タイトル

外国人従業員を雇用するための3つの解決策

外国人従業員を雇用するための3つの解決策

5月 11, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

外国人従業員の雇用は、現地の知識を持つことで、ターゲット市場に新たな利点をもたらします。 海外の独立請負業者は柔軟性をもたらすかもしれませんが、忠実な従業員のように振る舞うことはありません 雇用代行業者 を通じて雇用するということは、追加の責任を負うことなく、海外の人材を活用できるということを意味します
まとめ

海外からの労働力の採用は、御社のビジネスをサポートし、急速に拡大する国際市場でさらに迅速に成長するのに役立ちます。 外国人従業員を雇用すると、コストの削減や多様性の構築など、多くのメリットが得られます。

しかし、採用に関する労働規制や給与計算の問題により、組織は外国人材を雇用するメリットを見落とす可能性があります。 ここでは、外国人従業員を雇用する方法のいくつかの選択肢と、そのメリットとデメリットを紹介します。

外国人労働者を雇用するメリットは何ですか?

外国人従業員を雇用することにはいくつかの重要な利点があります。 これにより、次のことが可能になります。

会社を世界的に拡大する

企業は、ターゲット市場で雇用する際のコストを削減していきながら、新しい顧客を創出できます。

地元の人材は市場文化の問題点をよりよく認識しており、あなたが事業を始めるのを支援してくれます。 だからこそ、他の方法では不可能なネットワークやリソースにアクセスできるように、ターゲットとしているその国内から雇用することを検討する必要があります。

外国人従業員を柔軟に雇用できるため、既存の従業員を海外に転勤させる費用とその複雑さを軽減することもできます。

さらなる候補者を見つける

企業は、候補者のリストを拡大することにより、リモート操作で利益を得ることができます。 人材を見つける場所の制限がなくなることで、外国人従業員の雇用が容易になります。 また、従業員のテクノロジーに対する先進的な考え方も促進されます。

コストの削減

国際的な労働力プールにより、他国から競争力のある賃金で人材を雇用することがこれまでより簡単になりました。

地域間の違いから恩恵を受ける従業員報酬パッケージは、会社にとって重要なフックとなる可能性が出てきます。 国際的な人材プールを調査すると、給与や労災補償などの特典を節約できます。また 魅力的なパッケージを地元の人材に紹介することもできます。

グローバル採用オプションのトップ 3

EOR (雇用代行業者) への準拠を確保する

企業が外国人従業員の採用を検討する場合、効率的でコスト効率の高い採用オプションを求めます。 雇用代行業者 (EOR) サービスとのコラボにより、拡張が可能になり、収益性が高まります。

新しい市場で国際労働者との関わりを希望する企業は、国際人材採用を雇用代行業者プロバイダーに委託することができます。雇用代行業者は機会を生み出し、会社が大規模な移転を決定する、その前に市場を探索します。

雇用主がスタッフのスケジュールと仕事量を管理する一方で、雇用代行業者は従業員に代わって現地の採用活動と人事機能をすべて管理します。グローバル 雇用代行業者は国内で給与処理の能力を備えているため、保証された安全を提供します。

複数の地域で雇用代行業者サービスを適用すると、時間とコストの両方の点で採用活動に大きな余裕が得られます。

海外における独立した法的存在

海外で長期的な事業を確立させる企業の従来の選択は、支店などの法人を設立することでした。

この場合の新しい法人は、外国人従業員を雇用する際、現地の規制および納税義務に従って機能する必要が出てきます。 これには、会社の設立に関わるすべてのプロセスを経て、成功を確実にするため、複数のスタッフを維持することが含まれます。

海外に法人を設立した後は、その地域で合法的に労働者を雇用することができます。 これにより、この組織は国際的な市場で完全な足場を築くことができるようになります。

事業体の設立には多額の費用と時間がかかる可能性があることを強調することが重要です。 さらに、あらゆる法的および給与コンプライアンス問題に対処するには、地元の専門家を雇用する必要が出てきます。

独立請負業者の募集

雇用主が独立請負業者を高く評価するのは一般的です。それは、限られたプロジェクトに対してフルタイムの従業員よりも費用がかからないためです。 また、専門知識とともに柔軟性の要素ももたらします。

独立した請負業者は、独自のスケジュールに従って作業を管理し、独自のツールや機器を使用します。 請負業者は雇用主を顧客と見なしているため、これは厳格な管理を維持したい企業にとっては問題となる可能性があります。

この雇用オプションは、健康保険などの福利厚生を従業員に提供したくない雇用主に適しています。

米国で外国人を雇用するにはどうすればよいですか?

新しい地域の労働市場を開拓することは有益であると同時に複雑です。 グローバル企業はより多くの外国労働局規制に対処するため、従業員の採用にはより高いレベルのコンプライアンス意識が必要です。

米国に拠点を置く外国人従業員の採用は、コンプライアンス意識が低い企業に向いているかもしれません。 しかし、これは海外で有能な労働力を見逃してしまうことを意味します。

グローバルな 雇用代行業者のソリューションを使うと、どこにいても現地の雇用法や給与規定に伴う複雑な問題を軽減することができます。 これには、米国の関連する労働要件に準拠して従業員を雇用および管理するための完全なエンドツーエンドの支援が含まれます。

外国人従業員を雇用する

INS のグローバルな専門知識が外国人従業員のニーズをカバーします。

多くの雇用主は税金や法律上の複雑さのため、他国からの労働者を雇用することをためらっています。 INS グローバルの人事専門家が、全体を通じて規制に準拠し続けるようお手伝いします。

当社は、世界 100 か国以上で記録雇用者および

習熟作業者派遣組織(PEO) ソリューションを使用して国際雇用を簡素化します。

拠点または遠隔地の従業員向けのコスト効率の高いテクノロジーベースのグローバル ソリューションは、リスクを軽減しながら生産性を向上させ、企業が利点を生み出すのを支援て行きます。

世界展開の可能性を高めるために、グローバル人材の採用を検討していますか? 開始方法について詳しく知りたい場合は、今すぐ当社の法的雇用および採用プロセスの専門家に問い合わせてください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください