今日、アジアで人材を雇用するトップ市場 | INS Global

今日、アジアで人材を雇用するトップ市場

今日、アジアで人材を雇用するトップ市場

4月 14, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

タグ

INS Global

著者

日にち

タグ

共有:

重要ポイント

  1. アジアには世界最大の経済大国があり、あらゆる業界に幅広いタレントプールが集まっています
  2. RCEP(地域的な包括的経済連携協定)は2022年から発効し、アジア太平洋地域の主要10カ国の市場を統合します。
  3. アジア市場への参入を支援してくれる拡張パートナーがいると、プロセスがより迅速かつスムーズになります。
まとめ

アジアには、世界第 2 位と第 3 位の経済大国があり、世界最大の貿易パートナーシップが結ばれています。 成長してより幅広い消費者市場に参入したいと考えているあらゆる種類のビジネスにとって、この大陸は無限の機会に満ちています。 したがって、アジアでの採用は、現地の知識や専門知識から利益を得ようとする企業にとって、またとない機会となります。
急速に成長するテクノロジーハブ、起業家に対する政府のインセンティブ、そして選択できる膨大なタレントプールを考えると、できるだけ早くアジア市場に進出しないのはもったいないでしょう。
アジア大陸はその可能性と同じくらい広大です。 ここでは、検討すべき国のリストを提供し、地元の優秀な人材をスムーズかつ安全に雇用する方法を示します。

人材採用と拡大に最適なアジアの6つの市場

シンガポール
シンガポールは安定した経済と企業寄りの税制により、拡大を目指す企業にとって人気の市場となっています。 戦略的な立地を考慮すると、金融業界や貿易業界がトップ 10 リストに入っているのも不思議ではありません。 しかし、製造業は国の年間 GDP の最大の割合を占めており、約 20 ~ 25% です。
シンガポールの地元のプロフェッショナルは非常に有能で競争力があります。 実際、従業員の 40% 以上が大学の学位を持っています。 また、この人口は英語能力においても世界第 2 位、アジアでは第 1 位にランクされています。
台湾
台湾は地図上では小さく見えるかもしれませんが、あらゆる規模の企業にとってメリットが溢れています。 アジア太平洋の主要な港に近いため、貿易にとって理想的な市場となっています。 国内の 7 つの自由貿易地域では、有利な税制上の優遇措置や投資の機会も提供されています。
台湾はエレクトロニクスと産業用半導体製造のリーダーです。 その他のトップ産業には、農業、石油化学、繊維などが含まれます。 この国の労働力は、特に数学と科学の分野で高度な教育を受け、熟練しています。
中国
国連によれば、中国は世界人口の 18.7% を擁し、世界で 4 番目に大きな国であり、経済大国です。 これは、経済力の点で米国にわずかに遅れていることになります。 これほど人口が多いため、産業の多様性も同様に広がり、チャンスに満ちています。
多くの場合、中国の産業を地域に沿って分類する方が簡単です。 これらの部門は次のように要約できます。
沿岸部: 高度な都市活動、消費者貿易、海外投資
中部: 大部分が農業市場であり、海岸にエネルギー資源を供給する石炭産業も含まれています。
西部: 山岳地帯が多く、石油、アルミニウム、原材料などの重工業が大半を占めています。
また、現在の中国の経済成長に伴い、高級品、輸入品、自動車、電化製品などの消費者層は年々増加しています。
多くの人が、中国は世界の工場だと言います。 この状況が変化する兆しはあるものの、まだチャンスは残っています。
韓国
韓国は近年最前線に躍り出ており、現在では世界経済トップ10にランクされています。 法人税は他国に比べてはるかに低く、外国投資はグローバル ビジネスを促進するための奨励金を受けられます。
さらに、韓国は米国、ニュージーランド、インドまで世界18カ国と自由貿易協定を結んでいる。
韓国のトップ産業には、造船、ナノテクノロジー、自動車製造、エレクトロニクスが含まれます。 公用語は韓国語ですが、英語、北京語、日本語も広く話されています。
日本
日本は世界第3位の経済大国です。 東京証券取引所 (TSE) は、アジア最大の証券取引所でもあります。 日本は長年にわたり、電気通信およびコンピュータ市場において支配的な存在となっている。
自動車、消費者用コンピューター、鉄鋼はすべて全国トップ 10 産業に入っています。 全国に数多くある自由貿易地域も、国内外のイノベーションの促進に役立っています。
日本は、オーストラリアや中国を含む他の10カ国と締結された貿易協定であるRCEP(地域的な包括的経済連携協定)の一部であり、2022年1月1日から発効している。労働力は高い教育レベルとモチベーション、会社のビジョンへの取り組みでも知られている。
ベトナム
ベトナム経済はアジアで最も急速な成長率を誇り、2022年には8%増加している。ベトナムの海岸線は、中国、タイ、カンボジア、ラオスなどの他のアジア市場との貿易ルートへの最適なアクセスを提供します。
観光、農業、繊維、製紙、プラスチックの製造業が上位産業に挙げられます。 ベトナムはRCEP(地域的な包括的経済連携協定)にも加盟しており、中国や米国などの主要経済国と強い輸出関係を築いている。
発展途上国であるこの国は、国境を越えた接続から地元のストリートマーケットまで、さまざまな種類のアウトレットへのアクセスを提供しています。
ベトナムの労働力は若く競争力があり、IT、コンピューター エンジニアリング、数学などの将来性のある科目の学習を促進する教育システムが整っています。 これらすべては、その工業生産が今後数年間にわたって加速し続けることを示唆しています。
ベトナムでは生活費もはるかに安いため、企業が容易にベトナムに進出できると同時に、現地従業員に強力な福利厚生を提供できます。

アジアの採用プロセス: INS グローバル で成功を効率化する

アジア諸国に事業を拡大することは、刺激的なことでもありますが、困難なことでもあります。 各国には異なる労働法と雇用法の規制があり、間違いを犯すと費用が高くなります。
アジアで競争するための正しい方法を知るということは、地域の業界水準について深い知識を持つことを意味します。 INS グローバル のような信頼できる拡張パートナーがあれば、コンプライアンス、給与、人事要件について心配する必要はありません。
私たちは、採用から契約管理、従業員の解雇に至るまで、プロセスのあらゆる段階でお客様と一緒に働きます。 当社の法務チームは現地の知識と専門知識を備えており、御社の従業員があらゆる面で法的遵守を維持できるようにします。
INSグローバルの習熟作業者派遣組織および 雇用代行業者 サービスは、アジア太平洋地域の 15 か国を含む世界 100 か国以上で、ご利用できます。 私たちの目標は、すべての企業にとって世界展開を迅速かつ問題なく現実のものにすることです。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください