロールにうんざりですか?PDF版をダウンロードすれば、オフラインで読んだり、同僚と共有したりすることができます。

お急ぎですか? この記事をPDFで保存しましょう。

スクロールするのに飽きましたか?オフラインで読んだり、同僚と共有したりするのに便利なPDF版をダウンロードしてください。

以下のフォームにご記入ください

ダウンロードは数秒で開始されます。ダウンロードが開始されない場合は、ボタンをクリックしてください:

恒久的施設の定義

一言で言えば、PEとは海外で課税対象として設立された組織です。

PEは、本社以外の国で継続的かつ確実な外観を持つ会社です。その結果、PE企業は、その運営国の法律によって課税されることになります。

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これはグローバルにビジネスを展開する企業にとって不可欠なポイントです。これにより、全世界で支払うべき税金の額が決まります。さらに、現地の法律構造に関する知識が乏しいと、後に税金の負債や法的な懸念が生じる可能性が生じます。

恒久的施設の原因は何ですか?

企業が海外にPEを持つのは、本国以外の場所に利益を生み出す固定的な事業所を持つ場合です。

PEとみなされた場合、ホスト国はその地域で発生した全ての収益に対して課税することができます。

以下は、OECDモデル第5条(1)の恒久的施設に関する基準です:

・外国で設立された企業
・固定または恒久的な事業体。
・固定的事業所とは、事業の全部または一部が運営されている事業所をいいます。

Hiring Checklist to Improve Your Recruitment Process

恒久的施設はどのように機能しますか?

恒久的施設は、あなたの会社が別の国に拠点を置き、そこで利益を上げている場合に存在します。これは、その管轄区域で税金を支払うことを意味します。

様々な現地の税法が、ホスト国と本国の間で支払わなければならない恒久的施設税額を決定します。多くの場合、二重に課税されることを防ぐために、その国の税法が適用されます。場合によっては、企業は受入国で登録し、間接税の補償を受けることができます。これには、商品やサービスに対する税金も含まれます。

物品・サービス税とは何ですか?

物品サービス税、別名付加価値税(VAT)は、個人消費のために供給される商品やサービスに対する間接税です。

個人は恒久的施設となり得ますか?

他国で働く扶養代理人であれば、恒久的施設を設立することができます。

個人が会社の名前で定期的に契約を結ぶ場合、その地域における会社の固定的存在とみなされます。

An Essential Guide to the Types of Permanent Establishment

恒久的施設の種類

PEの種類は、技術の進歩や新しいコミュニケーション形態と相まって進化しています。現代の標準に合うように常に変化していますが、ここでは最も人気のあるタイプをいくつかリストアップしました:

1. 固定された場所での恒久的施設

最も馴染みのあるPEは、固定事業所である。これは外国に支店を持つことを意味します。例としては以下のようなものがあります::

・オフィス
・工場
・支店
・ワークショップ
・油田

ファッション企業の本社は母国にあるのが一般的です。しかし、その工場はしばしば外国に置かれています。ファッション企業が外国で事業を行い、所得を得たとします。その場合、両地域で様々な税金を支払う義務があります。

2. 営業担当者

御社の営業チームは、業務を遂行するために、様々な国でPEを必要とするかもしれません。例えば、彼らが他の会社のために外国でプロジェクトに従事している場合、それはPEに該当する可能性があります。

例えば、スタッフがその国に出張する頻度など、複数の要因がPEのステータスを決定する可能性があります。

営業担当者のPEは、医療、サイバーセキュリティ、ファッション業界で特に多く見られます。

3. サービス常設事業所

サービスPEとは、海外にある企業に技術や経営支援を提供するケースを指します。その結果、外国に物理的な拠点を持たないPEが発生することになります。

例えば、母国以外の国でサービスを提供するコンサルタント会社は、公式に海外で利益を上げていることになります。その結果、その外国に税金を支払わなければなりません。

Global PEO

恒久的施設に関するリスクを回避する方法

恒久的施設(Permanent Establishments)のリスクを軽減するための第一歩は、海外で事業を行う際に起こりうる複雑な問題を認識することです。そのための一つの方法は、海外事業を始める前に税務の専門家に相談することです。

海外の対象市場に現地法人を設立することは、PEリスクを完全に回避する唯一の方法である。この新しい事業体は、持株会社とは別に機能し、自由な税務対象として運営されなければなりません。そのため、二重課税や 間違いのリスクを軽減し、別々に課税・管理されることになります。

EORのソリューションを利用する

しかし、多くの企業は通常、新規市場において新たな事業体を設立することにチャレンジをしたがりません。幸いなことに、ほとんどの場合、EOR(Employer of Record)を利用することでこれを回避することが可能です。

EORを利用すれば、各国に現地法人を設立することなく、海外で熟練した従業員を雇用することができます。従って、経験豊富なEORプロバイダーは、税務申告の必要性をすべて取り扱い、雇用主の責任を引き受けます。

EORは、御社の海外従業員の合法的な雇用主としての役割を果たし、現地の雇用義務を確実に遵守します。これは、現地の税務当局に関する専門的な知識を活用することで、すべての地方税または連邦税の遵守を保証することを意味します。その間、御社は労働者の日常業務を完全に管理することができます。

INSグローバルがPEリスクを軽減します

海外で雇用しているスタッフが永続的な存在を確立できるかどうか不安な場合もあるでしょう。そのため、INSグローバルは80カ国以上で高品質のEORを提供し、事業拡大の不安を解消しています。

私どものチームが、最適な世界規模の人材紹介とグローバル雇用ソリューションの選択をお手伝いいたします。世界各地にオフィスを構えているため、いつでもサポートが可能です。

INSグローバルは、世界各地で法人税や所得税の納税を手配・管理いたします。また、弊社のPEOまたはEORソリューションを通じてスタッフを雇用すれば、弊社の税務ソフトウェアプロセスを通じて税務要件を簡素化することができます。

世界的な税務申告や国際的な労働力のニーズについては、今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF