タイトル

2024年、海外従業員への給与支払い方法: マスターガイド

2024年、海外従業員への給与支払い方法: マスターガイド

11月 26, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 海外の従業員に国内で支払うことを選択すると、迅速ではありますが、多くの場合、重大な罰金や罰則につながります
  2. 事業を展開している国の現地の給与計算機関または第三者と協力することで、現地の専門知識により、現地の規制に準拠できるようになります
  3. EORは、現地の組織を通じて海外の従業員の法的雇用主になることで機能し、海外で安全かつ効果的に働くために必要な日常的な人事および給与計算機能を提供します
まとめ

ビジネスを国際的に展開することは素晴らしい一歩ですが、そこには独自の課題が伴います。海外の従業員に給与を支払うときほど、その傾向が顕著になることはありません。国際的な給与や支払いの複雑さを理解し、うまく立ち回るのは大変なことですが、選択肢を検討し、適切なパートナーと協力することで、プロセスを合理化することができます。

このような場合、最もシンプルな解決策を取りたくなることもありますが、慎重に検討しなければ、国ごとに独自のアプローチが必要となるため、ミスが重大な手数料や罰則につながる可能性があります。そこで本ガイドでは、従業員への海外給与の支払い方法について様々な角度から検討し、それぞれのメリット・デメリットを掘り下げていきます。

INSのグローバル給与専門家に聞く、海外従業員への給与支払いに関する4つの選択肢

グローバル従業員を国内給与計算に含める

企業によっては、この問題を見送って、代わりに外国人従業員を国内の給与計算に含めることを選択するところもあります。これは短期的には給与管理を簡素化する一方で、現地の労働法に準拠していない可能性があり、また遠隔地の労働者であっても課税上の問題が生じる可能性があります。

一般的に、この方法は短期的なプロジェクトや、赴任した従業員が海外で収益活動を行わない場合にのみ考えられる選択肢であり、この方法によって自国から合法的に現地従業員や海外従業員に給与を支払うことができるようになるとは考えにくいです。

このオプションを長期的に使用すると、通貨の違いが支払いの正確性に影響したり、国内の最低賃金が事業展開国の最低賃金より高い場合、海外の従業員により多くの賃金を支払わなければならなかったり、従業員が税務上の居住期間を超過した場合、二重課税の対象となるなど、さまざまな潜在的問題が発生する可能性があります。

フリーランサーとしての海外勤務者への補償

海外の従業員に給与を支払う際の一つの方法として、彼らをフリーランサーとして扱うという方法があります。一見すると、多くの従業員コストを節約でき、独立請負契約書を作成するだけで手続きが簡素化されるため、非常に魅力的に見えるかもしれません。

しかし、この方法はスピードと柔軟性を提供する反面、法的・税務的に複雑な問題を引き起こす可能性があります。

この方法では、海外の従業員に契約社員として給与を支払っていたことが発覚した場合、企業は深刻なリスクにさらされる可能性があります。ナイキのような大企業でさえこの問題に陥り、2023年には労働者の分類を誤っていた可能性があるとして5億ドル以上の罰金に直面したことで知られています。

同時に、フリーランサーは通常、従来の雇用に付随する福利厚生や保護がないため、従業員の満足度や定着率に影響を与える可能性があります。

給与計算統合のための現地法人や 第三者との連携

国際給与計算サービスを選ぶ

国際給与計算サービスプロバイダーは、さまざまな国の海外従業員の支払いを一度に管理することを専門としています。これには様々な方法がありますが、一般的には、コンプライアンス、税務、通貨換算をすべて専門のプラットフォームを通じて行うサービスです。

しかし、コストやコミュニケーションミスの可能性は考慮すべき要素かもしれません。正確なコストやスタッフの入力は、国やニーズによって異なりますが、多くの場合、真に専門的なサービス・プロバイダーが給与計算の全機能を引き受け、全プロセスを処理することができます。

このような選択肢を検討する際には、雇用主としての責任がどのような影響を受けるかを理解す

事業展開する各国の給与計算機関や 第三者と協力することで、現地の専門知識を活用し、現地の規制を確実に順守することができます。しかし、他のサポートがなければ、このアプローチは複雑で、かなりの調整と監視が必要になる可能性があります。

この場合でも、従業員はその国で合法的に雇用される必要があるため、新たな企業体を設立する手間がかかるのが一般的です。

さらに問題なのは、このプロセスでミスをしたり、間違ったサービス・プロバイダーを信頼したりすると、データ保護法に従って深刻なデータ漏洩や罰金につながる可能性があることです。例えば、第三者プロバイダーの適切な保護が不十分だったために国際給与データが流出し、深刻な罰則を受けたブリティッシュ・エアウェイズの例があります。

グローバル給与計算パートナーとの連携で、海外従業員への給与支払いを3つの簡単なステップで解決

海外従業員への給与支払い時に包括的なソリューションを求める企業にとって、グローバル給与計算パートナーとの連携は、1つの保証されたサービスを通じてあらゆるニーズを満たす方法となります。そのプロセスには通常、以下のものが含まれます:

査定

このステップでは、対象となる国特有の法律や税制の考慮事項、国際的な給与計算パートナーの候補など、国際的な給与計算のニーズを評価します。

御社をサポートできる会社は数多くありますが、その会社のレビューを見たり、過去の顧客満足度をチェックしたりする時間は不可欠です。

導入

選択したグローバル給与計算パートナーと協力し、お客様独自のニーズに合ったプランを考えましょう。グローバル給与計算パートナーは、お客様のニーズを理解した上で、グローバルPEOまたはEORを通じて、シームレスな給与計算に必要なインフラを構築します。

継続的な管理

真にプロフェッショナルなグローバル給与計算パートナーであれば、規制の変更や規模拡大の問題に怯えることはありません。その代わり、国際給与計算のコンプライアンスと正確性を保証する継続的なサポートと継続的な微調整の恩恵を受けることができます。これにより、海外にいる従業員も安心して給与計算を行うことができ、満足度と生産性が向上します。

国際給与支払におけるグローバル給与計算パートナーの長所と短所

長所

コンプライアンス – グローバル給与計算パートナーは通常、国際労働法や税制に精通しているため、御社のコンプライアンスを維持することができます。また、最良のサービスプロバイダーは、御社と継続的に協力し、御社の事業運営に伴う法改正を注意深く監視するため、御社は問題なく規模を拡大したり、軸足を移すことができます。

効率性 – 効率化されたプロフェッショナルな品質プロセスと一元管理は、給与計算業務の効率化に貢献します。海外の従業員が複数の国で勤務している場合、給与計算のコストはすぐに手に負えなくなる可能性があります。そのため、経験豊富なアドバイザーが、国際的な事業展開の際によくある課題、また珍しい課題を克服するために必要なあらゆるソリューションを提供します。

時間とコストの削減 – 国際給与計算サービスでは、現地法人設立の必要性がなくなるため、市場投入までの時間を数週間から数ヶ月短縮できます。また、信頼できるパートナーは、法律や規制上の課題に関連するリスクの特定と回避をサポートします。

短所

コスト – グローバルな給与計算パートナーと契約する場合、追加コストが発生する可能性があります。サービスプロバイダーによっては、隠れた手数料や不明瞭な手数料が発生するリスクもあります。

依存性 – 外部のサポートに依存すると、給与計算プロセスを直接コントロールできなくなる可能性がある。近年、新しい給与計算サービス・プロバイダーが急増しているため、サービス・プロバイダーが潜在的な問題に対処するために必要な専門知識や経験を持っていない場合は、特に危険です。

国際的な給与計算を合理化し、保護するためにINS グローバルのEORを利用する理由とは?

INSグローバルのEORサービスは、国際的な給与計算の課題に対する包括的なソリューションを提供します。

EORは、現地の組織を通じて海外勤務者の法的雇用主となることで、海外勤務を安全かつ効果的に行うために必要な日々の人事・給与計算機能を提供します。つまり、国際的な会社設立に伴うコストや煩わしさを回避し、国内外すべての従業員が成長目標に集中できるようにするのです。

INSグローバルは、現地の専門スタッフを起用し、世界各地の一般的・非一般的な市場に現地ネットワークを構築しています。経験豊富な専門アドバイザーチームと最先端技術を駆使した給与計算ソリューションの組み合わせにより、オーダーメイドのワンストップサービスを提供することができます。

世界100カ国以上で15年以上にわたる多業種展開の経験を持つINSグローバルは、貴社を次のレベルへと導く、信頼できるEORサービスプロバイダーです。

国際的な給与や支払いの管理を心配することなく事業を拡大する方法については、今すぐ無料相談をご利用ください。

よくある質問

INSグローバルで国際給与が支払えるなら、海外の従業員も雇用できますか?

はい、INSグローバルのEORサービスでは、現地の法規制に完全に準拠しながら、海外従業員への給与や支払いを管理することができます。つまり、世界100カ国以上で、必要に応じて海外従業員の異動や雇用を行うことができます。

INSグローバルを通じて国際給与システムを構築するには、どのくらいの時間が必要ですか?

必要な時間は、雇用国や特定の規制要件などの要因によって異なります。INSグローバルは、お客様のビジネスニーズに合わせてプロセスを迅速化することを目標としており、海外給与や海外従業員への支払いは、最短1週間で立ち上げることができます。

INSグローバルを通して海外従業員への国際給与や支払いを行う場合、その従業員は私の指揮下に置かれますか?

INSグローバルが現地の法的および管理的な面をすべて引き受けますが、海外従業員の日々の業務や責任についてはお客様が完全に管理されます。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF