米国で外国人労働者を簡単かつ安全に雇う方法

米国で外国人労働者を簡単かつ安全に雇う方法

米国で外国人労働者を簡単かつ安全に雇う方法

2月 2, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 外国人スタッフの採用を検討しているが、その中で不安な企業向けに、いくつかの解決策を紹介します。
  2. 国際労働者の雇用には、雇用と税制の組み合わせが関係しており、困難に直面する可能性が近々に出てくることがあります。
  3. 雇用代行業者は、世界中で、安全で確立された地元の事業体を使用し、外国人労働者をあなたに代わって雇用します。
まとめ

海外からの従業員は、世界中の雇用ギャップの大部分を占めます。 彼らは、労働力の向上を目指すあらゆる企業に、幅広いスキル、経験、視点を提供します。 しかし、米国で外国人労働者を雇用することは、国内で雇用するほど簡単ではありません。
とはいえ、それに伴う潜在的な利点を考えると、これは価値のある取り組みといれるかもしれません。 そのため、このガイドをまとめて、国際的に採用することの長所と短所を紹介し、採用効率を高めるための簡単なソリューションを提供しました.

国際的な人材のためのいくつかの採用ソリューション

組織の成長は、従業員の質にかかっていると企業のリーダーたちは認識しています。 最大の産業勢力は、組織が求人を埋めて経済を後押しするのを支援する生産的で魅力的な移民政策を奨励しています。
外国人スタッフの採用を検討している企業は、プロセスを簡素化するのに役立ついくつかのソリューションを利用できます。

面倒なことは雇用代行業者にアウトソーシングする

外国人労働者の雇用には、雇用と税制の組み合わせが伴い、困難に直面する可能性が遅かれ早かれ発生します。 関連するリスクが高まるということは、高額な手数料や罰金を支払う可能性が高くなることを意味します。
雇用代行業者 (EOR) は、外国人の人材を採用する際の入社教育、給与計算、課税、福利厚生、およびコンプライアンスなどを管理していきます。 これらの仕事を外注することで、あなたは優秀な人材の管理と育成に専念できることになります。
米国で合法的に働く従業員は、米国市民権移民局が発行する就労ビザが必要です。
これらの書類を入手することは、非常に難しいこととして知られています。 ただし、労働許可証とビザ取得に関しては雇用代行業者 のサービスの一部であり、これにより企業は貴重な時間を節約することができます。
また、組織が従業員を異動させる必要もなくなりました。 雇用代行業者 は、世界中の確立された現地法人を使って、外国人労働者を雇用するからです。
雇用代行業者 を使って、海外から人材を採用する主な利点は、新規市場での機会を簡単に追求できることです。雇用代行業者 は、多国籍企業に移行するための最も安全で最速の方法です。 雇用代行業者 ソリューションを使うことにより作られる採用の自由は、効率的で費用対効果の高いオプションとなり、貴重なパートナーシップをもたらします。

本当に独立した請負業者の使用を検討する。

個人事業主は、あなたとは別の会社名で働き、限定契約に基づいて特定の業務を遂行します。 企業は、従業員と違って、請負業者を管理する権限がありません。
さらに重要な違いは次のとおりです。
独立した労働者はどこからでも働くことができますが、会社の従業員は現場で働くことになります。
雇用主は、仕事を遂行するために必要な設備を労働者に提供します。 ただし、契約労働者は、自分の機器について単独で、その責任を負います。
従業員には従うべきスケジュールがありますが、請負業者には、作業量と時間に関して柔軟性があります。
海外からの労働者の雇用を検討している企業は、短期プロジェクトには独立した請負業者を使う方が適しているでしょう。 経験豊富な請負業者は、フルタイムの労働者を雇用または異動させることが現実的ではない場合、あるいは必須のスキルや専門知識に欠いている企業に最適です。

拡張計画に応じて、海外の新しい事業体を活用してください。

外国事業体とは、別の地域で独立して設立されたが、持株組織によって管理されている合法的な事業のことを指します。 新たに独立した組織を形成することは、企業の長期的な国際目標に反映される可能性があります。 ただし、国外で誰かを雇用したい場合、法人を設立するのはいつでも費用がかかり、数か月の複雑な計画が必要となってきます。
新しい事業体の開発には非常に長い時間が必要となってきますし、また最も費用のかかる選択となります。

外国人労働者の雇用:メリットとデメリット

長所

海外から国際的な労働者を雇用することは、ビジネスに複数の利点をもたらすことができます。 例えば、外国人労働者を雇えば、世界中から人を集めることになり、組織のスキルを多様化するのに役立ちます。
つまり、外国人従業員を雇用することの多くの利点には、次のようなものがあります。
企業の生産性と成長の向上
外国の人材候補への露出
アメリカで不足しているユニークな体験セットを使うことができる
タイムゾーンの違いを利用して、1 日 24 時間稼働できるグローバルな労働力を作成できる
多種多様なチームによる独創的な戦略により、問題解決能力を向上できる
母国の通貨で従業員に報酬を与えることでコストを削減する

短所

ビジネスを拡大し、世界の業界に導入する作業には、欠点がないわけではありません。
その結果、海外から人材を採用することの欠点は次のとおりです。
採用プロセスが長く複雑
国際的な請負業者と従業員の維持
従業員の給与と従業員福利厚生のニーズに合わせて、募集、採用、管理をスムーズに支援します。

INS グローバルは、雇用ソリューションの選択を支援します

あなたの会社が海外で人材を雇う必要があるが、現地法人を設立する準備ができていない場合、当社の 雇用代行業者の ソリューションがお役に立ちます。 INS グローバルは、15 年以上にわたり、世界中の会社が成功するために必要なグローバルな採用および拡大支援を提供してきた経験があります。
したがって、INSグローバルでは、外国人雇用者が現地の規制で許可されているすべての現地福利厚生を取得しています。
最後に、雇用代行業者を使うことにより、御社のビジネスをさらに発展させ、タスクに集中することもでき、同時に時間と費用を削減できます。
当社の 雇用代行業者の 専門家たちは、無料相談でお客様の拡張戦略について話し合う準備ができております。
今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください