アジアの繁栄するワイン市場に参入する方法 (2023)

アジアの繁栄するワイン市場に参入する方法 (2023)

アジアの繁栄するワイン市場に参入する方法 (2023)

4月 27, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. アジア市場におけるワインメーカーのチャンスが増大
  2. 中国の輸入ワイン愛好家の人口は2019年以来約14%増加
  3. アジアのワイン市場では量より質を重視する傾向が高まっている
まとめ

アジアのワイン市場は急速に拡大しています。より多様なアルコール飲料に対する消費者の需要の高まりを利用するに、今は最適な時期です。 新たな高成長市場に入り、法令に準拠した方法で迅速にワインを宣伝したい場合、市場が提供する膨大な機会を認識することは有益です。
フランスワイン大手の韓国部門であるペルノ・リカール・コリアは、近年韓国ワイン市場で素晴らしい成長を遂げていると伝えられています。 ワインを含む同社の酒類売上高は2年連続で前年比33%増加し、2021~22年には1600億韓国ウォン(約1億2100万ドル)に達した。

理由: アジアのワイン市場における外国ワイン生産者の潜在力は計り知れない。

この記事では、アジアのワイン市場に関する重要な洞察と、新規市場でワイン ビジネスを開始する際、起こりうる機会を最大限に使うためのわかりやすい解決策について説明します。

なぜアジアの新規ワイン市場に参入する必要があるのでしょうか?

アジアのワイン市場は、2027 年までに年間 5.19% の成長を達成すると予想されています。
この成長に最も貢献している特定の国をより深く理解するために、私たちは、「Your Wine 」レップ の アジア太平洋地域のマネージング ディレクターであり、アジア太平洋地域 のワイン業界とワイン市場の動向において 10 年以上の経験を持つワイン鑑定家である ベンジャミン ビロット氏と話し合いました。
ビロット氏は、「香港の貢献もあり、中華圏はワイナリーにとって断トツ、アジア最大の市場となっている(2021年のワイン輸入額は13億ドル)。 しかし、日本のワイン輸入額は中国本土と同様の数字を示している(2021年のワイン輸入額は約17億ドル)。」 韓国に関して言えば、ワイン愛好家の数は2017年の1,020万人から2022年には1,260万人に急増している。
ビロット氏は、市場の成長が加速している理由の1つとして、アジアにおけるワイン教育が増大していることを挙げている。 ますます教育を受けた消費者は、より積極的に新しい味を求めるようになっています。 特に中国の消費者は、さまざまなブランド、国、原産地からワインを購入しています。

アジアのローカルワイン市場の変化

第二に、ビロット氏は、「主にミレニアム世代の間でのライフスタイルのトレンドが、ここ数年ワインの消費量を増加させている」と述べています。 それに加えて、アジアのワイン消費者は現在、消費する量よりもワインの知識と品質にますます注視するようになりました。 ビロット氏によると、この品質要因により、ワインの選択の幅を広げるほど、更なる好奇心を増長させるのです。
たとえば中国国内では中国の地酒であり、世界でも有数の人気を誇る白酒に代わる候補としてワインが選ばれています。中国の輸入ワイン愛好家の人口は2019年以来約14%増加しています。
ワイン・インテリジェンスによると、すでにさまざまなカテゴリーのワインをオンラインで購入しているワイン消費者の数が、現在50%を超えていることを考えると、物流の面では輸入業者が有利だという。 これにより、中国ワイン市場への参入障壁がさらに低くなります。
中国はすべてのアルコール消費者の内、オンライン買い物客の割合が最も高く、全体的な電子商取引の普及と成熟度の点で他のどの市場よりも際立っています」とビロット氏は述べます。
「購買力とワイン消費量を相関させると、中国のワイン市場は初期段階を過ぎたばかりで、これから健全な長期的成長に向かっていくであろう」とビロット氏は付け加えた。

アジア市場でトップクラスのヨーロッパワイン

アジアのワイン愛好家が最も好むヨーロッパのワインや品種の市場シェアを選び出すのは難しい。 それは、好みが国やサブマーケットに依存し、市場データが急速に変化するためです。
たとえば、GlobeNewswireの2023年から2032年の中国のワイン輸入に関する調査報告書は、中国が2021年に2,800万リットルの生のブドウワインを輸入したことを明らかにしています。
ビロット氏によると、「中国では高価を好む消費者にとってブルゴーニュがトレンドになっていて、つまり、それはピノ・ノワールとシャルドネが増加していることを意味している」。 基本的に、歴史あるワインの産地や品種、つまりボルドーブレンド(メルローとカベルネ)、ローヌバレーブレンド、オーストラリアンシラーズなどは強いです。
一方、日本ではフランスとチリのワインがリードしています。 韓国で最も人気のある赤ワインの品種はシラーとカベルネ・ソーヴィニヨンですが、白ワインではソーヴィニヨン・ブランとシャルドネがその先頭を走っています。

アジアで成長するワイン市場を開拓する方法

中国、日本、韓国のような複雑な市場では、現地でビジネスを行うために直接の会社の存在が必要となります。 法律や規制はすぐに変更(および施行)されるため、市場を監督し、サプライ チェーン ネットワークの開発を支援するためにスタッフを現場に配置する必要があります。
チャンスをつかむために最初に実行できる 2 つのステップは次のとおりです。
習熟作業者派遣組織 (PEO) と協力する
INS グローバル のような習熟作業者派遣組織(PEO)は、アジアを含む世界中の市場で包括的かつ継続的な雇用サポートを提供しています。 当社は、御社のワイナリーがアジア地域に準拠した柔軟な市場参入を促進するために、入社するまでの管理、給与計算、税務登録などをお手伝いします。これらはすべて、御社または御社のチームが実際に現地に駐在することなく行われます。
さらに、長期的にワイナリーの規模を拡大するかどうかを決定する前に、習熟作業者派遣組織を使えば、アジアのワイン市場の実力をすぐにテストできます。
アジアのワインメーカーや輸入業者との関係を構築する
アジア、特に中国に事業を拡大する場合は、言語の壁と急速に変化する消費者の習慣を考慮する必要があります。 現地の経験豊富なワイナリーのレップは、アジアのワイン輸入業者との強力な関係を構築したり、主要なワイン ショーに参加するお手伝いをします。
たとえば、Your Wine Rep は、70 を超えるワイン輸入業者の確立されたネットワークと、アジア太平洋地域、特に中国と韓国の市場知識を持つワイナリー 買取専門店です。 また、輸入業者のリクエストをサポートしたり、ワインのサンプルを迅速かつ効率的に送付したりするなどの、いわゆる無数の「小さな問題」を解決することにも熟達しています。
ビロット氏は、「輸入業者は伝統的にマルチチャネルですが、オンラインプラットフォームと B2C 輸入業者の台頭によって、より直接的な流通チャネルを目指す傾向があります。」と述べています。

INS グローバルでアジアのワイン市場へ効率的に拡大

INS グローバル は、アジアのワイン市場での存在感を拡大する際に、専門のオンサイト ワイン担当者の雇用と人事管理を支援します。 当社の専門家は、アジアのワイン輸入業者と強力な関係を築くために必要なツールと経験を持っています。 INS グローバルは、アジアのスタッフの日常的な人事機能を迅速かつ効率的に管理するなど、日々の「小さな問題」を解決するためのサポートも提供します。
INS グローバル は、アジア太平洋地域、特に中国と韓国の市場知識を活かして、ワイナリーがアジアのワイン市場に効率的に拡大できるよう支援していきます。 私たちのチームには、ワイナリーがその存在感を確立し、地域内での新しい輸入業者を特定するのを支援するリソースがあります。
アジアのワイン市場での存在感を確立するということは、アジアのワイン輸入業者の間でブランドの評判を築き、アジアのパートナーとの新たな関係を育むことです。よってワイン ビジネスの利益を増やすことができます。 ワイナリーのアジア太平洋または世界のワイン市場への拡大の成果を適切に得るには、信頼できる経験豊富な世界展開パートナーが必要です。
INS グローバルは、15 年以上にわたり、ワイナリーのクライアントが世界展開の目標を達成できるよう支援してきました。 当社の現地専門知識により、アジア地域の現地リソースやネットワークにアクセスしながら、ワイナリーの運営を容易に拡大できます。
御社のワイン ビジネスのアジア市場への拡大をどのように支援できるかについては、今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE PDF