%タイトル%

今日の製薬およびバイオテクノロジーの採用トレンド 7 選

今日の製薬およびバイオテクノロジーの採用トレンド 7 選

10月 19, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

タグ

INS Global

著者

日にち

タグ

共有:

重要ポイント

  1. スペシャリストとジェネラリストのニーズの高まりにより、製薬およびバイオテクノロジーの採用競争はますます激化しています
  2. 特にパンデミックは、製薬およびバイオテクノロジーの安全性と臨床試験中のプロフェッショナリズムに関して新たな懸念をもたらしています
  3. さまざまな専門分野の橋渡しをし、学際的なチーム間で効果的に連携できるプロフェッショナルの需要は特に高い /li>
まとめ

製薬業界やバイオテクノロジー業界のダイナミックな世界では、人材の獲得で優位に立つことが最も重要です。 世界的な状況が進化するにつれて、製薬会社やバイオテクノロジーの採用トレンドも変化します。

2023年に製薬・バイオテクノロジー業界のプロフェッショナルを対象に行われた調査によると、インタビューに応じた人の67%が今後1年以内に転職を考えていることがわかりました。このことは、採用担当者にとってはチャンスであると同時に課題でもあります。採用担当者は、このような新しい人材にアクセスできる一方で、競合他社から人材を引き離す方法を革新する必要が出ています。

これらの分野の専門企業がライフ サイエンス採用の刻々と変化する環境に対処できるよう、INS グローバル採用専門家によるこれらの業界を形成する 7 つの主要なトレンドを紹介します。

新たな専門知識を必要とする遺伝子および細胞治療の成長

遺伝子治療と細胞治療の台頭は医学に革命をもたらしています。 2020 年には、この新興産業の価値は 2025 年までに推定 140 億ドルになると予測されました。その結果、この産業のニーズに応える数十の新しい施設が世界中で毎年発表され、多数の雇用をもたらしています。

その結果、研究者から製造専門家に至るまで、この分野の専門家の需要が急増しています。 企業は競争力を維持するために、これらの専門的な人材を引き付け、維持するために投資する必要が出てきています。

このような新しいテクノロジーには、最低スキルや資格要件がさらに厳しくなるため、バイオテクノロジーや製薬分野で人材を採用する企業は、要件と適切なインセンティブを組み合わせて、最高の人材を雇用できるようにする必要があります。 これらのインセンティブは、採用されるポジションの年功序列と、検索される市場の地元の業界水準に大きく依存します。 地元のアドバイザーのサポートを受けることは、あなたを正しい方向に導く上で非常に重要となっています。

新しいスペシャリストを採用することは、候補者が適切なレベルの資格を持っていることを確認するために、適切なチェックを採用プロセスに含める必要があることも意味します。これには、次に挙げる製薬・バイオテクノロジー業界の採用トレンドが有効です。

増えるAIと機械学習の応用

人工知能や機械学習(AIやML)は、創薬や臨床試験、データ分析において欠かせないツールとなっています。最近では、AIの能力を必要とする職種が年々増加しています。これは、これらのスキルが業界全体にもたらす効率化のメリットや、安全性やコスト削減の改善が認識されていることが主な理由であります。

これらのスキルは、一般的には関連性のない分野で需要の高いスキルであるため、AIやMLのスキルを持つプロフェッショナルを探している採用担当者は、他の多くの人材と競合し、注目を集めることになっています。AIやMLのスキルは、今日のライフサイエンス分野で必須であるだけでなく、採用プロセスそのものに組み込むことで、自社内または専門的なツールを利用できる人材紹介サービスを通じて、候補者の合理化やスクリーニングに役立てることもできます。

これらのスキルを活用することで、企業はより良い意思決定と革新のためにこれらのテクノロジーの可能性を活用することができるが、これらの専門家をバイオテクノロジーや製薬業界に惹きつけるためには、新しい考え方が必要になってくるでしょう。

スキル不足を補うための他のグローバル市場の利用

人材不足への対処はもはや地元市場に限定されません。 業界全体でスキル不足が認識されている中、製薬企業やバイオテクノロジー企業は、不足している人材の不足を埋めるために、世界中で人材探しを拡大しています。 ただし、複数の地域にまたがる世界的な法規制や地元の業界水準に対処するのは困難な場合があります。

海外採用は、特にバイオテクノロジーや製薬企業に大きなメリットをもたらします。人材プールを拡大し、はるかに多くの応募者を受け入れるという直接的な利点だけでなく、医療分野における多様性は、国際的な協力を促進し、グローバルな取り組みを推進するための完璧な方法です。

多くの企業にとって、これは、企業が将来的に事業を拡大したいと考えているさまざまな市場での経験を持つ、多言語を話す新入社員から恩恵を受けることを意味するかもしれません。 また、既存のチームの問題解決とグローバルな思考を促進するさまざまな新しい視点を提供することもできます。

長期柔軟な勤務体制の導入(人材の獲得とグローバルチームの構築のため)

一流の人材を惹きつけ、多様でグローバルなチームを構築するために、企業は長期にわたる柔軟な勤務形態を採用しています。 リモートワークのオプションと柔軟な勤務時間は、ワークライフバランスを改善し、採用枠を広げ、従業員の満足度を高め、長期的には休暇を減らすことが証明されています。

製薬会社やバイオテクノロジー業界で雇用する場合、リモートワークのオプションは、より優れた応募者を惹きつけ、世界の境界に関係なく人材へのアクセスを可能にする方法となり得ます。 ただし、そのためにはグローバルな労働環境の構築に関する新たな考え方が必要になります。

一部の企業はリモート勤務のオプションを克服する必要がある課題とみなしているかもしれませんが、先進的な採用担当者は、インセンティブの武器庫の新しいツールとしてリモート勤務のオプションを柔軟な勤務オプションと併用しています。

新しい世界市場に参入する際の規制遵守スキルの必要性

新しい国際市場への拡大は素晴らしい戦略的動きですが、複雑な規制環境のおかげで新たな課題が伴います。 バイオテクノロジーと製薬における規制遵守は、データ保護、新製品の安全性の確認、会社設立プロセスにおける法的措置、雇用の多様性などを含む多くの意味を持ちます。

特にパンデミックにより、臨床試験中の安全性と専門性に関する新たな懸念が人々の注目を集めています。 これは多くの業界の要件の非常に重要な面であるため、企業はスムーズな市場参入を確保するために国際的な規制の枠組みを乗り越えることに精通した専門家を雇用する義務があります。

採用担当者は現在、規制遵守に関する特定のスキルや経験を持つ応募者を探す必要に迫られています。多くの企業がニーズを満たすためにこれらのスキルをアウトソーシングしようとしていますが、採用プロセスにこれらのニーズを組み込むことで、企業は後の事業拡大時に直面する課題を軽減できます。

ゼネラリストに対する新たな需要

同時に、新しいテクノロジーや実践における特定のスキルを持つ人材の需要が高まっているため、ジェネラリストも引き続き必要とされています。 さまざまな専門分野の橋渡しをし、学際的なチーム間で効果的に連携できる専門家が求められています。 ただし、これは、製薬業界やバイオテクノロジー業界がより具体的になるにつれて、特に懸念されることです。

柔軟な問題解決スキルを持つジェネラリストは、進化する業界において非常に貴重な人材です。 これらのゼネラリストは特定の役割を担うのではなく、学際的なプロジェクトを推進したり、管理職を引き受けたりするために採用されることが多いため、採用担当者が彼らが何を求めているのかを知るのは難しい場合があります。 そのため、業界の知識と経験を持ち、採用担当者を適切な人材に導くことができる人材を採用プロセスに含めることがこれまで以上に重要になっています。

雇用主のブランディングがこれまで以上に重要になっている

今日の競争の激しい人材市場では、雇用主のブランディングが変革をもたらします。 適切なスキルと知識を持つ応募者に対する需要が非常に高いため、最も優れた人材を獲得できるかどうかは企業次第であり、これは潜在的な応募者にとって自社が適切な選択となるものを再考することを意味します。

目的意識を持った包括的で柔軟な働き方を優先する企業は、最高の人材を惹きつけており、雇用主ブランド、つまりEVP(雇用主価値提案)が従業員と会社との契約のプラスの部分であることを保証しています。 魅力的な雇用主ブランドは、採用と定着において長期的な成功への基盤を整えます。これは、あなたの会社が現代のニーズを理解し、従業員に満足を提供できることを潜在的な応募者に確実に理解させることを意味します。

優れた雇用主のブランディングに適切にアプローチするということは、従来の求人サイトや求人掲載方法を超えて、ソーシャル メディアなどの他の手段を利用し、応募者に積極的にアプローチすることを意味するかもしれません。 ただし、人事部門内の採用チームは、業界や場所に応じた適切な福利厚生を人材に約束し、その約束をきちんと遂行できるかどうかを確認する必要があります。

INSグローバル– 世界 100 か国以上での製薬およびバイオテクノロジー事業の拡大を支援します

この急速に進化する状況において、製薬およびバイオテクノロジーの採用が成功するかどうかは、変化するトレンドを受け入れるかどうかにかかっています。 信頼できる人材採用アウトソーシング サービス プロバイダーである INSグローバル は、海外採用の課題を解決し、ターゲット市場で入手可能な最高の人材を提供します。

製薬およびバイオテクノロジーの採用課題に取り組むときは、真にグローバルな人材紹介会社の専門知識とリソースを備えた、今日のテクノロジー先進の採用戦術で最高のものが必要です。 このため、時間をかけて御社固有の要件を理解する企業は、プロセス全体を通じて御社の側にいてくれる理想的なパートナーとなります。

世界 100 か国以上での INS グローバルの人材採用サービスを利用すると、ビジネスが現地法および国際法に完全に準拠していることを確認しながら、主要な拡大目標に集中できます。 これは、従業員を満足させ、保護するために必要なあらゆる人事サービスを提供するサービス プロミスのおかげです。 弊社は、グローバル展開アドバイザーのスキルと現地の知識、およびグローバル展開サポートにおける 15 年以上の経験を活用してこれを実現します。

優秀な人材の獲得競争で優位に進み、すべての業界水準を適用して、国際的な製薬およびバイオテクノロジーの採用と管理を合理化するために、今すぐお問い合わせください。

よくある質問

製薬およびバイオテクノロジー分野で雇用する際に直面する可能性のある主な問題は何ですか?

必要とされる特定の知識とスキル、厳格な規制基準、優秀な人材をめぐる世界的な競争のため、製薬およびバイオテクノロジー分野における人材獲得プロセスは困難な場合があります。 これらの課題を克服するには、これまで以上に人材採用の専門家の助けを求めることが最善の方法となり得ます。

製薬会社やバイオテクノロジー会社に最も優秀な応募者を入社させるにはどうすればよいでしょうか?

ビジネスの目標、価値観、イノベーションを強調する強力な雇用主ブランドまたは EVP の開発に投資することをお勧めします。 柔軟な労働条件、キャリアアップの可能性、従業員満足度への取り組みを示す魅力的な給与パッケージを提供します。

製薬およびバイオテクノロジーにおける現在の最大の採用トレンドは何ですか?

製薬・バイオテクノロジーの主な新たな採用トレンドには、遺伝子・細胞治療の成長、AIや機械学習の活用、人材のグローバル市場への参入、長期的で柔軟な勤務形態の推進などがある。これらの考え方はすべて、採用や従業員の定着戦略において新しい考え方を必要としています。

遺伝子治療および細胞治療の専門家を探す場合、どのようなリソースが利用できますか?

製薬およびバイオテクノロジーに特化した人材派遣会社は、隠れた人材を適切な場所で見つけるのに役立ちますが、自分の分野に特有のコンファレンスに参加したり、幅広いデジタル プラットフォームを使用して新しい人材に積極的にアプローチしたりすることもできます。

バイオテクノロジーおよび製薬分野で現在、どのようなポジションの需要が高いのでしょうか?

データサイエンティスト、規制専門家、臨床研究専門家、AI と ML の専門家は、現在非常に需要が高い職種の 1 つです。 ただし、バイオテクノロジー業界における最新の製薬およびバイオテクノロジーの採用傾向を知ることは、より良い採用への第一歩にすぎません。 また、必要なチームメンバーを選考する際には、短期的および長期的な目標についても考える必要があります。

採用戦略が国際法および現地法に準拠していることを確認するにはどうすればよいですか?

採用プロセス中に疑問がある場合は、弁護士に相談するか、市場の法的要件に精通した経験豊富な国際的な人材派遣会社と協力してください。 INSグローバルのような企業は、採用プロセス中およびそれ以降の法的遵守の保証に加えて、製薬およびバイオテクノロジーの買収戦略に関する最新のガイドラインを提供できます。

製薬業界やバイオテクノロジー業界の専門家と一緒にゼネラリストを雇用する利点は何ですか?

ゼネラリストは部門間のギャップを埋めるだけでなく、新しい角度から問題解決にアプローチしたり、概要を提供したりできます。 彼らは適応力と多用途性を備えているため、特に学際的なチームにおいて優れた資産となります。

新入社員を採用する際、企業のブランディングはどの程度重要ですか?

競争の激しい採用分野では、雇用主のポジティブなブランディングが不可欠です。 製薬業界やバイオテクノロジー業界の候補者は、自分の価値観を共有し、目的を重視した職場を提供してくれる雇用主を探すことがよくあります。 その結果、人々が働きたいと思うような雇用主ブランドを構築すれば、優秀な人材を引き付け、維持しやすくなります。

製薬会社やバイオテクノロジー企業は人材採用をアウトソーシングすることで利益を得ることができますか?

確かに、人事手続きに精通した専門会社に採用をアウトソーシングすれば、時間とリソースの節約につながります。 特に国際的な人材紹介会社のパートナーにより、製薬およびバイオテクノロジーの求職者が複数の国にまたがる大規模な人材プールにアクセスできるようになり、どこにいても業界固有の法律の遵守が保証されます。

製薬業界やバイオテクノロジー業界での採用に関する詳細情報や支援はどこで入手できますか?

対象市場で安全、簡単、恐れることなく雇用する方法について詳しく知りたい場合は、INS グローバルの国際展開専門家チームに今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE PDF