マレーシアで効果的にビジネスを始める方法 | INS Global

マレーシアでビジネスを始めるには

マレーシアでビジネスを始めるには

3月 9, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. マレーシアは開業コストが低く、政府が海外投資を奨励している
  2. 会社登録料は資本金の額に応じて RM5,000 ~ 70,000 の範囲です
  3. グローバルな PEO(習熟作業者派遣組織)または EOR(雇用代行業者) は、拡張プロセスを合理化し、すべての法的責任を数日以内に対応します
まとめ

マレーシアは戦略的な立地と安定した経済により、アジアへの進出を目指す企業にとって人気の選択肢となっています。 市場への参入に興味がある場合は、コストや拡大中に直面する可能性のある潜在的なリスクなど、マレーシアでビジネスを開始するために必要な手順を知っておくと役立ちます。

この記事では、マレーシアでビジネスを始める方法と、参入をより迅速かつ複雑にしないソリューションについて説明します。

外国人としてマレーシアでビジネスを始める場合に知っておくべきことは何ですか?

マレーシア国内に有効な住所を持っている限り、外国人は誰でもマレーシアでビジネスを設立できます。 ただし、新しい国でビジネスを設立することは、単なるワンステップのプロセスではありません。 以下に、拡張を検討する際に完了する必要がある主な手順の概要を示していきます。

事業計画のあらゆる詳細を評価する

登録と必要な許可の申請という法的手順を開始する前に、事業計画を精査し、あらゆる面が正しく、法的に安全であることを確認する必要があります。 外国人がビジネスを開くことは自由ですが、現地の文化や言語でビジネスがどのように機能するかなど、追加の考慮すべき点がまだあるかもしれません。

適切なビジネス モデルの選択、会社の明確な名前の選択と登録、オフィスの場所の決定はすべて、設立プロセスを開始する前に完了する必要がある必要な作業です。

適切な会社組織に登録する

マレーシアで外国人がビジネスを設立できる方法はいくつかあります。 個人は通常、私的有限会社(別名有限責任会社)、個人事業主、または現地パートナーとのパートナーシップを設立することを選択します。 他国にある既存企業の支店または駐在員事務所のオプションもあります。

会社名が決まったら、現地の登記所に登記する必要があります。 マレーシアでは、この機関は SSM として知られています。 事業主は必要な書類をすべて提出する必要があり、マレーシア語または英語でない場合は翻訳が必要となります。 会社登記費用の正確な費用は会社の規模によって異なります。

地元の銀行口座の開設など

登録が成功した後も、運用を開始する前に、さまざまな作業を完了する必要があります。 スタッフに給与を支払うには、地元の銀行で法人銀行口座を開設する必要があります。 また、関連する営業許可を取得する必要があり、業界によっては、特定の追加ライセンスを申請する必要がある場合もあります。 これらの多くは外国人にはすぐには分からないかもしれません。

これらすべての手順を完了した後でも、スタッフを導入するには、現地の雇用法と給与法を遵守する必要があります。 現地従業員の雇用を検討している場合、現地の雇用規制を理解することは二重に重要なことです。 国は従業員の権利を真剣に扱っているため、間違いを犯した場合は高額な手数料や罰金を支払わなければならない可能性が出てきます。

マレーシアでビジネスを設立するのにかかる費用はいくらですか?

この国は開業するコストが低く、政府は海外投資の奨励に多大な努力を払っています。 その結果、マレーシアは世界60カ国以上とDTA(二重課税協定)を締結しました。 これにより、投資家や事業主は二重課税で資金を無駄にする必要がなくなってきています。

正確な数字は特定の状況によって異なりますが、追求したいビジネス活動の種類、サポートする準備ができているビジネス事業体の規模、開設する組織構造の種類について質問する必要があります。 マレーシアで設立するために必要な費用を把握できるように、ここにいくつかの情報を提供しました。

その後、RM50 の手数料で会社名をマレーシア企業委員会に提出します。 外国の会社名の変更にはRM250の費用がかかります。

法人登記にかかる費用は以下の通りです。

資本金が100万リンギット以下のマレーシアの会社:5,000リンギット

100万~1,000万:RM 20,000

1,000万~5,000万:RM 40,000

5,000万~1億:RM 60,000

1億以上:RM 70,000

マレーシアで会社を設立する場合、直ちに資本注入が自動的に必要になるわけではありません。 ただし、会社が外国人従業員に労働許可を与えたい場合や、会社が完全に外国人によって所有されている場合、会社は最低限の払込資本があることを証明する書類を提出する必要があります。

必要な金額は、業界や会社の詳細に応じて、350,000 リンギットから 100 万リンギットの範囲です。

グローバル PEO (習熟作業者派遣組織) または EOR (雇用代行業者) がどのように役立つか

新規の国への進出には、多くの場合、最も大変な時期に、新たな課題や解決すべき問題がつきまとってきます。 それを自分で解決策を見つける場合、エネルギーと費用がかかります。

グローバルな PEO(習熟作業者派遣組織)または EOR (雇用代行業者)と提携することで、会社の運営と管理を完全に制御しながら、すべての拡張サービスを 1 か所で行うことができます。 これらの人事アウトソーシング サービスは、マレーシアのスタッフを雇用または人事機能を提供するため、労働コンプライアンスを自分で確保する必要性を軽減します。

国際的な PEO(習熟作業者派遣組織)または EOR (雇用代行業者) は、グローバル雇用に関連するすべての必要な管理および法的タスクを支援していきます。 これらには、雇用契約の遵守、給与計算、人事サービスが含まれており、あなたは、市場参入に完全に集中することができます。

マレーシアの PEO(習熟作業者派遣組織)または EOR (雇用代行業者)パートナーを利用すると、次のことが可能になります。

・会社のあらゆる面で法的安全性が保証されます。
・必要のない煩雑な手続きを省略し、通常よりもわずかな時間で開設できます。
・福利厚生とタイムリーな給与支払いを保証することで従業員の生産性を向上させます。
・採用のための人材プールの拡大など、国内外のリソースにアクセスできます。
・経験豊富な法務チームから定期的に個別のカウンセリングとアドバイスを受けられます。

マレーシアでビジネスを始める

INS グローバルでマレーシアへの国際展開が容易に

グローバル展開のパートナーを選ぶときは、合法的で経験豊富な信頼できるパートナーが必要です。 ビジネスアイデアを実現するには、慎重な計画が必要です。

幸いなことに、INSグローバらうは 15 年以上にわたり、あらゆる規模の企業の世界展開を支援してきました。

弊社のグローバル PEO(習熟作業者派遣組織) および国際的な 雇用代行業者 サービスは広範囲かつ包括的です。 私たちはあなたが成功するために必要な後押しをします。 弊社のサービスと専門家は 100 か国以上で利用でき、弊社のサポートにより、法的安全性を完全に保証でき、迅速かつスムーズにマレーシアに入国することができます。

今すぐマレーシアでビジネスを始める方法の詳細については、弊社の専門家にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE EXPANSION INSIGHTS JUNE 2024

DOWNLOAD THE PDF