独立性を受け入れる: 2023 年フリーランサーを完全に雇用す
LOGIN

独立性を受け入れる: 2023 年フリーランサーを完全に雇用する

独立性を受け入れる: 2023 年フリーランサーを完全に雇用する

7月 24, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. フリーランサー、コンサルタント、またはギグワーカーを雇用することは、新規市場にサービスを迅速に提供する完璧な方法となり得ます
  2. 適切なギグ ワーカーを雇用すると、新しい地域リソースやネットワークへのアクセスが可能になり、短期的にはコストが削減されます。
  3. フリーランサーを雇用する場合は、誤分類エラーやその他のコンプライアンス問題を避けるために注意してください
まとめ

人材紹介業界の専門家によると、ギグエコノミーはこのまま続くだけでなく、繁栄し、成長し続けていきます。 場合によっては、従来の雇用主と従業員の関係を追い越すことさえ予測されています。 世界銀行によると、現在世界の労働力の 47% を占めているフリーランサーの雇用は、拡大戦略として人気です。

ただし、フリーランサー、独立請負業者、またはコンサルタントを雇用する場合は、リスクと考慮事項を覚えておくことが重要です。 適応力のあるビジネスにとってギグ エコノミーから得られるものはたくさんありますが、飛び込みを検討している人は誰でも自問する必要があります。「準備はできているか?」と。

非伝統的な企業構造への移行を理解する

ギグエコノミーは、高レベルのコンサルタントから臨時の臨時請負業者に至るまで、さまざまな種類の労働者の緩やかなグループであり、プロジェクトごとに専門スキルやコスト効率の高い労働力を世界中の企業に提供します。

リモートワークもそうですが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる職場文化への影響の長期化、そして伝統的な雇用関係に対する全体的な信頼の喪失により、労働者と企業は非伝統的な労働関係とフリーランサーの雇用の利点を驚くべき率で認識されつつあります。

ある意味、これは関係者全員にとって簡単な選択のように思えます。 従業員からフリーランサーになった人は、自分の時間を設定し、興味のある仕事を追求し、職場文化から距離を置き、日常生活とキャリアをより細かくコントロールできます。

フリーランサーを利用している企業は、訓練を受けていないフルタイム従業員を雇用したり、彼らがもたらす余分な責任を負ったりすることなく、特定の問題に対処する専門家を自由に探すことができます。

ギグワーカーへの移行

これは世界中で起こっており、ギグエコノミーの新星の一人であるFiverr氏は、特に景気後退の時期には、大多数の経営者がフリーランサーの雇用に目を向けると予測しています。

フリーランサーの台頭予測に関しては、それほど明確な状況ではないかもしれない。 確かに世界の労働力の 47% が自営業者ですが、これは 1999 年の現代最高の 55% から大幅に減少しています。

むしろ、こうした労働力の傾向は国レベルおよび地域レベルでより明らかになっています。 世界銀行によると、発展途上市場では人件費が安いため、より多くの企業がフリーランサーの雇用に目を向けており、自営業者の割合が増加する可能性が高いとのことです。

世界中の企業がこれまで以上に多くの国からのフリーランサーの雇用に興味を持っていると言ったほうが良いかもしれません。 ある意味、これは先進国の現在競争が激しい雇用市場を回避することを目的としたグローバリゼーションの次の波であります。 しかし、これらの企業は国際的な雇用の影響にどれだけ対処する準備ができているのでしょうか? そしてなぜ特にフリーランサーが海外で求められているのでしょうか?

2023 年人材紹介会社にとってのフリーランス、コンサルタント、ギグワーク採用の魅力

フリーランサー、特に発展途上市場のフリーランサーを雇用することは、有期雇用契約の複雑さを伴うことなく、有能な労働者を定められた期間だけ雇用する簡単な方法となります。 独立請負契約の企業間契約の特徴によるもので、フリーランサーは、事業を展開する国の現地法人組織がなくても、世界中で雇用することができます。

現代のテクノロジーのおかげで、人件費がはるかに低い国の人々との効率的な協力関係を妨げるものは少なくなりました。

その結果、雇用者、フリーランサー、請負業者、コンサルタントにとっては多くのメリットがあります。 以下に、海外でフリーランサーを雇用する際の最も一般的な 5 つの利点 (および最大の懸念事項 5 つ) のリストをまとめました。

非伝統的な勤務形態の利点は

柔軟性と拡張性

請負業者、フリーランサー、コンサルタントを雇用することで、企業は変化するワークロードやプロジェクトの需要に迅速に適応できます。 特定のプロジェクトやタスクのために専門家を派遣することができ、多額の投資を必要とせずに地元市場に迅速に紹介するには国際的な請負業者が最適です。

これにより、企業は長期的な雇用やフルタイム従業員に伴う諸経費を支払うことなく、必要に応じて従業員を拡大または縮小することができます。

専門的なスキルと専門知識へのアクセス

請負業者、フリーランサー、コンサルタントは、それぞれの分野で長年働いて得た高度な専門性と専門知識を持ち込むことがよくあります。 さらに、多くの場合、トレーニングが必要ないため、管理時間を節約できます。

フリーランサーと協力することで、企業は特定のスキルを活用し、業界の最新トレンドや業界水準を経験豊富な専門家から学ぶことができます。

短期的な費用対効果

請負業者、フリーランサー、コンサルタントを雇うことは、フルタイムの従業員とは異なり、通常、プロジェクト単位または時間単位で給与が支払われるため、費用対効果の高い解決策となります。 これにより、福利厚生、保険、オフィススペースなどの追加コストが不要になります。

これらの経費を回避することで、多くの場合、企業は諸経費を大幅に削減し、成長要件により多くの支出を充てることができます。

コアコンピテンシーへの重点の強化

採用時にスキルが重視される傾向にあるため、請負業者、フリーランサー、コンサルタントを雇用することで、企業はコア コンピテンシーや戦略的取り組みに集中できるようになります。

リソースをより効率的に割り当てることができ、主要な担当者が価値の高い活動や中核的なビジネス目標に集中できるようになります。

新鮮な視点とイノベーション

請負業者、フリーランサー、コンサルタントは、既存のチームに参加することで、新鮮な視点や新しいアイデアをテーブルにもたらします。 さまざまな業界やクライアントとの関わりにより、貴重な洞察と革新的な問題解決が得られます。

請負業者は、さまざまな経験や視点を持ち込み、既存の規範に挑戦し、創造的思考を奨励することで、行き詰まったチームに変革をもたらすことができます。

自営業者を雇用する企業の課題と考慮事項

統合とコミュニケーション

請負業者、フリーランサー、コンサルタントは会社の外部にいます。実際、多くの国では、会社が彼らを扱う方法に厳しい制限があります。 たとえば、機密情報を保持している企業は、フリーランサーを雇用する場合、特別な警備員を配置する必要があるかもしれません。 これにより、効果的なコミュニケーションという点で課題が生じる可能性があります。

必要なプロジェクトの詳細とコンテキストを提供することと同様に、早い段階で明確なコミュニケーションを確立することが重要です。 協力的な環境を標準として促進することで、全員が同じ認識を持ち、共通の目標に向かって取り組むことができます。

成果物の管理

グローバル展開の専門家、Wei Hsu 氏は、「フリーランサーを雇用する際には、明確な期待値を設定し、成果物を定義することが不可欠です。フリーランサーに対する管理権限がないため、プロジェクトの範囲、タイムライン、マイルストーン、期待される成果の概要を明確に示すことが重要です。」と述べています。

期待がずれていると、遅延や満足度の問題が発生する可能性があります。 重要なことはすべて請負業者の作業契約書に明確に書き込む必要があり、定期的なコミュニケーション、進捗状況の追跡、ステータスの更新は、これらの課題を軽減するのに役立ちます。

国際法遵守に関する考慮事項

請負業者、フリーランサー、コンサルタントを雇用するには、法的およびコンプライアンスの考慮が必要です。 特に国際的に活動する場合、企業は契約合意、納税義務、知的財産権の規制について慎重でなければなりません。

関連する法律を常に遵守し、必要に応じて法律および人事の専門家に相談する必要があります。 適切なサポートにより、法的リスクが軽減され、誤分類エラーを回避するために適切な文書化と契約が確実に整備されます。

品質管理とパフォーマンス管理

外部エージェント、請負業者、フリーランサー、コンサルタントは、仕事の品質を確保するためにさまざまな種類の監督を必要とする場合があります。 これは、経験豊富なフリーランサーや高度な専門知識を持つフリーランサーを雇用する場合に特に困難になる可能性があります。 理想的には、彼のプロセスは採用段階でリファレンスチェックから始まるべきです。

早期に導入すれば、進捗状況を監視し、定期的なレビューやチェックポイントを実施する方法を確立することで、品質管理の維持に役立ちます。

文化的な適合性と調整

請負業者、フリーランサー、コンサルタントは、特に海外で雇用する場合、正社員と同じように会社の文化、労働環境、価値観、内部プロセスに触れることができない可能性があります。 採用プロセス中に文化的適合性を評価し、従業員の仕事を会社のビジョンや目標に合わせる方法について明確なガイドラインを提供することが重要である場合があります。

定期的なフィードバックはギャップを埋め、コラボレーションを促進するのに役立ちますが、このコミュニケーションがどのように共有されるかには注意してください。

フリーランサー、請負業者、コンサルタントの採用をグローバル採用戦略にうまく統合できる 4 つの方法: INS グローバらうのグローバル採用担当責任者 Jeida Boussenina からの重要なヒント

雇用のニーズを判断する

実際に探している人は、さまざまな要因によって決まります。新規市場に長期的な機会があるかどうかまだ確信が持てない場合は、新規市場での事業運営に請負業者を利用したほうが大きなメリットが得られる可能性があります。

採用スタッフが、フリーランサーを雇用する部門の責任者やチームのリーダーと明確かつ継続的なコミュニケーションを取れるようにしてください。 また、プロアクティブな採用戦略では、長期的な視点で検討したり、実際にはまだ存在していないポジションやプロジェクトを採用したりする必要がある可能性があることを考慮してください。

ギグワーカーのための現地の管理慣行について学びましょう

ラインマネージャーと人事スタッフに、独立請負業者のステータスを持つ労働者と協力する際の制限についての知識を提供します。 これには、自分の時間をコントロールしたり、プロジェクトを強制的に引き受けたりすることはできないことを従業員に理解させることが含まれる場合があります。

従業員を配置する場所に応じて、税金、支払いオプション、福利厚生の観点からオプションを検討する必要もあります。 プロジェクトが限られた予算で進行している場合、または雇用税や労働災害補償コストが特に高い国で働く予定がある場合は、従業員とフリーランサーの雇用がどのくらい必要かを再考する必要があるかもしれません。

専用の関連性の高い求人掲示板に投稿し、事前に人材プールを構築しましょう

特殊なスキルや労働条件のため、フリーランサーやギグワーカーを雇用する場合、標準的な求人サイトは最適な検索方法ではない可能性があります。 各国には、従業員向けに構築されたサイトやサービスに加えて、請負業者向けに特別に構築されたサイトやサービスが多数存在します。 時間を節約するために、自分で調査するか、地元の専門知識を持つサービスプロバイダーを見つけて正しい方向を示してください。

将来のプロジェクトのために請負業者の詳細を記録しておいてもよいかどうか、遠慮せずに尋ねてください。 従業員よりもさらに重要なのは、請負業者は現在取り組んでいるプロジェクトには適していないかもしれませんが、後で完璧になっていく可能性があります。

厳選する – ギグワーカーに特化した採用プロセスと評価を作成する

標準的な採用プロセスは、ギグワーカーの検索にはあまり適していない可能性があります。 請負業者やコンサルタントは特定のプロジェクトに使用されたり、チームに特定のスキルをもたらしたりするため、検索と採用のプロセスは他の何よりもこれらのニーズに重点を置く必要があります。

従業員が企業文化に適合するかどうかを確認するなど、採用活動の基本的な要素のいくつかは、請負業者との距離や独立性を考慮して不必要になる可能性があります。

INS グローバル が世界中の独立請負業者、雇用フリーランサー、コンサルタントとのビジネスの連携をどのように支援できるか

INSグローバルは、15 年以上にわたり、さまざまな大陸や業界のあらゆる規模の企業に HR ソリューションと事業拡大のサポートを提供してきました。

フリーランサーや従業員の雇用、採用、給与計算、PEOサービス、EOR サービス、およびすべてのターゲット市場での請求書発行を支援します。 私たちは、世界展開をうまく進めるために何が必要かを知っているため、世界中の企業が事業を展開し、迅速、効果的、安全に新市場に参入できるよう支援します。

戦略的に世界中に拠点を置く弊社の採用担当者は、あらゆる基準を遵守し、あらゆる業界水準を取り入れ、グローバル採用のあらゆる面を合理化するために必要な経験と現地の理解を持っています。

今すぐ INS グローバルに連絡していただき、採用のニーズについて話し合い、グローバル プロジェクトを前進させてください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

EORを通じて複数国にまたがる労働者を雇用し、給与を支払うことは非常に効率的であります。ただ、適切なグローバルEORプロバイダーを見つける必要でsy。
テクノロジー業界が進化するにつれて、柔軟で革新的なテクノロジー採用ソリューションの必要性がますます重要になっています.
請負業者と従業員を雇用するということは、労働者の権利、義務、保護、福利厚生に関して雇用主としての責任を理解することを意味します。

DOWNLOAD THE PDF