2023 年の英国の独立請負業者への支払い方法

2023 年の英国の独立請負業者への支払い方法

2023 年の英国の独立請負業者への支払い方法

4月 20, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 英国の独立請負業者は通常、個人事業主として活動し、税金と国民保険料を独自に負担します。
  2. 請負業者は顧客に対して従業員と同様の義務を負わず、働き方においてより大きな自由を享受できます。
  3. 人件費を回避するために従業員を請負業者として誤って分類すると、深刻な結果が生じます。
まとめ

企業に優しい法案を可決してきた長い歴史、広大で発展した潜在市場、高学歴の労働力を考えると、企業が英国での採用に目を向ける理由は明らかです。 英国での人材採用の選択肢の 1 つは、独立した請負業者と協力することです。 しかし、英国の独立請負業者に安全かつ効率的に支払うにはどうすればよいのかという疑問が出てきます。

英国における従業員と独立請負業者の違いは何ですか? 自分の責任を理解することです。

英国の請負業者は自営業として分類されます。 これは、通常、単独の商社または小規模な有限会社を通じて、1 つまたは複数のクライアントと働くことを意味します。 したがって、彼らは従業員の権利を持たず、クライアント企業に対する同様の義務も持ちません。
英国の従業員の給与は、PAYE (Pay As You Earn) システムを通じて支払われます。 ここでは、税金と国民保険 (NI) の控除が雇用主によって源泉徴収されます。
これには、雇用主が従業員の給与の約 17.3% に相当する額を従業員の社会保障に拠出する義務も含まれます。 これらの拠出金は、英国で従業員が享受するすべての典型的な福利厚生制度の支払いに充てられます。 これには、年金、医療、さまざまな形態の休暇が含まれます。
請負業者の場合、これらの追加費用は存在しません。 しかし、企業はこれを、独立請負業者への支払いを減らして経費を節約する方法とみなすべきではありません。

独立請負業者契約

従業員は雇用契約によって単一の雇用主に拘束されます。 一方、請負業者は通常、複数のクライアントのために働きます。 また、請負業者の労働契約に詳述されている特定の要件にのみ同意します。
企業は、労働者の権利と安全を保護するために、従業員に対して強制的な法的義務を履行する必要があります。 その見返りとして、従業員は会社が選択した方法で業務を遂行することに同意します。 これには、必要なときに必要な場所でタスクを完了することが含まれます。 また、同社が提供するツールや場所も利用します。
請負業者の場合、企業は支払い以外の何かを提供する義務はありません。 ここでは、作業者は独自のツールとリソースを使用して、自分で選択した方法でタスクを完了します。 そのため、請負業者に対する会社の責任は最小限であり、請負業者がワークライフバランスを決定していくことができます。

英国の雇用法と請負業者との関係

一般に、請負業者は通常の雇用法に拘束されず、雇用主の責任も請負業者には適用されません。 請負契約では、クライアント企業は雇用の保護や権利を提供する必要はありません。
英国で自営業になると、従業員と同様の福利厚生や保護が受けられます。 ただし、自らの納税の結果として、これらの恩恵を得ることができます。
英国政府は、誰が自営業かどうかを確認できるオンライン ツールを提供しています。 英国では、従業員を請負業者として扱うこと、またはその逆のことを誤分類と呼び、これは潜在的に壊滅的な結果をもたらします。 これらのリスクについては以下で概説します。

英国における独立請負業者の税金およびその他の人件費の取り扱い

英国の請負業者は、政府の自己申告サービスと納税フォームを通じて自らの納税を管理しています。 通常、請負業者は個人事業主として独立し、年間 12,570 ポンドを超えるすべての収益に対して所得税を支払います。
これは毎年行われ、国民保険料も同時に支払われます。 85,000ポンドを超える取引を行う個人事業主は付加価値税を支払う必要があります。
また、税金やその他の費用を負担してくれるアンブレラ会社と協定を結んでいる場合もあります。
これらにより、請負業者は退職金と社会保険給付を享受できるようになります。 ただし、従業員と同じレベルのセキュリティは受けられません。

英国における誤分類のリスクは何ですか?

英国の法律によれば、請負業者として給与を支払いながら請負業者を従業員と同様に扱うことは、従業員としての権利と保護を剥奪したものとして分類されます。
一部の企業にとって、NI(国民保険) 拠出金なしで独立請負業者に支払うことができることは、雇用主の義務に関連するコストを節約する方法と見なされてしまいます。 しかし、従業員や請負業者を管理する方法を知らなければ、企業は重大なリスクにさらされることになります。
英国では、従業員を請負業者として誤って分類した企業(実際には従業員の仕事を行っているのに)が摘発され、次の高額な罰金が課せられます。
・労働者は自動的に従業員に変換されます。また、労働関係の開始以来享受すべきだったすべての従業員福利厚生(年次休暇や最低賃金などを含む)の支払いも受け取ります。

・企業は、支払われるべきだったNI(国民保険)拠出金の総額と利息を支払わなければなりません

・従業員の権利や政府の税金、社会保険基金を奪う誤った分類行為により、会社は詐欺容疑で捜査され、追加の刑事告発を受ける可能性があります。

英国で独立請負業者を従業員に変えるにはどうすればよいですか?

請負業者が特に優れた仕事をする場合、または企業が永続的に保持したい特定のスキルを持っている場合、その請負業者を正社員に転換することができます。 また、独立請負業者は、時給が高いため、長期的に支払うのは高すぎる可能性があります。
これを安全かつ正確に行うには、次の手順に従うのが最善です
請負業者に従業員になるメリットを納得させる
請負業者から従業員への移行は、退職金制度、生命保険、月給、会社の文化やチームへの統合、セキュリティの強化など、労働者に多くのメリットをもたらします。 また、在宅勤務のオプションやその他の付随福利厚生など、請負業者として享受できるいくつかの福利厚生を保証する場合もあります。
ここでのあなたの仕事は、請負業者と意図を話し合う際に、これらのメリットを明確に説明することです。
請負業者が英国の法律に従って実行可能な従業員であることを確認する。
上記のオンラインツールを利用することで、企業は請負業者の雇用状況を確認することができます。 こうすることで、請負業者を従業員に確実に移行できるようになります。
請負業者はまた、新たな状況により、他の顧客との連携方法が変更される可能性があることを認識する必要があります。 これは、他の取引関係を終了しなければならない可能性があることを意味するものです。
関係がどのように変化するかを理解し、これらの変化を雇用契約書に明確に記載します。
考慮すべき大きな変更点の 1 つは、新入社員の給与です。 彼らは全国の最低賃金に従って支払われなければならず、またすべての種類の有給休暇の資格があることに留意することが重要です。 さらに、社会保険料などの間接コストも従業員の実際の労働率に織り込む必要があります。
請負業者も要求に応じて作業を実行する義務が生じます。 これには、働き方における潜在的な自由が失われる必要があります。
これらの変更はすべて、潜在的な紛争を避けるために書面で作成されるべき雇用契約に明確に記載される必要があります。
新しい従業員を給与システムに追加する
給与の交渉が完了したら、従業員を PAYEシステムに追加する必要があります。 従業員の毎月の総給与からの税金と社会保険料の控除を管理する必要があります。
ここでは、PAYEシステムに従って給与を管理できる英国の会社構造を持っている必要があります。 また、それを管理するために人事スタッフを配置する必要もあります。
この段階で何かつまづきが発生すると、従業員として必要な保護を提供できるかどうかという、従業員の信頼が急速に損なわれてしまいます。 このため、時間をかけてこれを正しく管理することが重要です。 合併症のリスクを軽減するために、専門の給与計算サービスの指導を求めることもできます。
通常の入社教育プロセスに従いましょう。 (一部変更あり)
従業員となる請負業者は、すでにあなたの会社をよく知っているでしょう。 このため、面接などの入社手続きが少なくて済む場合があります。 各分野のスペシャリストとして、必要なトレーニングもおそらく少なくなるでしょう。
ただし、新入社員を適切に統合し、新しい取り決めの利点を示すには、この過程中に彼らがチームの貴重なメンバーであることを示すため、追加のステップを実行する必要がある場合もあります。
英国の組織にこれらの手順を慎重に実行できる体制がない場合は、雇用代行業者 (EOR) が必要な体制、人事サポート、給与管理を提供できます。

英国の独立請負業者に支払う 4 つの便利な方法

直接入金
直接入金は、労働契約や支払いスケジュールに応じて、契約金の支払いに 1 回または頻繁に使用できます。
請負業者への支払いは、通常の労働者に支払われる他の支払いとは区別するように注意してください。 さらに、労働者と同じ控除を行わないように注意してください。
小切手
かつては大多数の請負業者にとって小切手が好まれる支払い方法でしたが、現在ではあまり人気がありません。 小切手は比較的稀少であることと、不渡りの可能性があるため、あまり信頼されていません。 電子決済よりも遅く、紛失または破壊される可能性があり、処理に時間がかかります。
ペイパル またはその他のオンライン支払いシステム
ペイパル は、オンライン決済システムの競合他社の数が増加しているため、ここ数年で人気を大きく落としてきました。 多くの人は、その安全性、使用方法、速度の点から、オンライン支払いが適切な代替手段であると考えています。
これらのシステムの欠点には、請負業者がビジネス アカウントを持っている必要があることが挙げられます。 取引には比較的高額な手数料がかかる場合もあります。 この最後の問題は、海外の請負業者に支払いを行う場合に特に当てはまります。
保証された給与計算サービス
給与計算パートナーおよびサードパーティのサービスは、独立した請負業者やその他の自営業者に期限どおりに法律に従って給与を支払うために明示的に作られています。 これらは、給与計算を管理する包括的なビジネスの形をとる可能性があります。 また、人事アウトソーシング サービスを通じて給与を合法的に管理できる 習熟作業者派遣組織 を通じて行う場合もあります。
これらの給与計算パートナーは、お客様の支払いが適用されるすべての法律に従って正しく処理されることを保証するための法的知識を持っています。

INS グローバル から独立請負業者への支払い方法に関する世界的な専門知識を入手する。

現地の法律や規制に詳しくない場合、英国の請負業者を雇うのは難しいかもしれません。 適切な人材を見つけることは、地元であろうとリモートであろうと、常に法律に従って安全に行う必要があります。
また、INSグローバルは複数の国の独立請負業者への支払いを支援するための、正確かつタイムリーなオプションを確保することもできます。
INS グローバル は、市場をリードする習熟作業者派遣組織、世界的な雇用代行業者、給与計算のアウトソーシング、採用サービスを世界 100 か国以上で提供しています。 INS グローバルを使うと、主要市場で最適な人材を自信を持って迅速に見つけることができます。
英国内外の独立請負業者への支払い方法について詳しく知りたい場合は、国際モビリティの専門家に今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE PDF