%タイトル%
LOGIN

海外でソフトウェア開発者を雇用できますか? 10 の重要なヒント

海外でソフトウェア開発者を雇用できますか? 10 の重要なヒント

8月 14, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  • ソフトウェア開発には多くのスキルや能力のサブクラスが含まれており、世界中ですべてが同じレベルで利用できるわけではありません。
  • 海外でソフトウェア開発者を雇用する場合のコスト削減は、いくつかの要因によって大幅に変わる可能性があります
  • 特にソフトウェア開発作業をアウトソーシングする場合は、国境を越えてデータを安全に転送および保存する方法を知る必要があります
  • まとめ

    2023 年、シリコンバレーはテクノロジーとソフトウェアの専門知識をもはや独占していません。 現在、米国企業が海外のソフトウェア開発者を雇用することで、さまざまなメリットが得られるようになりました。 考えられるメリットとしては、国際的な専門家がもたらす節約、多様性、専門知識などが挙げられます。

    ただし、機会が増えるとリスクも高まります。 国際展開の他の部分と同様に、海外でソフトウェア開発者を雇用するということは、法的なやりとりが伴う新たな世界でどう立ち回るかを知ることを意味します。

    そのため、海外でソフトウェア開発者を雇用する米国企業向けに、採用慣行と問題点に関するこのガイドを作成しました。 適切な専門知識と知識があれば、あらゆる機会に恐れることなく迅速に採用できます。

    他国でソフトウェア開発者を雇用する際の課題は何ですか?

    海外での人材採用には特有の課題が伴いますが、ソフトウェア開発者の採用も例外ではありません。 選択肢を検討する際に直面する可能性のある課題のほんの一部を以下に示します。

    言語とコミュニケーションの壁

    海外のソフトウェア開発者と一緒に働く場合、言語の違いやコミュニケーションの問題が生じる場合があります。 多くのソフトウェア会社が要求する B2 レベルは、一部の海外開発者にとっては高すぎるかもしれません。 コミュニケーション不足が発生し、プロジェクトの遅延につながる可能性があるため、採用時の熟練度チェックが必要です。

    タイムゾーンの違い

    タイムゾーンの変動に対処すると、会議のスケジュール設定や仕事の調整が困難になる可能性があります。 チームの重複する作業時間が制限され、コラボレーションや意思決定が遅くなる場合があります。 それを補うために、非同期作業などの新しい戦略を試してください。

    法的およびビザの問題

    外国人従業員を雇用するには、多くの場合、複雑な法的手続きやビザ手続きが必要になります。 移民法の遵守を徹底し、就労ビザを確保するには、時間と費用がかかる場合があります。

    既存の従業員の海外転勤は通常、自国で雇用するよりも約 2 ~ 3 倍の費用がかかります。 つまり、それを補うために予算を調整する必要があります。 ただし、人件費の安い海外のソフトウェア開発者を直接雇用することで、コストを一部削減できます。

    文化の違い

    文化は、チームのダイナミックす、コミュニケーション スタイル、仕事の習慣に影響を与える可能性があります。 だからこそ、文化の違いを理解し尊重することが、前向きな職場環境を育むために非常に重要なのです。 しかし、いくつかの研究によると、慎重に計画を立てれば、これらの違いが前向きな変化につながる可能性があります。

    ライセンスと教育の違い

    ソフトウェア開発には多くのスキルや能力のサブクラスが含まれており、世界中ですべてが同じレベルで利用できるわけではありません。 利用可能な教育レベルの基本的な違いに加えて、どこで人材を探すかについて特別な考慮が必要になる場合があります。 プログラミング言語やAIの能力などのスキルは、場所によって大きく異なります。

    現地での採用と選考の課題

    海外で資格のあるソフトウェア開発者を特定して誘致することは、ターゲット市場における業界標準やベンチマークの違いのため、困難を伴う場合があります。 そのため、海外での採用を成功させるには、現地の仕事への期待、文化的規範、人材の確保状況を理解することが重要です。

    データセキュリティとプライバシーに関する懸念

    リモート開発者と仕事をすると、データのセキュリティとプライバシーに関する懸念が生じる場合があります。 データ保護は、2020 年のデータ侵害により世界で最も高いコストが発生した米国企業にとって特に懸念事項です。国境を越えてコラボレーションする場合、機密情報の保護を確保することが不可欠になります。 安全なデータプライバシー慣行を保証するために雇用主として何ができるかを認識することが当面の優先事項であるはずです。

    給与、税金、規制の複雑さ

    国際的な給与計算と課税の管理は、法律や規制が異なるため複雑です。 企業は、コンプライアンスを確保するために専門家のアドバイスを求め、複数国の給与計算プラットフォームなどの特定のツールの使用を検討する必要がある場合があります。

    法的および管理上の要因により、外国人従業員に競争力のある福利厚生や特典を提供することは、より複雑で費用がかかる場合もあります。

    海外のソフトウェア開発者のための 10 のヒントと採用戦略: 海外の熟練したソフトウェア開発者を惹きつけて採用する方法

    必要なスキルセットを念頭に置いて仕事の要件を定義する

    まず、明確かつ具体的な職務要件を定義します。 ソフトウェア開発者に求めるスキル、経験、ライセンスの概要を明確に説明しましょう。 これは、御社の組織やプロジェクトに最適な候補者を引き付けるのに役立ちます。

    国内外で競争力のある報酬を提供します

    才能ある開発者の需要は世界中で高まっているため、優秀な人材を引き付けるには、競争力のある報酬を提供することが重要です。 対象国の給与ベンチマークを調査し、オファーが魅力的で業界標準に沿っていることを確認しましょう。

    ソフトスキルとハードスキルの優先順位のバランスを取る

    必要なコーディング言語に精通している人、または探しているオンライン ツールの経験がある人を単純に雇いたくなるかもしれませんが、新入社員は”人”のチームに加わることになるため、他の人々と効率的に作業できることが必要です。 ニーズを計画したり、候補者を選別したりする際には、ソフトスキルとハードスキルのすべてを念頭に置いてください。

    ポジティブな企業文化を通じてEVP (雇用主の価値提案) をアピール。

    求人情報や Web サイトで会社の価値観、使命、文化を強調しましょう。 開発者は多くの場合、前向きな労働環境、成長の機会、エキサイティングなプロジェクトを備えた企業を求めています。

    地元の開発者コミュニティとプラットフォームを活用する

    対象国固有のオンライン開発者コミュニティ、フォーラム、ソーシャル メディア グループに参加しましょう。 地元の開発者と関わり、技術コンファレンスに参加することにより、つながりを確立でき、潜在的な候補者を見つけることができます。

    リモートワークのオプションとワークライフバランスを考慮する

    アウトソーシング サービスを通じて、現地企業の組織を持たずに海外のソフトウェア開発者をリモート チームのメンバーとして雇用することに積極的です。 リモートワークにより、世界中の人材プールを活用できるようになり、開発者は好きな場所から柔軟に作業できるようになります。

    長期的な成長と可能性をもたらす機会を提供する

    社内での専門的な成長とスキル開発の機会を強調しましょう。 海外または国内の熟練したソフトウェア開発者は、継続的な学習とスキル向上をサポートする組織を探しています。

    魅力的な課題を面接または採用プロセスに組み込む

    徹底的な面接を実施して、候補者の技術スキル、問題解決能力、文化的適合性を評価します。 技術的な評価とコーディングの課題を利用して熟練度を評価することを検討してください。

    文化の違いに注意する

    他国からの候補者と接するときは、文化の違いを尊重し、理解してください。 言語の壁に注意し、包括的かつ明確になるようにコミュニケーションを調整してください。

    海外スタッフへの移転資金や追加サポートの提供

    御社が就労ビザや転勤のスポンサーに前向きな場合は、求人情報の中でそのことを明確に伝えてください。 合格した候補者がビザの手続きを進め、引っ越しが必要になった場合に転居の手続きを支援します。

    オフショア ソフトウェア開発の台頭: 長所と短所の比較

    オフショア ソフトウェア開発の最大の利点は、人件費を節約できることです。 一部の情報源によると、海外のソフトウェア開発者の時給は、米国での同じ専門スキルのコストの半分、あるいは 4 分の 1 にもなる可能性があります。

    マイナス面は一般に、進捗状況の監督が難しいことなど、管理やチームのダイナミックに関する問題を中心に展開されます。 また、会社の価値観やビジョンについての間違った考えは、将来的に問題を引き起こす可能性があるため、文化の違いについても考える必要があります。

    ソフトウェア開発には幅広い能力が必要ですが、それを 1 人で見つけるのは難しいため、ネットワークをできるだけ広く広げると選択肢が広がります。

    長所

    1. 賃金の低下によるコストの削減 (ただし、従業員福利厚生のコストが高くなる可能性があることに注意してください)

    2. 経験、スキル、視点の多様性

    3. 必要に応じて容易に拡張できる機能と開発の機会

    短所

    1. 考え方や働き方の違い

    2. データセキュリティルールは独自のものと異なる場合があります

    3. 言語の壁

    海外でソフトウェア開発者を雇用するための雇用法と規制を理解する

    海外で雇用する場合は、対象国の雇用法と規制をよく知っておく必要があります。 企業が海外で雇用する際に考慮する必要がある主な領域は次のとおりです。

    雇用契約

    対象国における雇用契約の要件と規定を理解しましょう。 一部の国では、書面による契約を義務付けたり、最低契約期間を指定したり、契約に含める必要がある特定の条件の概要を示したりする場合があります。

    対象国の労働基準には、最低賃金、制限された労働時間、残業代、休憩、休暇の権利が含まれる場合があります。 現地の法律を確実に遵守することは、事業拡大を脅かす可能性のある法的問題を回避するのに役立ちます。

    労働許可証とビザ

    従業員を海外に転勤または派遣することを検討している場合は、外国人従業員のビザと労働許可の要件をよく理解してください。 就労ビザのスポンサーが必要な場合があり (一部の国では、現地の会社組織によるスポンサーが必要です)、従業員がこれらの許可を取得するには、特定のポイントまたは職務を満たさなければならない場合があります。

    従業員給付

    対象国の従業員に企業が提供しなければならない健康保険、退職金制度、有給休暇などの義務的な福利厚生について理解しましょう。

    雇用保護規則や解雇手当へのアクセスも国によって異なります。 だからこそ、解雇の場合に雇用契約を終了し、該当する場合には退職金を支給するための規則と手順を知っておく必要があります。 また、調停、仲裁、法的手続きなど、雇用関連の紛争を解決するためのガイドラインを知っておく必要もあります。

    従業員給付

    対象国の従業員に企業が提供しなければならない健康保険、退職金制度、有給休暇などの義務的な福利厚生について理解しましょう。

    雇用保護規則や解雇手当へのアクセスも国によって異なります。 だからこそ、解雇の場合に雇用契約を終了し、該当する場合には退職金を支給するための規則と手順を知っておく必要があります。 また、調停、仲裁、法的手続きなど、雇用関連の紛争を解決するためのガイドラインを知っておく必要もあります。

    データ保護とプライバシー

    特に従業員データや機密情報を扱う場合は、対象国のデータ保護法とプライバシー法に注意してください。 特にソフトウェア開発作業をアウトソーシングする場合、国境を越えてデータを安全に転送および保存する方法を知る必要があります。

    税金と給与の要件

    所得税、社会保険料、その他適用される税金など、会社と従業員の両方に対する税金への影響を理解しましょう。 雇用主として、あなたは海外のソフトウェア開発者の給与を効果的に管理する責任を負います。 これには、税金や社会保障ファイルへの支払いが含まれます。

    既製のローカル構造を通じてこれらの機能を処理できるグローバル EOR を使っている場合を除き、これを行う必要があります。

    こうした複雑な問題に効果的に対処するには、企業は法律顧問を探すか、現地の法律に詳しい人事専門家に相談する必要があります。 さらに、現地の規制に合わせた明確なポリシーと慣行を確立することは、コンプライアンスを確保し、海外従業員との前向きな労働関係を促進するのに役立ちます。

    海外でソフトウェア開発者を雇用する場合のコスト削減と投資収益率の分析

    海外でソフトウェア開発者を雇用する場合のコスト削減は、いくつかの要因によって大きく異なります。 これらには、現地従業員の福利厚生、職務、必要な専門知識のレベル、採用企業の全体的なビジネス戦略が含まれます。

    一般に、海外のソフトウェア開発者を雇用すると、以下の費用を節約できます。

    ・人件費

    ・ 従業員給付

    · 税金と社会保障負担金

    · オフィススペースとインフラ

    · 管理コスト

    ・ 為替相場

    · 短期的なニーズに応じて請負業者を雇うなど、プロジェクト固有の節約

    登録雇用者は海外でのソフトウェア開発者の雇用をどのように支援できますか?

    国際展開パートナーとして INS グローバルを選ぶ理由は何ですか?

    INS グローバルは、20 年近くにわたり、世界中の企業の国際展開目標を支援してきました。

    海外でソフトウェア開発者を雇用する米国企業は、さまざまな法的および規制上の課題に直面する可能性があります。 それでも、INS グローバルの地元の EORサービスのサポートがあれば、それほど大きな問題はありません。

    EOR は、海外の労働者の法的雇用主として機能することにより、完全なコンプライアンス保証を提供します。 ターゲット市場の EOR パートナーがあれば、以下は必要ありません。

    ・高価な地元の構造
    ・高価な現地の人事部スタッフ
    ・継続的な法的監視
    ・潜在的に悲惨な責任ミス

    INS グローバルの海外 EOR は、世界 100 か国以上でこれらすべての要素およびその他の要素を処理します。

    INS グローバルを利用すると、地元の知識と十分に発達したリソース ネットワークによる採用サポートの世界にアクセスできます。 当社のサービスは、完全に統合されたオンライン プラットフォームを通じてもご利用いただけます。 これにより、いつでも対応できる単一の窓口を通じて、拡張の問題に対するあらゆる解決策が提供されます。

    海外展開も視野に入れていますか? INS グローバルに無料で問い合わせて、迅速、安全、効率的に拡大する方法を確認してください。

    よくある質問

    なぜ海外でソフトウェア開発者を雇用するのでしょうか?

    海外でソフトウェア開発者を雇用すると、多様なスキルや視点を持つ幅広い人材プールにアクセスできるようになります。 これは、開発コストを削減する革新的なソリューションにつながる可能性もあります。 また、特に国家間に賃金差がある場合には、費用対効果も高くなります。

    海外の開発者を雇用する際の課題は何ですか?

    言語の壁、タイムゾーンの違い、文化の違いが問題を引き起こすことがあります。 リモート チームの管理は困難な場合があり、海外のソフトウェア開発者を雇用する場合は、法的および税務上の考慮事項が発生する可能性があります。

    米国会社の海外のソフトウェア開発者はどこで見つけられますか?

    Upwork、Freelancer、Toptal、GitHub などのオンライン プラットフォームは、世界中の熟練した開発者とつながるのに役立ちます。 リモート雇用に特化したターゲット市場の人材紹介会社の利用を検討することもできます。

    海外のソフトウェア開発者のスキルを評価するにはどうすればよいですか?

    徹底的な技術面接とコーディング評価を実施して、主なスキルを評価できます。 実践的なコーディングの課題、技術的なディスカッション、問題解決のシナリオは、彼らの能力を評価するのに役立ちます。 完全に適合するものを見つけたら、EOR は世界中で市場を拡大し、市場投入までの時間を短縮するのに役立ちます。

    タイムゾーンの違いはワークフローにどのような影響を与えますか?

    タイムゾーンの違いは難しい場合がありますが、有能なリーダーがいれば大きな問題にはなりません。 プロジェクト マネージャーは、主要なチーム メンバーの重複する勤務時間を設定する必要があります。 また、いつ応答が求められるかを知ることに関して、誰もが達成可能な目標を確実に持つことができます。

    海外でソフトウェア開発者を雇用する場合、法的および契約上のどのような面を考慮する必要がありますか?

    以下に関連する問題については、法律の専門家に相談してください。
    ・契約書
    ・知的財産権とデータ保護法
    ・税金
    ・従業員給付
    ・あなたの国と開発者の国の雇用規制

    セキュリティとデータ保護はどのように対応すればよいですか?

    安全な通信を実装し、コードのバージョン管理システムを使い、海外のソフトウェア開発者がデータを適切に処理できるようにします。 また、対象市場における現地のデータ保護法の詳細を理解するには、法律の専門家に相談する必要があります。 また、それらが自分のものとどのように相互作用するかについても考える必要があります。

    海外でリモートのソフトウェア開発者を雇うべきでしょうか、それともサテライトオフィスを設立すべきでしょうか?

    決定は特定のニーズとリソースによって異なりますが、どちらの作業方法にも常に選択肢があります。 オフショア開発チームはリモートで作業するため、柔軟性が得られます。 同時に、オフィスを設立するとコラボレーションが促進されますが、時間とリソースが必要になります。

    今すぐお問い合わせください

    今すぐお問い合わせください

    関連記事

    テクノロジー業界が進化するにつれて、柔軟で革新的なテクノロジー採用ソリューションの必要性がますます重要になっています.
    INS グローバルの国際展開専門家チームは、今日の製薬およびバイオテクノロジーの採用トレンドについて詳しく知るために必要な情報を提供します。
    現代の多くの組織は、従来の事後対応的な戦略には限界があるため、積極的な採用や戦略的な採用の利点を認識しています。

    DOWNLOAD THE PDF