タイトル

マスター・アンロック・ジャパン 2024年の技能ビザの拡大

マスター・アンロック・ジャパン 2024年の技能ビザの拡大

11月 9, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 「特定技能外国人」のステータスは、外国人に日本での雇用機会を増やすために設立されました
  2. 歴史的に、タイプ 2 ビザの取得は、基本的な要件があるため困難でした
  3. 日本政府は、タイプ 2 技能ビザの対象となる 9 つの従来の「ブルーカラー」産業の追加を承認し、無制限の滞在と扶養家族の同伴を可能にしました
まとめ

高齢化が進む日本は、すでに世界的な人材不足に直面している地元市場の需要を満たすために、他国以上に苦闘しています。迫り来る問題に対処するため、日本は、グローバルな人材をよりよく活用することを目指し、2024年に外国人労働者向けの特定技能ビザプログラムを徹底的に拡大することを発表しました。

この措置は、日本のイノベーションへの取り組みを示すだけでなく、世界中の有能な労働者に新たな機会を創出するものでもあります。ここでは、日本の技能ビザプログラムの延長について考慮すべき重要な点を概説し、これが世界の人材事情にどのような影響を及ぼすかについて述べます。

特定技能ビザとは?

「特定技能労働者」(SSW)という在留資格は、外国人に日本での雇用の可能性を広げるために設けられました。この就労ビザ・プログラムは、日本に入国して長期滞在し、現地の労働者と同様の特典を享受する方法を提供するものです。

在留資格「特定技能」には「1種」と「2種」があり、それぞれ待遇が異なります:

タイプ1 SSW

このカテゴリーは、労働力不足が認識されているより多くの分野において、特定の知識や専門技術を有する労働者を対象としています。

第1種技能ビザを持つ労働者は最長5年間日本に滞在することができます。このビザは更新可能ではなく、扶養家族を入国させることはできません。

第2種SSW

この在留資格は元来、実地訓練を通じて日本で一定の技能を習得した者のみを対象としていました。

現地で訓練された労働者を想定していたため、SSWタイプ2ビザはSSWタイプ1ビザと同レベルの資格を必要とせず、より早く取得することが可能でした。

SSW Type 1とType 2の主な違いは、日本での滞在期間や家族を呼び寄せることができるなどの利点です。

タイプ2ビザ保持者は、無期限に滞在できる可能性があるため、非常に珍重されます。

歴史的に、タイプ2ビザの取得は、その基本的な要件から困難でした。SSWのタイプ1ビザに比べ、語学試験と技術試験はかなり難しいものです。

また、このビザは非常に限られた業種の労働者に限定されていたため、ビザ保持者の数にも顕著な相違があります。日本の入国管理局によると、2022年に第2種ビザを取得した人はほんの一握りであったが、第1種ビザを取得した人は15万人以上でした。

2024年における日本の技能ビザ制度の変更

労働力不足への対応がますます困難になっていることを踏まえ、日本の労働専門家は、SSW第2種ビザを拡大し、新たな保有者の大量流入を可能にすべきだと提言した。

その結果、日本政府は、第2種技能ビザの対象業種に、伝統的に「ブルーカラー」であった9業種を追加することを承認した。

これらの業種は以下の通りである:

– ビル管理

– 産業機械

– 電気

– 電子・情報

– 自動車修理・整備

– 航空

– 宿泊施設

– 農業

– 漁業・養殖業

– 食品・飲料製造

– フードサービス

政府はまた、申請手続きを合理化・簡素化し、資格を失うことなく保有者の変更を容易にすることを約束しています。

日本は、申請要件を緩和し、資格基準を拡大することで、有能な労働者を幅広く受け入れることを期待しています。

技能ビザ拡大の主なハイライト: 申請者にとっての潜在的メリット

包括的な資格基準

今回の拡大で最も注目すべき点のひとつは、参加資格基準に対する包括的なアプローチです。このプログラムでは、より幅広いスキルや資格に対応できるようになり、さまざまな業界や経歴の専門家が日本でチャンスを見つけられるようになりました。

 

ビザ期間の延長

日本の成長に貢献しようとする専門家は、ビザ期間の延長の恩恵を受け、家族と一緒に無期限に滞在できる可能性があります。

合理化された申請プロセス

合理化された手続きは、申請者の事務的負担を軽減するだけでなく、日本の労働力に加わることを熱望する熟練した専門家にとって、より迅速でわかりやすい道となります。

永住権への道

技能ビザの拡大は、技能労働者の永住権へのスムーズな移行を重視し、日本に根を下ろし、国の長期的発展に貢献する場所とします。

日本の国際競争力への影響

技能ビザ・プログラムを拡大することで、日本は人口動態上の課題を回避し、グローバルな人材を惹きつける国としての地位を確立することを目指しています。

新しい日本技能ビザを取得するために、御社はどのようなお手伝いができるでしょうか?申請システムの概要

ステップ1 – 申請者が日本の技能労働ビザの前提条件を満たしているか確認します。

日本の熟練労働ビザを取得するための最初の要件は、申請者の業種に基づいています。覚えておくべき重要なポイントは、申請者は常に同じような性質の雇用に対して日本人と同額の給与を受けなければならないということです。

在留資格が確認されたら、次のステップは、日本での就労が日本技能労働ビザ保持者に許可されている活動に適合しているかどうかを確認することです。

ステップ2 – 日本の技能労働ビザ申請に必要な書類を揃える。

これらの書類は以下の通りです:

– 申請書

– 健康診断書

– 年金、健康保険料、税金に関する書類

– 関連する試験に合格したことを証明する書類

– 履歴書

ステップ3 – 在留資格認定証明書交付申請書を地方入国管理局に提出します。

この時点で、新しい簡素化された手続きの下では、1ヶ月程度待つ必要が出てくるかもしれません。

ステップ4-次に、技能実習生として日本の在留資格を申請します。

申請者の次の段階は、技能労働ビザの雇用証明書(COU)を技能労働「在留資格」(しばしば「SOR」と略されます)に切り替えることです。

この手続きは、日本国内の入国管理局、または海外の日本大使館や領事館で行うことができます。

この手続きには、日本国内の企業と合法的な雇用契約を結んでいることが必要であり、雇用主が日本国内に法人を持っているか、日本国内の適格なEORを通して就労していることが求められます。

2024年に日本の熟練労働者ビザ制度がさらに変更される可能性

在日外国人の技能ビザ取得を簡素化するEORパートナーの役割

EORは、日本における労働者の法的雇用主としての役割を担うことで、日本での技能ビザ取得手続きを大幅に簡素化することができます。これにより、EORはビザ申請や就労に必要なすべての法的手続きを行うことができます。

INSグローバルのようなEORは、現地の規制慣行やビジネス慣行に精通した法律およびビジネスの専門家チームを雇用しているため、御社の従業員がコンプライアンスエラーの危険にさらされることはありません。また、日本で雇用することで、現地法人を設立して社内で従業員を雇用するのにかかる時間の何分の一かの時間で事業を立ち上げることができます。

EORは、給与計算、税務コンプライアンス、福利厚生の管理など、日本で必要とされるすべての管理業務を行うことができ、外国人従業員のスムーズな入社プロセスを促進します。

さらに、EORは、変化する現地の規則に関する深い知識を提供することで、SSW技能ビザで外国人労働者を雇用することに関連する長期的な法的リスクやコンプライアンス・リスクの軽減を支援することができます。

政府は2024年までに、熟練ブルーカラー労働者向けの「運輸ドライバー」SSW技能ビザ・カテゴリーを追加導入する予定であるようです。これは主に、トラック、バス、タクシーの運転手不足に対処するためのものです。

日本政府はまた、外国人留学生の日本での卒業後の雇用を増やすためのロードマップを示し、海外のエリート大学の卒業生を対象とする国内の教育機関にビザプログラムを拡大する意向を示しました。政府は2033年までに50万人の留学生を日本で受け入れ、彼らの社会進出を促進することを望んでいます。

このような努力は、日本の労働問題の全容を認識したことを示すものであり、今後数年間でさらなる変化が予想されます。

INSグローバル: 2024年以降の日本進出をお手伝いします

日本の技能ビザプログラムの拡大は、日本がより独創的でグローバルにつながる国になるという目標に向けた重要な一歩です。世界各国から優秀な人材がこの制度拡充のチャンスを利用することで、日本はより多様な労働力から知識や視点を得ることができるでしょう。

INSグローバルは、企業の日本進出や海外進出を支援する先駆者です。私たちの経験と現地の法律に関する知識は、海外進出をより簡単で安全なものにします。

私たちは、パートナーの皆様の個々のニーズに焦点を当て、皆様の目標や長期的なグローバルビジョンに沿ったオーダーメイドのソリューションを提供します。お客様が多国籍企業であれ、成長中の新興企業であれ、私たちは一般的な課題にも特異な課題にもお答えします。

日本が技能ビザの拡大でグローバルな協力関係の新時代を迎えようとしている今、INSグローバルは国際的な成長の複雑さを乗り切るためのパートナーになる準備ができています。コンプライアンスと成功をお約束する専門家チームを擁するINSグローバルは、2024年以降の日本市場へのシームレスな参入に必要な味方です。

詳しくは、経験豊富なグローバル展開アドバイザーのチームにお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF