リース従業員: グローバル雇用ガイド | INS Global

リース従業員: グローバル雇用ガイド

リース従業員: グローバル雇用ガイド

8月 22, 2022

SHARE

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

Author

Date

INS Global

Author

Date

Share On :

Key Takeaways

    リース会社または代理店は、リースされた従業員を受領企業で働くように供給します。 リースされた従業員は、受領企業のために特定のプロジェクトまたは一時的な作業のみを行います。 リース会社は、リースされた従業員のすべての人事および給与計算機能を処理します。
Summary

自社に最適な人材を見つけるのは簡単なことではありません。 募集と雇用のプロセスは非常に時間がかかり、多くのリソースを使い果たす可能性があります。 その代わり、アウトソーシングのオプションは、はるかに迅速かつ効果的であり、必要な特定のスキルを資格のある労働者に提供できます。 最も一般的な雇用アウトソーシング方法の 1 つは、リースされた従業員を使用することです。
この記事では、リース従業員とは何か、そして彼らがあなたの会社でどのように役立つかについて説明します。 また、これらの従業員の潜在的なコンプライアンスの問題に関する懸念にも対処し、十分に自信を持って計画を決定できるようにします。

リース従業員: 彼らは何者ですか?

リース従業員とは、サードパーティのリース/人材派遣会社に代わってクライアント企業のためにサービスを提供する労働者です。 クライアント企業と人材派遣会社は、短期または有期雇用のいずれかで働くことができる従業員をクライアントに提供する手配を行います。
リース従業員は、クライアント企業の特別なプロジェクトまたは一時的な作業のみを行います
契約期間中、クライアントは仕事の種類や遂行方法を完全にコントロールできます。この雇用タイプの特殊な仕様により、独立請負業者などの他ソリューションと差別化できます。
この種の雇用の取り決めは、そのようなシステムに含まれる要件に慣れていない人事部門にとって管理が難しい場合があります。 人事管理者は、リース従業員を必須福利厚生から誤って除外する場合があります。 あるいは、人事部門は、リースされた従業員をパフォーマンス管理または給与システムに適切に統合する方法を知らない場合があります。
人材派遣会社は、給与計算、税額控除、年金制度、人事サービスなどの管理面に対応できます。
従業員の派遣は、 習熟作業者派遣組織 または雇用代行業者 との提携とは異なります。これについては、FAQ セクションで詳しく説明します。

派遣従業員の6つのメリット

合理化された人事プロセス

新しいシステムについて人事マネージャーをトレーニングしたり、人事案件を処理するために労働者を雇ったりするのに多くの時間を費やす代わりに、派遣会社がそれらすべてを専門的に対応してくれます。

時間と費用を削減

派遣会社は通常、定額料金を要求するため、従業員の拡大する時、迅速かつリスクなしで予算を効果的に使うことができます。

法令順守の保証

新しい市場に進出する場合、コンプライアンス違反の時は、特に高く、コストがかかる可能性が出てきます。しかし、リースされた従業員を使うことにより、派遣会社が労働者のすべての法的側面に責任を負うため、その心配は出てきません。

専門職の確保

派遣従業員を使うと、採用サイトや人材候補を探すのに時間を費やすことなく、プロジェクトに必要な専門的スキルを備えた適切なスタッフを確保することができます。

柔軟性

今までの方法で雇用された従業員とは異なり、リースされた従業員が会社に適していないことがわかった場合、変更または解雇することが簡単にできます。

迅速な解決策

派遣会社には従業員の有能な人材候補が多数いるため、数日のうちに空いているポジションを埋める従業員を見つけることができます。

リース従業員: よくある質問Q:リース社員は正社員とみなされますか?

A: リース社員は、正社員の業務をすべて代行します。 違いは、雇用主の給与に含まれないことです。 法的には、彼らは派遣会社または代理店によって雇用されています。
Q: リース社員と派遣社員の違いは何ですか?
A: 派遣社員はリース社員の一種です。 ほとんどの場合、リース従業員は他の従業員と同様にフルタイムの従業員です。 ただし、従業員のリースは、短期プロジェクトや請負作業にも使用できます。
Q:  習熟作業者派遣組織 パートナーシップは人材派遣会社と同じですか?
A: 人材派遣会社とは異なり、習熟作業者派遣組織 は会社にスタッフを提供しません。 習熟作業者派遣組織 は、人事および雇用機能に関する多くの責任を対応することで支援します。 ただし、従業員を直接雇用するわけではありません。
習熟作業者派遣組織 の取り決め (共同雇用と呼ばれることもあります) では、雇用主は、従業員の雇用、管理、および解雇のすべての面を全て管理できます。 これについては、このトピックに関する記事で詳しく知ることができます。
Q: リース従業員は年金制度の対象となりますか?
A: はい。 ほとんどの場合、リースされた従業員はクライアント企業の年金制度の下に置かれます。 雇用主が米国でリース従業員 401k プランを回避できる状況がいくつかありますが、これらは例外です。
Q: 人材派遣契約において従業員の責任を負うのは誰ですか?
A: 通常、リースされた従業員は、人材派遣会社または代理店によって正式に雇用されます。 リース社員をクライアント企業と人材派遣会社が共同で雇用するオプションもあります。 ただし、この取り決めは契約書に明示的に記載する必要があります。

INS グローバルがどのように役立つか

リース従業員を従業員に追加することは、新しいスキルと才能を会社にもたらす絶好の機会です。 ただし、欠点がないわけではありません。 労働者を提供する人材派遣会社を選択する際には注意が必要です。
法的に完全に準拠していない人材派遣会社または代理店は、会社に罰金や手数料のリスクをもたらす可能性があります。 また、人材派遣会社が従業員の HR 機能を適切に処理することも確認する必要があります。 そうしないと、より多くの時間とエネルギーを必要とする追加のタスクと責任を負わされる可能性があります。
INSグローバル のようなパートナーを持つことで、プロセスがはるかにスムーズになり、望ましくないミスやコストのかかるリスクを減らすことができます。INSグローバルは、 グローバル習熟作業者派遣組織 の 従業員派遣や 雇用代行業者のサービスなど、現地法人を持たない企業に GEO (グローバル雇用アウトソーシング)の ソリューションを提供し 15 年以上の経験を持ちます。
会社を成功の目標に近づけることに集中できるように、迅速かつ効果的な給与計算と人事システムを導入してください。当社は世界 80 か国以上でサービスを提供しており、アドバイザーは、どこにいようと、お客様をサポートし、助言を提供します。
グローバル展開のニーズを満たすための詳細については、今すぐお問い合わせください。

CONTACT US TODAY

Contact Us Today

Related Posts

DOWNLOAD THE PDF