%タイトル%

2023 年に最も強力な世界市場に拡大

2023 年に最も強力な世界市場に拡大

5月 1, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. GDPに占める割合は数千年にわたって世界的に変動している
  2. 最近の地政学的変化とパンデミックは、世界市場間の権力配分に大きな影響を与えています
  3. 拡大の準備ができているということは、世界中で雇用の準備ができていることを意味し、雇用代行業者サービスが役立ちます
まとめ

歴史の長い期間にわたって、世界市場間の国内総生産 (GDP) の分布の変化は、ほとんど微妙なものでした。 しかし、現代世界は変化し、私たちは大きな変化を目の当たりにしてきました。

2000 間年は、どの国、地域、経済を見るにも長い時間スケールです。 何世紀にもわたって、ローマ帝国は、西暦 117 年頃に、規模、住民、生産高 (今日、GDP と呼ばれるもの) の点でピークに近づきました。

古代世界最大の帝国の 1 つであるローマ帝国は、5,000 万から 9,000 万の住民を擁していました。 これは世界人口の約20%に相当します。 その範囲は約500万平方キロメートル(約200万マイル)で、時には北アフリカからイギリス、そして東は小アジアにまで広がっていました。 ローマは経済的にも地理的にも世界を支配する大国でした。

現在、非常に多くの企業が、中国やインドなど、長年にわたって世界の GDP の大きなシェアを占めてきた主要な世界市場での拡大に注力しています。 一般的に新興市場と呼ばれるものは、過去の記録を振り返ると再新興市場と呼ばれることもあります。 しかし、最近の出来事により状況は依然複雑になっている。

古いものは新しい: 世界市場間での国際 GDP の再バランス

今日、企業が開発を検討する場合、多くの場合、高成長市場への拡大が最優先事項となります。 新しいテクノロジーの登場により、中小企業(SME)も次のステップを海外に目を向けることができるようになりました。 実際、ますます統合化が進む世界で競争するには企業の拡大が必要不可欠になることがよくあります。

世界銀行によると、現在の変化と新型コロナウイルス感染症パンデミックによる国際市場への継続的な影響にもかかわらず、世界的な事業拡大は広範囲に及んでおり、世界のGDPに占める最大のシェアを持つ国々でより急速に成長しているという。

の記事では、世界展開における現在のマクロトレンドを考察し、特に有用な解決策の 1 つを探ります。 これは、拡大戦略を最大限に活用したいと考えている企業にとって特に役立ちます。

GDP が世界市場を変える (Visual Capitalist)

元の出典は Visual Capitalist によるもの

世界市場のマクロトレンドの変化への適応

それは企業の進化の自然な一部分です。 当初の市場を超えて海外にも進出する。 幸運にもこの飛躍を遂げた企業にとって、国際的な拡大に伴う複雑さは、将来の計画を左右する可能性があります。

マクロトレンドは、単一の支配的な世界経済の時代が終わったことを示す兆候を示しているようです。 むしろ、今後は多くの小規模市場にチャンスが豊富にあります。 リモートワークの台頭と分散型サプライチェーンについて学んだ教訓により、企業は世界的な旅の次のステップとして、単に米国や中国ではなく、さまざまな市場に目を向けることができます。

通常、拡大に最適な市場とは、プラス成長が続いている市場を指します。 これは、それが新興市場であっても、長期安定性の高い市場であっても当てはまります。 ただし、事業を展開したい地域や国に合わせて調整する必要があります。

社内的には、この展開により、企業のマーケティング戦略と目標の再考が必要になる場合があります。 また、新規市場、言語、顧客のニーズに合ったスキルを備えた新しい人材が必要になる場合もあります。 対外的には、海外の市場や産業の形態により適合する新しい企業構造を検討する必要もあるかもしれません。

変化から安全な国や地域はなく、企業は適応し、既存の顧客ベースの先を見据える準備ができていなければなりません。 つまり企業は、慣れ親しんだ場所から撤退するか、あるいは新たなニッチ市場での勝利を目指す準備をしなければならない場合があります。

この明らかな一例は、ウクライナとの間で始まった戦争により、潜在的な拡大市場としてのロシアの立場が損なわれたことである。 ロシアは海外投資、ビジネス、GDPにおいて大きな損失を被った。 おそらく、戦争の結果に関係なく、すぐに大国として戻ることはないだろう。

世界的なトレンドによる変化に関係なく、ターゲット市場に適切なサポートを提供することが、スムーズな着陸を確実にする最も迅速かつ簡単な方法となります。

2023年の世界最大市場の動向(GDPベース)

中国

中国における新型コロナウイルス感染症の蔓延を制御する試みは、厳格なルールのもとで行われた。 しかし、これらは外国企業や世界市場との継続的なビジネス関係に大きな障害を生み出しました。 規制が緩和された今、中国は経済活動の再開に熱心であり、多くの予測では2023年の中国の成長が予測されている。しかし、長期的にはまだ多くのことが残されている。

中国の製造業受注だけでも、2022年には40%減少した。これは、世界のGDPにおける歴史的な優位性を取り戻そうとしている国にとって、巨額の損失である。 さらに、多くの大企業が中国から積極的に撤退し、他の場所に事業を移転しています。

今後数年間、中国は世界市場の潜在的なビジネスのかなりの部分を保持し続ける可能性が高いと思われます。 しかし、先進的な企業は事業拡大の方向をベトナムなどの東南アジアの近隣諸国に変更しつつあります。

しかし、これにより、今から中国に参入し、残っているものを最大限に活用したいと考えている企業にとっては、チャンスが残されています。 簡単に言えば、長引く新型コロナウイルス感染症とその余波により状況が毎週変化する中、この歴史ある大国の将来を確実に予測するのは時期尚早だということだ。

インド

インドは、今後数年間で中国に代わる世界最大の市場となる有力な選択肢と考えられており、十分な教育を受けた労働力を擁する大国を探している国際企業にとって、最高の機会となる。

推定では、世界の製造業と鉱業の成長鈍化もあり、2023年のインドのGDP成長率は7%となり、2022年から若干低下するとみられている。

同時に、インドのテクノロジーセクターは驚くべき速度で成長し、現在ではシリコンバレーのライバルとして肩を並べています。 同国は、ハイテク分野における中国のライバルとしての地位を強調するために、データ保護とデジタルセキュリティ規制を合理化することを目指している。 しかし、将来的にはインドはナイジェリアなどの他の新興市場との最大の競争に直面することになるだろう。

日本

かつては「アジアの虎」の中で最も偉大な国であった日本は、近年、人口統計と近隣諸国との競争の問題の組み合わせに苦しんでいる。

新型コロナウイルス感染症は日本に大きな打撃を与え、エネルギーとインフレを巡る世界的な問題により、日本は成長に苦戦し続けるだろう。

そうは言っても、歴史的に安定した経済を誇る日本では、現在のインフレ率は米国やEUよりも低い。 さらに、世界の他の国々が苦戦する中、労働者の賃金と女性の経済力に関するこの国の変化が成長の再開に何らかの形で役立つ可能性があるという兆候も見られる。

日本は高齢化が進むにつれ、長期的にはさらなる問題に直面する可能性が高い。 しかし、いくつかの主要産業には安定した成長の可能性が残されており、今後も熟練した若者の需要が高まるのは明らかです。

EU

世界の問題の多くによって最も大きな影響を受けると予測されているため、2023 年の EU の GDP 成長は可能性が低そうです。 すでに、ユーロ圏では今後1年間で0.5%に低下すると予想されている。

新型コロナウイルス感染症から驚くほど力強く回復した後、EUは経済的に減速する見通しだ。 しかし、これに対抗するためにEU諸国は経済活性化に向けた動きを見せており、EU自体も長期的な展望を築くために2023年に「技能の年」を発表した。これにより構築されるスキルの種類は、今後最先端のテクノロジーやアイデアから恩恵を受けようとしている国際企業にとって最適なはずです。

EUに関わる問題の多くは、ロシアのウクライナ戦争の結果に左右されるだろう。 2023年に紛争がすぐに終結しない可能性があるため、EU諸国が巨額の投資(135億ユーロに及ぶ)を世界市場に投入することで、今後はエネルギー産業の面でより安定した状態に戻る可能性が高い。

アメリカ

一般に、米国が 20 世紀半ばの世界経済における支配的な地位に戻るとは考えにくい。 一般に、2023 年の景気後退と全体的な財需要の鈍化が予想されるため、GDP 成長率は 0.5 ~ 1% にとどまる可能性が高いと思われます。

しかし、製造業の成長など一部の産業の最近の復帰や隣国メキシコの成長は、米国が今後恩恵を受ける可能性があることを意味している。 スキルやテクノロジーへの適切な投資により、同国はパンデミック後の「経済リセット」を最大限に活用できる可能性がある。

国際展開に典型的に関連する 5 つの一般的な問題

適切なチームのリクルートと採用

グローバルな人材プールが大きいということは、財務面だけで考えると、ローカルな人材採用リソースに比べて大きな利点となります。 海外の雇用主は、母国で必要とされる給与の数分の一で、必要な特定のスキルを備えたより多様なチームメンバーにアクセスできるようになります。

他のタイムゾーンにチームメンバーがいるなど、国際的な採用には利点がありますが、追加される課題も忘れてはいけません。 潜在的に対照的な職場文化の統合、物理的に同じ場所にいなくての採用、近接バイアスなどの一般的な仕事上の問題の回避はすべて、採用プロセスの拡大に組み込む必要があります。

これらの問題は、世界的な人材プールの複雑さに慣れている専門家を雇うことによって最よく管理されます。 適切な専門家は、不慣れな市場からの候補者を検討する際に、多国籍企業にアドバイスを提供することができます。

複数国の給与計算の管理

国際企業が海外で従業員を雇用および管理する際に直面するさまざまな支払いオプション、規制、要件は、世界展開における最大の課題の 1 つとしてよく挙げられます。 今後数年以内に、この課題を克服するために企業が給与計算サービスに費やす金額は大幅に増加すると予想されます。

些細な支払いミスが大きな問題を引き起こす可能性があり、税金や雇用主の社会保障負担金などの複雑な問題を外国語で処理するには、新しく高いスキルが必要になる場合があります。

これらの要件をサードパーティのサービスプロバイダーにアウトソーシングすることによって、従業員の安全性と自信を高めながら、海外での給与計算に関連する最大の悩みの多くを取り除くことができます。

地域の業界標準と文化の違いへの適応

多くの場合、企業がグローバル市場について考えるとき、現地の言語、文化、商習慣は最後に考慮されます。 ただし、これらは通常、企業が直面する最初の問題の一部を表しています。

海外に新しい会社を設立する場合でも、現地の言語や職場の慣習に関する実用的な知識を持っていることが不可欠です。 たとえば、アジアでの拡大を目指す企業にとっては、ヒエラルキーへのアプローチの違いを乗り越えることが重要です。

これには、地元の市場セグメントをナビゲートするために、通常は地元のパートナーの形でのサポートが必要になります。 彼らの専門家は、ターゲット市場を定義し、それに応じて目標を適応させるのに役立ちます。 また国によっては、外国企業が行うことができる範囲に制限が設けられている場合もあります。 さらに、新規市場の専門家と提携することで、これまで予期していなかったリソースやネットワークへのアクセスが可能になり、企業は競争に勝る本質的な優位性を得ることができます。

規制遵守の徹底

新しい世界市場で事業を展開する方法を知るということは、さまざまな新しい法的および規制上の課題を回避する方法を知ることを意味します。 各国の労働法の間に存在する相違点が類似点を上回る可能性があります。

複数の国で事業を展開するということは、新しい法律や要件の変化の速度が倍増することも意味し、それらすべてに従って、表示どおりに適用する必要があります。 2022 年からのそのような例の 1 つとして、ドイツの通知法の変更があります。これは雇用主はすべての従業員に対して最新の契約情報を提供する必要があり、提供しないと違反 1 件につき 2,000 ユーロの罰金が科されることになるというものです。

責任ある雇用主であるということは、企業だけでなく従業員もどこでも安全に働けるように保護することを意味します。 法的および行政上の要件を常に把握することはその第一歩にすぎませんが、国際的な人事専門家と長期契約を結ぶことは、あらゆる市場で完全なコンプライアンスを確保するための迅速かつ簡単な方法となります。

導入遅延の回避策

母国で新しいビジネスを開くことは、それだけで十分難しい場合があります。 同じプロセスを海外に拡張すると、さまざまな新たな課題が追加されます。

対象市場によって、会社設立には平均して数週間から数か月かかる場合があります。 文書に間違いや不足があると、プロセスにさらに時間がかかり、時間がかかってしまうほど、会社が成長目標に取り組めない時間が長くなってしまいます。

その代わりに、PEO(習熟作業者派遣組織)サービスの利用など、設立の遅れを回避するため創意に富んだ方法を見つけた企業は、平均して7~9%早く成長し、従業員のセキュリティを強化したことにより離職率が10~14%減少することが研究でわかっています。

Global Employer of Record (雇用代行業者) とは何ですか?

雇用代行業者は、現地の企業体を必要とせずに雇用、運営、収益を可能にすることで、世界市場に拡大する最も迅速、安全、簡単な方法です。

規模の拡大や縮小、あるいは国間の移行のいずれであっても、優秀な従業員を維持する方法や、海外での事業運営に迅速に適応する方法を知ることは、多くの企業にとって、2023 年により前向きな市場に効率的に移行するのに役立ちます。

最も単純な形式では、雇用代行業者または 習熟作業者派遣組織とのパートナーシップにより、選択した市場の現地企業体に従業員を雇用または異動させることができます。 この現地パートナーは、お客様に代わって法的雇用のすべての責任を管理しますから、お客様は引き続き従業員の仕事の進め方をコントロールできます。

海外で新しい会社を設立するのに数か月かかる可能性がありますが、雇用代行業者サービスを使えば、わずか 48 時間で会社を立ち上げて稼働させることができます。 さらに、単一の月額料金で、人事のあらゆる面を単一の連絡窓口に合理化できるため、地元の専門家による給与計算、福利厚生、税務管理の恩恵を受けることができます。

INS グローバルがグローバル市場でのモビリティ保証とサポートをどのように提供するか

INS グローバルは 15 年以上にわたり、世界 100 か国以上で 雇用代行業者および習熟作業者派遣組織ソリューションの専門プロバイダーとして活動してきました。グローバル展開サービスに対する当社のテクノロジー主導のアプローチにより、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域、ラテンアメリカ 地域の成長目標とターゲット ユーザーを恐れることなく即座に追求できます。

当社は、世界中の現場の専門家チームによる問題解決への国際的なアプローチと、業界のリーダーおよび世界的な協力者としての数十年の経験から得られる現地化された知識と専門知識を融合させます。

INSグローバルは 24 時間年中無休のサポートを提供しているため、いつでも必要なガイダンスを得ることができます。 グローバルなビジネスと労働要件の変化を常に監視し、より広範な国際動向をフォローする法律専門家チームにより、当社はお客様とその従業員が世界市場から利益を得る最適な立場にあることを保証します。

INS グローバルの国際展開サービスからどのようなメリットが得られるかについては、今すぐ当社のグローバル モビリティ アドバイザーに相談してください。

 

 

 

 

 

世界市場におけるGDPの変化

INS グローバルがグローバル市場でのモビリティ保証とサポートをどのように提供するか

当社は、世界中の現場の専門家チームによる問題解決への国際的なアプローチと、業界のリーダーおよび世界的な協力者としての数十年の経験から得られる現地化された知識と専門知識を融合させます。

INS グローバル は 24 時間年中無休のサポートを提供しているため、いつでも必要なガイダンスを得ることができます。 グローバルなビジネスと労働要件の変化を常に監視し、より広範な国際動向をフォローする法律専門家チームにより、当社はお客様とその従業員が世界市場から利益を得る最適な立場にあることを保証します。

INS グローバルの国際展開サービスからどのようなメリットが得られるかについては、今すぐ当社のグローバル モビリティ アドバイザーに相談してください。

 

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください