タイトル

韓国における従業員の身元調査

韓国における従業員の身元調査

4月 23, 2024

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

タグ

Picture of INS Global

著者

日にち

タグ

共有:

重要ポイント

  1. 韓国で身元調査の実施を考えている雇用主は、まずそのような慣行に関する法的状況を理解する必要があります。
  2. 韓国では身元調査は合法ですが、プライバシーと差別に関していくつかの注意事項があります
  3. 個人情報保護法(PIPA)を含む韓国のプライバシー法は、採用プロセス中を含む個人データの収集と使用を規制しています。
まとめ

韓国における従業員の身元調査には、特有の課題や考慮事項があります。身元調査は、特にデリケートな業界では、候補者の信頼性や適性をテストする重要な方法であることが多いのですが、現地の業界水準に関する正しい情報がなければ、どの身元調査を実施できるかを知ることは難しいかもしれません。

韓国では労働力の不足を補う方法を検討しているため、採用関係者は今後、不慣れな人材プールや背景を持つ労働者を含め、多数の労働者をスクリーニングする効率的な方法を検討する必要があります。この記事では、法的枠組み、一般的な慣行、考えられる落とし穴など、韓国で身元調査を行う前に雇用主が知っておくべきことを探ります。

韓国で従業員の身元調査を実施する前に雇用主が知っておくべきこと

韓国で身元調査を実施しようと考えている雇用主は、まず身元調査を取り巻く法的状況を理解する必要があります。身元調査は多くの国で一般的に行われていますが、韓国では規制が異なる場合があり、コンプライアンスを確保し、法的トラブルを回避するためには慎重な計画が必要となります。

韓国で従業員の身元調査を実施する場合、データ保護が重要なポイントとなります。雇用主はすべての個人情報を慎重に取り扱い、安全かつ機密性を確保しなければなりません。プロセス中に収集された個人データは、取得された目的のみに使用されなければならず、同意なしに第三者に提供してはなりません。

雇用主は、韓国における従業員の身元調査を通じて入手したデータが正しいことを確認しなければなりません。そのためには、複数の情報源から情報を確認し、候補者から提供された詳細情報を照合する必要があります。

韓国では身元調査は合法ですか?

はい、韓国では身元調査は合法ですが、一定の注意点があります。個人情報保護法(PIPA)を含む韓国の個人情報保護法は、雇用プロセスを含む個人データの収集と使用を規制しています。

そのため、雇用主は身元調査を行う前にまず求職者から同意を得なければなりません。その上で、チェックが職務に関連し、公正に行われることを確認しなければなりません。

韓国ではどのような身元調査が違法か?

韓国では、ある種の従業員身元調査が法規制との抵触により違法とされている。同時に、個人のプライバシー保護や差別防止を目的とした文化的規範により、一般的に使用されない場合もあります。

以下は、韓国で禁止されている身元調査の例とその理由です:

宗教的所属または信条 – 韓国では、採用プロセスの一環として個人の宗教的信条を尋ねることは違法です。この禁止は、信教の自由と宗教と国家の分離という国の公約に由来する。採用プロセスで宗教について尋ねることは、その人の職務遂行能力とは無関係であるため、差別的で侵略的な行為とみなされる可能性があります。

・政治的信条 – 同様に、韓国では個人の政治的信条を尋ねることは禁止されている。政治的信条はプライベートなものであり、職務遂行とは無関係であると考えられています。政治的信条を尋ねることは、採用プロセスにおける偏見や差別、また職場における潜在的な対立につながる可能性があるため、身元調査や業務慣行の一環として行うべきではありません。

・犯罪歴の調査 – 韓国では犯罪歴の調査は認められていますが、雇用主はそれが職務に関連したものであることを確認しなければなりません。軽微な犯罪や無関係な犯罪を照会することは差別的と見なされる可能性があります。雇用主はまず、候補者の犯罪歴がその職務の責任に直接関連するかどうかを評価することに重点を置くべきであり、採用される職務の種類がこの慣行の合法性に影響する場合があります(後述)。
・信用履歴調査(同意なし)-本人の明確な同意を得ずに信用履歴調査を行うことは、韓国では違法です。この禁止は韓国のデータ保護法に基づいており、雇用主は個人の財務情報にアクセスする前に同意を得る必要があります。

韓国の業界別一般的な従業員の身元調査3項目

韓国では、業種によって、業務内容や関連するリスクに応じて、身元調査の要件が異なる場合があります。例えば

・金融サービス業 – 金融サービス業の従業員の身元調査には、韓国での信用履歴調査や犯罪歴調査が含まれることがよくあります。ただし、これらのチェックは候補者の明確な許可を得て行われなければならないことを覚えておくことが重要です。
・教育 – 学校や教育機関では、学生の安全を確保するため、学歴調査や犯罪歴調査を含む徹底的な身元調査を行う場合があります。
・テクノロジー – テクノロジー分野の企業は、候補者の職務への適性を評価するため、候補者の過去の職務経験や技術スキルの確認に重点を置くことがあります。

韓国で避けるべき3つの身元調査の間違い

身元調査は貴重な洞察を提供することができますが、コンプライアンスと有効性を確保するために雇用主が避けるべき一般的な間違いがあります:

・同意取得の失敗 – 雇用主は韓国の個人情報保護法を遵守するため、身元調査を行う前に求職者から同意を得なければなりません。
・オンライン情報への過度の依存 – オンライン情報源から得たデータのみに依存することは、必ずしも正確であったり最新であるとは限らないため、リスクを伴う可能性があります。雇用主は可能な限り常に複数の情報源から情報を確認する必要があります。
・文化的感受性の無視 – 韓国での従業員身元調査を通じて得られる情報には、文化の違いが影響する場合があります。雇用主は文化的センシティビティに留意し、問題を回避するために可能な限りガイダンスを求めるべきです。

INSグローバルとの提携で従業員の身元調査を安心して実施

関連する規制や業界水準を理解することで、雇用主は十分な情報に基づいた意思決定を行い、雇用に伴うリスクを軽減することができます。また、INS グローバルのような信頼できるパートナーからの適切なサポートにより、企業は自信を持って身元調査を容易に行うことができ、安全で信頼できる労働力を育成することができます。

韓国における従業員の身元調査の複雑さは、雇用主、特に現地の法律や文化事情に不慣れな企業にとって難しいものです。

そのため、INSグローバルは、韓国で事業を展開する企業特有のニーズに合わせた身元調査サービスを含む包括的な人事ソリューションを提供し、採用プロセスにおける安心をお約束します。

韓国での採用・雇用の合理化について詳しくお知りになりたい方は、グローバル展開のエキスパートであるINSグローバルのアドバイザーまでお気軽にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF