トリニダード・トバゴのEOR | INS Global

トリニダード・トバゴのEOR

グローバルな雇用、ローカルな支払い、容易な事業拡大

外国への事業展開は、エキサイティングな新しいチャンスを開く可能性があります。しかし、複雑な法的手続きや行政手続きを自分で進めなければならない場合、海外進出は複雑で面倒なものになりかねません。しかし、トリニダード・トバゴのEORを利用すれば、進出を簡素化し、コストのかかる遅延やリスクを回避することができます。

トリニダード・トバゴのEORは、現地従業員の雇用、外国人労働者の入国、現地通貨での従業員への給与支払い、税法・労働法の遵守など、あらゆる法的・行政的業務を代行します。

EORを利用すれば、トリニダード・トバゴに支店や子会社を設立する必要がなくなります。EORサービスはまた、時間と資本を節約する合理的なアプローチを提供するため、お客様は成長の原動力となる中核事業に集中することができます。

トリニダード・トバゴのEOR- まとめ

トリニダード・トバゴにおけるEORを利用するメリット

現地の法律の遵守を徹底する

トリニダード・トバゴの税法と労働法は、外国企業にとって特に理解するのが難しい場合があります。しかし、INS グローバルのような経験豊富なEORは、御社のビジネスが現地の法律や規制を遵守していることを保証します。

経費と時間枠の合理化

トリニダード・トバゴで子会社を設立するのはコストと時間がかかります。しかし、EORソリューションなら、別法人を設立することなく、グローバルに雇用し、現地で従業員に給与を支払うことができます。

この効率的で費用対効果の高いソリューションにより、事業拡大のスケジュールが短縮され、数カ月ではなく数日で事業拡大が可能になります。

事業の成長に集中する

EORの専門家に人事管理業務やコンプライアンス業務をすべてアウトソーシングすることで、製品開発、マーケティング、販売など、ビジネスの主要な面に集中することができます。

ビジネスリスクを最小限に抑える

トリニダード・トバゴで事業を行うには、数多くの外国の税法や規制法を遵守しなければならないため、リスクが伴います。しかし、トリニダード・トバゴの法規制を熟知したEORであれば、お客様の事業がコンプライアンスを維持し、資金と評判を守ることができます。

総合的なグローバルプレゼンス

トリニダード・トバゴをはじめとする100カ国以上での豊富な経験を生かし、世界各地でのグローバル展開を促進します。人事アウトソーシングとコンプライアンス保証を、給与計算や契約管理などの各種サポートサービスに容易に統合できます。

なぜ会社設立よりもトリニダード・トバゴのEORを選ぶのか?

EORを使っての解決には、トリニダード・トバゴでの会社設立に比べていくつかの利点があります。例えば、国際企業はEORを利用することで、子会社設立の複雑さやコストを回避することができます。

海外に会社を設立すると、100%の支配権を得ることができるかもしれませんが、管理上やコンプライアンス上の負担が伴います。これらの業務は、事業拡大の目的から目をそらすことになりかねません。

さらに、トリニダード・トバゴの労働法規に精通した経験豊富なEORは、コンプライアンス・リスクを軽減するのに役立ちます。

したがって、トリニダード・トバゴのEORサービスは、以下のような柔軟性とダイナミズムを提供します:

・新規市場のテスト
・プロジェクトベースの仕事の完了
・コアビジネスへの集中

testimonial from Manuel Ramos

証言

マニュエル ラモス

テラオ アジア

取締役社長

INSグローバルは、中国のような市場で起業することについての良い解決策だと思います。市場を理解したからといって、すぐに会社を設立する必要はありません。

5/5

トリニダード・トバゴのEORはどのように機能するのか?

トリニダード・トバゴのEORは4つのステップでご利用いただけます:

・ビジネス要件の評価: INSグローバルのチームは、お客様の事業ニーズとトリニダード・トバゴでの雇用要件を徹底的に評価します。この評価により、御社の事業拡大の目的に合わせたカスタムプランを作成します。
・雇用のための法人設立 その後直ちに、トリニダード・トバゴで労働者を雇用・派遣するための法人組織を提供します。
・人事管理とコンプライアンス INSグローバルは、人事管理の法的責任をすべて負い、御社の業務に関わるトリニダード・トバゴの税法と労働法の遵守を保証します。
・成長への集中 INSグローバルが御社の人事・法務を担当する間、御社は従業員の日々の業務管理に専念し、事業の発展に貢献することができます。

POEとEORの違いは何ですか?

トリニダード・トバゴのEORと POEは、雇用関連サービスを提供しますが、その範囲は異なります。

例えば、PEOは共同雇用者として御社と特定の雇用主責任を共有しますが、EORは全ての人事・雇用関連事項の法的責任を負います。

御社固有のビジネスニーズによって、理想的なソリューションが決定されるかもしれません。しかし、EORはトリニダード・トバゴへの進出を目指す国際企業に包括的なサポートと柔軟性を提供します。

トリニダード・トバゴの労働法

トリニダード・トバゴにおける雇用契約

トリニダード・トバゴの雇用主は、従業員に対し、雇用条件の概要を記載した書面による雇用内定を提示しなければなりません。この内定には、職位、給与、労働時間、休暇、その他関連する条件などの詳細を含めることができます。

このような契約には、雇用の性質(正社員、臨時社員、パートタイマーなど)、労働時間、賃金または給与、時間外労働の規定、試用期間(該当する場合)、その他雇用者と被雇用者の間で合意された条件を含む雇用条件を明記しなければなりません。

トリニダード・トバゴで一般的な労働契約の種類は以下の通りです:

・無期雇用契約: ここでは、従業員は無期限に雇用されます。

・有期契約: 雇用主は、特定の期間またはプロジェクトに対して有期契約を提供します。 契約書には雇用の開始日と終了日が指定されており、有期契約の終了時に契約の更新または終了に関する条項が含まれる場合があります。
・カジュアルまたはパートタイム契約: この契約は、不規則な時間または必要に応じて働く従業員を対象としています。
・試用契約: 試用契約は、雇用主が従業員の正社員への適性を評価するのに役立ちます。
・臨時または季節契約: これらの契約は、一時的または季節的な労働需要を満たすための特定の期間のものです。
・ゼロ時間契約: 雇用主はゼロ時間契約の最低労働時間を保証しません。 これらの契約は雇用主に柔軟性を提供しますが、従業員の勤務可能時間には制限があります。
・労働協約: 労働協約は、従業員を代表して雇用主と労働組合の間で交渉される契約です。
トリニダード・トバゴでは雇用の終了を規制する特定の法律はありませんが、慣習法の原則が適用される場合があります。 たとえば、解雇は、業績不振、雇用契約の終了、双方の合意などの正当な理由に基づく必要があります。

トリニダード・トバゴの雇用主は、解雇の前に少なくとも1か月前までに従業員に書面で通知する必要があります。

トリニダード・トバゴの退職金は以下の通りです。

・勤続年数が 1 年を超え 5 年未満の従業員は、勤続年数ごとに 2 週間分の給与を受け取る権利があります。
・5年以上勤務した従業員は、勤続年数ごとに3週間分の支払いを受ける権利があります。

トリニダード・トバゴの労働時間

トリニダード・トバゴの推奨労働時間は、毎日8時間、週40時間である。また、従業員はシフトが規定時間を超えた場合、勤務時間中に食事休憩を取る権利があります。

8時間を超えて働くトリニダード・トバゴの従業員には、時間給で追加報酬を受け取る権利があります。祝祭日の労働には200%の賃金率が適用されます。

トリニダード・トバゴの全国最低賃金はTTD 17.50(トリニダード・トバゴドル)です。

トリニダード・トバゴの祝日

トリニダード・トバゴの従業員は、13の祝祭日に有給休暇を取得することができます:

・元旦 – 1月1日
・精神バプテスト解放記念日 – 3月30日(移動祝日)
・聖金曜日(Good Friday) – 日付は異なる(移動祝日
・イースターマンデー – 日程により異なる(移動祝日)
・インド到着記念日 – 5月30日(30日または週末の場合は翌月曜日)
・コーパスクリスティ(Corpus Christi) – 日付は異なる(移動祝日
・労働者の日 – 6月19日
・解放記念日 – 8月1日
・独立記念日 – 8月31日
・共和国記念日 – 9月24日
・ディヴァリ – 日付は異なる(移動祝日)
・クリスマス – 12月25日
・ボクシングデー – 12月26日

トリニダード・トバゴの年次有給休暇

トリニダード・トバゴでは、休暇は法定規定で義務付けられていません。しかし、政府職員には特定の手当を受ける権利があります。民間部門の従業員の休暇日数は、雇用契約または団体協約(CBA)を通じて決定されます。

トリニダード・トバゴでの病気休暇

トリニダード・トバゴの民間部門における病気休暇の期間は、通常、雇用主の方針や慣行によって決定されるため、変動する可能性があります。

トリニダード・トバゴの産休/育休

同じ組織で最低1年(12カ月)勤務した従業員は、出産休暇を取得できます。トリニダード・トバゴでは、産前6週間、産後7週間の計13週間が産休となります。

出産休暇中の従業員には、1カ月間は給与が全額支給され、その後の2カ月間は給与が半額支給されます。

トリニダード・トバゴの社会保障

トリニダード・トバゴの社会保障税は “国民保険 “と呼ばれています。これらの保険料は様々な料率で控除されます。最高税率は、月収が13,600TTDを超える場合、週当たり414.30TTDです。雇用主はTTD 276.20、被雇用者はTTD 138.10を支払います。

トリニダード・トバゴの個人納税者は、月収が470TTDを超える場合、週当たり8.25TTDの医療サーチャージを支払わなければなりません。

トリニダード・トバゴでの病気休暇

課税所得が 100 万トリニダード・トバゴ ドル (TTD) 未満の個人の所得税は 25% です。 100万TTDを超える所得には30%の税率が適用されます。

付加価値税 は、トリニダード・トバゴのいくつかの商品およびサービスに標準税率 12.5% で適用されます。

標準法人税率は 30% ですが、この数値は企業の種類によって異なります。

今すぐお問い合わせください

トリニダード・トバゴのその他のソリューションを見つける

よくある質問

いいえ、各国の労働法を遵守するために、海外の現地法人を利用する必要があります。

外資系企業は、各国に現地法人を設立するか、現地のPEOのサービスを利用して、現地でスタッフを直接雇用することができる。

EOR主とは、特定の国で雇用される従業員に対して責任を負う法人である。実際には、外国企業は子会社を設立して海外の従業員の雇用主となるか、PEOを利用して雇用主となります。

責任は国によって異なる場合があり、労働契約の問題、給与管理、税務コンプライアンス、社会保障管理、経費請求申告、雇用と解雇の手続きなど、スタッフ管理の責任がすべて含まれます。

一般に、既存の PEO をEORの従業員として使用し、従業員を海外に駐在させるには 1 か月かかります。 新しい子会社を設立してEORとする場合、遅延は 4 ~ 12 か月の範囲で異なります。

トリニダード・トバゴにおける専門的な EOR サービスの価格は、労働者の月々の報酬の割合です。 この価格には、現地の雇用法を確実に遵守するための人事関連のタスクがすべて含まれています。

もちろんです。トリニダード・トバゴのEORは、会社組織を設立せずに雇用主の責任を処理する安全で合法的かつ効率的な方法です。

トリニダード・トバゴのEORサービス契約は、御社の従業員が毎月時間通りに正確に給与を支払われることを保証します。さらに、従業員はすべての福利厚生を利用でき、法律によって保護されます。

トリニダード・トバゴのEORを利用してクライアントとやり取りする独立請負業者は、自分の仕事を完全に管理することができ、通常の従業員と同じ福利厚生を受けることができます。

はい。リクルートコンサルタントのエキスパートチームが、お客様のニーズに合ったトリニダード・トバゴの現地人材をご紹介いたします。

はい。EORはオンラインまたは対面の専門家ネットワークを活用して、トリニダード・トバゴのさまざまな都市や地域で労働者を見つけて雇用するお手伝いをします。

EORはお客様のニーズやご希望に応じて、トリニダード・トバゴの特定の都市や地域でヘッドハンティング、面接、候補者選定を行います。

何人でも雇用することができます。一部のPEOやEORサービスプロバイダーとは異なり、INS グローバルには雇用の最低限度や上限はありません。

トリニダード・トバゴでビジネス戦略を実行する際には、柔軟性が重要であることを理解していますので、いつでも迅速に規模を拡大したり縮小したりすることができます。

トリニダード・トバゴのPEOを利用すれば、現地でのビジネスの住所は必要ありません。しかし、従業員にとっては、都合の良い時に共有ワークスペースで仕事をするのは良いアイデアです。

トリニダード・トバゴに滞在する外国人に必要なビザや労働許可証の手続きを管理することができます。また、トリニダード・トバゴ人と外国人とで、現地の雇用法、税法、従業員福利厚生が異なる場合にも対応いたします。

PEOとEORサービスの法的専門知識は、中小企業や多国籍企業が国際的な事業展開の際にコスト面で困難を回避するのに役立地ます。

トリニダード・トバゴで独立したフリーランサーを雇用するために、人材派遣会社や傘会社を利用することができます。

トリニダード・トバゴでの採用コストは、給与、人材紹介サービス料、契約ボーナス、社会保険料の支払いなどの経費を考慮する必要があります。

トリニダード・トバゴの雇用主は、すべての労働者の給与を管理し、従業員の所得税と社会保険料に相当する金額を源泉徴収する責任を負います。

トリニダード・トバゴの全国最低賃金はTTD 17.50(トリニダード・トバゴドル)です。

これらはトリニダード・トバゴで働く人のための一般的なビザの種類です:

・労働許可証:労働許可証は国家安全保障省によって発行され、外国人が特定の仕事または雇用期間の間、トリニダード・トバゴで働き、居住することを許可します。
・一時労働許可証: トリニダード・トバゴに短期労働赴任または契約する外国人従業員には、一時労働許可証が発行されます。
・企業内転勤: このビザの種類では、多国籍企業はトリニダード・トバゴにある企業の支店、子会社、または関連会社に従業員を転勤させることができます。

トリニダード・トバゴでは、雇用主が従業員の所得税の支払いと社会保障基金の拠出金を毎月まとめて徴収しています。

トリニダード・トバゴの従業員には、祝祭日、退職金、有給休暇(病気休暇、年次休暇、育児休暇)、健康保険が与えられます。

トリニダード・トバゴでは、従業員の契約を一方的に変更することは認められていません。 むしろ、両当事者がそのような変更に同意し、署名する必要があります。

労働・中小企業開発省は、トリニダード・トバゴの労働規制を規制および施行しています。

トリニダード・トバゴの雇用主が従業員の契約を終了したい場合は、事前に従業員に通知し、その後退職金を支払わなければなりません

トリニダード・トバゴの労働規制は、労働・中小企業開発省によって規制および施行されています。

トリニダード・トバゴの従業員は、国が認めている 13 の祝日に有給休暇を取得する資格があります。

DOWNLOAD THE EXPANSION INSIGHTS JUNE 2024

DOWNLOAD THE PDF