ポーランド / ポーランドの 雇用代行業者

ポーランドの習熟作業者派遣組織

グローバルに雇用し、現地で支払い、容易に拡張

INS グローバル は、グローバル人材サービスのローカル パートナーです。 当社の 習熟作業者派遣組織を通じて、ビジネスを確立し、最高の労働者を雇用し、80 以上の国で成功を収めることができています。 私たちは、お客様が迅速かつ効率的に拡張できるように支援していきます。同時に、グローバルな拡張に伴って発生することが多い官僚主義や余分なコストを削減していきます。

今日ポーランドにチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

習熟作業者派遣組織 (Professional Employer Organization) は、人事サービスを外部委託したり、別の法的事業体を作成することなく新しい地域や国に拡大したりしたい企業の地元 パートナーです。
習熟作業者派遣組織 は、従業員の合法的な雇用を支援するだけでなく、採用、給与計算、福利厚生、報酬などの他の従業員サービスも管理します。

今日ポーランドにチームを作りたいですか?

Show me how to grow my business now!

We prefer to let others grow their business.

serviceswheel

ポーランドの習熟作業者派遣組織 - Summary

習熟作業者派遣組織 を使用する 5 つのメリット

法令順守

現地の法律および行政手続きに関する深い知識を備えた習熟作業者派遣組織 は、御社が安全かつ効率的な方法で現地の法律のあらゆる面を遵守できるようにします。

コストと時間を削減

新しい市場に参入するとき、人事に関連する小さな問題であっても、驚くほど高額な手数料や罰金につながる可能性があります。 習熟作業者派遣組織は、コストのかかる失敗を回避するのに役立つ地元の専門家を提供します

会社の成長を優先

給与計算アウトソーシング、採用、ヘッドハンティング、および請負業者管理サービスを提供することにより、習熟作業者派遣組織は、成長の成功に集中するための時間とエネルギーを提供します。

迅速な市場参入

新しい市場での会社設立の推定時間: 4 ~ 12 か月
習熟作業者派遣組織 関係を確立するための推定所要時間: 5 日
*グローバル見積もり

つのプラットフォーム = すべてのニーズ

習熟作業者派遣組織 は、人事サービスのあらゆる面をカバーし、それらを1つの窓口に合理化します。

会社設立よりも習熟作業者派遣組織を検討する理由

外国に参入することは多くの場合、複雑で困難なプロセスになり、ターゲット市場での法的、および物理的存在感が必要となります。習熟作業者派遣組織と連携することで、組織を形成する際につきまとう問題を一手に任せて、新たな市場に参入することに注力できます。
習熟作業者派遣組織
プロセスを促進します
コストを削減
潜在的な官僚的または法的な落とし穴を回避
現地のネットワークと専門知識を活用

Hiring an Overseas Employee

証言

Manuel Ramos

TERAO ASIA

オペレーション 本部長

INS グローバルは、新しく複雑なマーケットでビジネスを開始するための優れたソリューションであると考えています。 マーケットを理解したからといって、すぐに会社を設立する必要があるわけではありません。

5/5

ポーランドにおける INS グローバル の 習熟作業者派遣組織 はどのように機能しますか?

INS グローバル のポーランドの 習熟作業者派遣組織 は、次の 4 つの簡単な手順で従業員の採用と人事のニーズに対応できます。
お客様のご要望をお伺いし、最適なプランをご提案いたします。
私たちの組織は、ポーランドで事業を開始するために従業員を連れてくることができる法人を提供しています。
従業員の雇用と支払いに関するすべての管理上および法務上の面に対応します。
御社の従業員は日々の業務を継続し、御社をポーランド市場での成功への道へと導いていきます。その間、私たちは人事の複雑さをカバーしていきます。

習熟作業者派遣組織 と 雇用代行業者 どう違うの?

習熟作業者派遣組織 またはグローバル 雇用代行業者 (Employer of Record) を使用して新しい市場に進出することを決定した場合、ニーズに最も適したサービスを選択するために、この 2 つの同様のサービスの違いを知っておくと役に立ちます。
習熟作業者派遣組織 プロバイダーは、別の会社の従業員に HR サービスを提供する会社です。 これらのサービスには、給与計算、税金、法規制の順守が含まれますが、これらに限定されません。
雇用代行業者(Employer of Record) プロバイダーは、習熟作業者派遣組織 として機能する会社ですが、他の会社に代わって合法的かつ公式に従業員を雇用することもできます。 習熟作業者派遣組織 が提供するサービスとは別に、雇用代行業者 サービスは、従業員の採用と雇用に関するすべての責任もカバーしています。
習熟作業者派遣組織 の契約では、契約は元の会社と従業員の間に残ります
雇用代行業者の契約では、契約は元の会社によって指示されますが、雇用代行業者と従業員の間で行われます。

INS  グローバルは、お客様の要件に応じて、ポーランドで 習熟作業者派遣組織 と 雇用代行業者の両方のソリューションを提供しています。 相違点に関するこの記事を読んで詳細を確認するか、今すぐコンサルタントに相談して、どちらが最適かを確認してください。

ポーランドの労働法

ポーランドの雇用契約

ポーランドでの契約はポーランド語で書かれている必要があり、通貨はポーランド ズウォティでなければなりません。 契約には、給与、休暇日、病気休暇などに関する重要な詳細が含まれている必要があり、開始日の少なくとも 1 週間前に社会保障事務所に提出する必要があります。
契約が提供されない場合、雇用主は、従業員の仕事と賃金を確認する何らかの形の書面による合意を示さなければなりません。

ポーランドの祝日と有給休暇:

ポーランドでは、次の 13 日間の年次有給祝日があります。1 月 1 日(元旦)、エピファニー、イースターの日曜と月曜日、レイバー デー、憲法記念日、聖霊降臨祭、聖体祭、聖母昇天祭、万聖節(諸聖人の日)、独立記念日、クリスマス。
ただし、伝統的に日曜日に当たる休日は、有給としてカウントされません。
ポーランドの労働者に与えられる年間休暇の日数は、会社で働いている期間の長さに相関しています。 有給休暇は、勤続年数が10年未満の場合は最低20日、勤続10年以上の場合は26日となります。 未消化の有給休暇は最長3年間繰り越すことができます。

ポーランドの労働時間と時間外労働

労働時間は 1 日最大 8 時間、週平均 40 時間です。 これを超える労働時間は残業とみなされ、予定給与の 150% から 200% の割合で、またはそれに相当する有給休暇日数分を支払わなければなりません。 別段の合意がない限り、年間の残業時間は 150 時間を超えてはなりません。

ポーランドの病気休暇

ポーランドの従業員は、従業員が医師または病院からの有効な書類を提供できる場合、雇用主から 33 日間の有給病気休暇を取得できる資格があります。
50 歳以上の従業員は、14 日間の有給病気休暇を取得できます。
上記の両方の状況で、不在がさらに長く続く場合、州はさらに支払いを続けます。

ポーランドの産休・育休

ポーランドの育児休暇は、雇用主ではなく州によってカバーされます。 ポーランドの有給出産休暇の長さは、親の子供の数によって異なります。 出産休暇は最低 20 週間から始まり、5 番目の子供の場合は最大 37 週間まで延長できます。
出産休暇は、出産の 6 週間前から開始できます。 合計で、新しく母親になる人には 14 週間の産休が必要となります。 父親が産休の残りの日数を取得する場合、母親は早期に仕事に戻ることができます。
会社に6か月以上勤務している親は、さらに36か月の無給育児休暇を取得できます。
父親は、子供が 2 歳になる前に 2 週間の有給の父親休暇を取得することができ、休暇の少なくとも 1 週間前に通知する必要があります。

ポーランドの税法と社会貢献

ポーランドの雇用主と雇用者の両方が、健康保険、職場での損害補償、年金などの社会サービスに向けて収入の一定割合を寄付する必要があります。割合は業界によって異なる場合がありますが、一般的に雇用者は基本給の14%、雇用者は基本給の18%程度が想定されます。
2022 年 1 月の時点で、個人の所得税は、PLN30,000 から PLN120,000 の年間所得金額に対して 17% です。 これを超える金額(PLN120,000 を超える場合)には、PLN15,300 + 32% の税率が適用されます。
法人税は約19%

今すぐお問い合わせください

「ポーランドでより多くのソリューションを発見する

よくある質問

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を使う必要があります

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地の習熟作業者派遣組織のサービスを利用して現地でスタッフを直接雇用することができます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求の申告、雇用と解雇の手続きなど、すべてのスタッフ管理責任が含まれます。

一般的に、既存の習熟作業者派遣組織を雇用代行業者の従業員として使用して、従業員が海外に拠点を置くには 1 か月が必要です。新しい子会社を正式な雇用主として設立する場合、4 ~ 12 か月の遅延の幅があります。

DOWNLOAD THE PDF