タイトル

戦略的人材管理を構築する7つの秘訣

戦略的人材管理を構築する7つの秘訣

11月 17, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 効果的な戦略的人材管理は、さまざまな要素を考慮した包括的な人材計画から始まります
  2. 戦略的人材管理には、リーダーシップのギャップに対処することが含まれることが多く、後継者計画戦略を考慮する必要があります
  3. 人材分析をパフォーマンス管理プロセスに統合すると、個人とチームの両方のパフォーマンスを評価して最適化できます
まとめ

今日のダイナミックなビジネス環境において、組織の長期的な成功のためには、戦略的な人材管理が必須です。人事マネジャーにとって、最高の人材を惹きつけ、育成し、維持するという複雑な課題を乗り越えることは極めて重要です。人材管理の戦略的アプローチを採用し、採用や給与計算の実務に組み込むことは、競争力を確保するために不可欠です。

そこで本記事では、人事マネジャーが多国籍チームで戦略的人材管理を構築・強化し、組織の持続的成長と成功を確保するための7つの最良の方法をご紹介します。

総合的な人材計画

効果的な戦略的人材管理は、あらゆる要素を考慮した包括的な要員計画から始まります。人事マネージャーは、長期的・短期的なビジネスニーズを分析し、目標達成に必要な最も重要な役割とスキルセットを特定する必要があります。

総合的なアプローチは、組織目標と人材獲得戦略の整合性を構築するだけでなく、従業員のニーズを考慮し、積極的な採用と育成を可能にします。

アマゾンは、その規模、ビジネスモデル、季節ごとに変化するニーズのユニークな性質から、労働力計画への綿密なアプローチで有名です。同社がさまざまな業界に進出していくには、将来のニーズを予測し、重要なスキルを特定する必要があります。例えば、ホールフーズの買収によって食料品市場に参入する際、アマゾンは戦略的な人材管理を行い、食品小売業界の複雑な事情に精通した十分な専門知識を確保しました。

スタッフを最大限に活用するためには、定期的な戦略的人材計画セッションを組織計画会議に組み込んでみましょう。また、将来のビジネスニーズとの関連で、定期的にチームのスキルを評価するよう部門長に奨励することもできます。そうすれば、雇用やトレーニングが問題になる前に、遅れを回避できる分野を強調することができます。

協力的なアプローチにより、人員計画はダイナミックで継続的なプロセスとなり、その結果、変化する市場の需要に対応するために必要な適応力を得ることができます。

継続的な学習と能力開発プログラム

継続的な学習・能力開発プログラムを通じて従業員の成長に投資することは、どのような企業においても、特に長期的かつ潜在的にグローバルな目標を考えている企業においては極めて重要です。人事マネジャーは、リソースを共有し、スキル向上の機会を促進することで、学習文化を醸成するシステムを構築することができる。このような戦略的な人材管理は、一部の専門家によると、個人の業績を最大50%向上させるだけでなく、進化する業界のトレンドに適応できる労働力を確保します。

マイクロソフトの継続的学習へのコミットメントは、Microsoft Learnプラットフォームを通じて明らかです。同社は、技術の進歩に後れを取らないよう、従業員が自分のペースで学習し、新しいスキルを身につけることを奨励しています。

従業員が自分のペースで関連コースやトレーニング教材にアクセスできる学習管理システム(LMS)を導入してみてはどうでしょうか。また、このような従業員開発リソースを常に利用できるようにすることで、管理職が人事考課の際に個人のパフォーマンスと能力開発について議論したり、個人の希望に沿った具体的な学習目標を設定したり、社内で対応できない組織のニーズを特定したりすることを促し、支援することができます。

後継者育成計画

戦略的なタレントマネジメントには、リーダーシップ・ギャップへの対処が含まれることが多く、そのためには、混乱を回避し、高い潜在能力を持つ従業員を特定し、将来的に重要な役割を果たすためのスキルを育成し、または適切な外部人材を採用するための後継者育成戦略を検討する必要があります。適切な計画を立てることで、人材不足のリスクを軽減し、シームレスなリーダーシップ移行を実現することができます。

世界の大企業の中でも、ゼネラル・エレクトリック(GE)は、その強固な後継者育成計画でよく知られています。かつて同社は、高い潜在能力を持つ従業員をキャリアの早い段階で特定し、的を絞った能力開発の機会を提供するために多大な努力を払ってきました。このため、当時の上司であったジャック・ウェルチは、効果的な後継者戦略を決定することが自分の主な仕事であると宣言しました。このアプローチにより、必要なときに重要な役割を担えるよう、十分に準備されたリーダーのパイプラインが確保されます。

後継者が不明確だと、大きな問題を引き起こす可能性があります。そのため、私たちは、リーダーシップが将来の潜在的なギャップや機会について話し合う、定期的なタレント・レビュー・ミーティングの実施を推奨しています。ギャップが確認されたら、育成可能な適切な候補者がいるのか、ヘッドハンティングでハイレベルな人材を探す時期なのかを判断し、迅速に行動します。

定量化された意思決定

タレントマネジメントにデータ分析を活用することで、人事マネジャーは論理的かつ十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。人事は、従業員のパフォーマンス指標、エンゲージメントレベル、その他の関連データを分析することで、チームの人材を最適化するための事前戦略を策定しながら、課題を特定し、予測することができます。

グーグルは、候補者とのやり取りや合格率に関する詳細なデータを分析することで、採用プロセスを最適化するためにデータ分析を活用しています。グーグルは、採用成功につながるパターンを特定し、不適切な候補者を避ける方法を学ぶことで、遅延やボトルネックの減少につなげています。

従業員のパフォーマンス、意欲、定着率に関する質の高い洞察を提供するデータ収集・分析ツールに投資しましょう。そうすることで、データの解釈と分析について人事チームを訓練することができ、戦略的なタレントマネジメントの適切な意思決定が可能になります。また、得られたデータを定期的に見直すことで、組織の目標や要件をより的確に反映させることができます。

従業員エンゲージメントへの取り組み

従業員参加意識はかつてないほど重要になっている。これほど重要な要素であるにもかかわらず、従業員の31%しか仕事に従事していると感じていないと回答しています。戦略的人材管理アプローチは、従業員関与の重要性を認識し、積極的な雇用主が自社を時代の先端へと導く方法を提供する。

セールスフォースは、従業員や顧客により協力的なコミュニティを築くことを目的とした「オハナ」文化イニシアティブを通して、従業員中心のアプローチを採用した企業の好例です。セールスフォースでは、定期的にアンケートを実施し、あらゆるレベルの従業員からのフィードバックを収集し、その結果をエンゲージメント・プログラムの調整に活用しています。このようなアプローチにより、少なくとも理論的には、従業員の関心事を優先した前向きな職場環境が保証されています。

定期的なフィードバックの仕組み、表彰プログラム、健康増進の取り組みなどを仕事のルーチンに組み込むことで、従業員のエンゲージメントを高め、組織の成功にコミットし続ける可能性を高めることができます。そのためには、部門横断的な従業員エンゲージメント委員会を設置し、フィードバックを集めたり、チームビルディング活動を企画したり、職場満足度を高める取り組みや福利厚生の改善を推進したりすることが有効です。

柔軟な職場環境

現代の従業員は、リモートワークやフレックスタイム制、週休2日制など、柔軟性を重視しています。そのため、人事マネジャーは多様な勤務形態を計画することで、より意欲的で満足度の高い労働力の確保に貢献することができます。しかし、こうした選択肢は複雑であり、効率的に管理するためには追加の計画やシステムが必要となります。

これを実現する最善の方法は、包括的でフレキシブルなワークポリシーを作成し、期待とガイドラインを明確に示すことです。そのためには、管理職がフレキシビリティのために役割を評価し、リモート連携を促進するテクノロジーソリューションを導入するためのトレーニングを受ける必要があります。これは、国際的に行う場合、複数の異なるシステムを1つの合理化されたプラットフォームに統合することを意味するかもしれません。

パフォーマンス管理のための分析

タレント分析をパフォーマンス管理プロセスに組み込むことで、個人とチームの両方のパフォーマンスを評価し、最適化することができます。特にこれらのツールは、パフォーマンス指標を組織目標に整合させるのに役立ちます。その結果、人事は改善すべき領域を特定し、的を絞ったフィードバックを提供し、継続的な改善の文化を醸成することができます。

ネットフリックスは、世界トップクラスの分析能力を駆使して、人材マネジメントとコンテンツ制作戦略の両方に反映させています。視聴者データを分析することで、ネットフリックスは人気のジャンルや視聴習慣を特定し、オリジナルコンテンツ制作の意思決定に役立てています。このようなデータ主導のアプローチにより、同社は視聴者の共感を得られるコンテンツに確実に投資しています。同じような分析は、様々な業界の企業が、自社のアウトプットが顧客の要望や 欲求に合致していることを確認するのに役立ちます。

人材分析機能を備えた戦略的人材管理システムの導入は、ビッグデータやAI機能を利用したプラットフォームやツールを探すことを意味するかもしれません。しかし、多くの企業では、こうしたツールやプロセスはそれ自体が複雑であることが多く、専門的な管理が必要になるのが一般的です。最初のステップは、多くの場合、個人とチームの能力開発領域を特定するためにデータを活用するためのマネジャーの訓練となります。

世界展開と合理化のための戦略的人材管理システム構築はINSグローバルにお任せください

人事担当者は、戦略的タレントマネジメントのための7つの業界水準を採用することで、ビジネスの成功を形作る上で重要な役割を果たすことができます。

そのため、INSグローバルは、お客様のご都合に合わせて、100カ国以上で労働力の効率を最大化するために必要なツールとサポートを提供します。INSの給与・人事プラットフォームでは、給与計算や福利厚生などの人事機能をオンラインでボタン一つで管理できます。変革の時期には、グローバルな人材採用の専門家チームが最高のグローバル人材をご紹介し、採用いたしますので、業務を滞りなく拡大することができます。

INSグローバルのようなEORは、グローバルな戦略的タレントマネジメントと複数国にまたがるチームを合理化し、一元化します。

完全に統合された戦略的タレントマネジメントが御社のグローバルな目標にどのような効果をもたらすか、今すぐ弊社の専門アドバイザーチームにご相談ください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF