日本企業が変わりつつある 3 つの興味深い方法

日本企業の事業拡大における3つの最大の変化

日本企業の事業拡大における3つの最大の変化

5月 9, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 日本は中国を製造ニーズに対する唯一の選択肢として、ますます見なさなくなって来ている。
  2. ベトナム、インド、バングラデシュ、ラオス、パキスタンはすべて、代替候補としてターゲットにされている 企業はこれらの状況に適応し、それを活用する新しい方法を見つける必要があります
まとめ
2023 年は、グローバル ビジネスがどこでどのように拡大するかに大きな変化が見られる興味深い年になるでしょう。 日本貿易振興機構(ジェトロ)の2022年の報告書によると、日本企業は世界展開戦略の大幅な転換を示している。 2023 年は、グローバル ビジネスがどこでどのように拡大するかに大きな変化が見られるであろう興味深い年になるでしょう。 日本貿易振興機構(ジェトロ)の2022年の報告書によると、日本企業は世界展開戦略の大幅な転換を示している。 日本の進出戦略の変化は何ですか? ジェトロの2022年日本企業業績報告書によると、海外展開のターゲット市場には顕著な変化が見られる。 この変化は主に、潜在的な製造拠点としての中国に対しての変化を生じた。 パンデミックの長期的な影響が続いていることもあり、中国は製造業のニーズを満たす唯一の選択肢とは見なされなくなってきている。 日本企業は、その代わりに主に東南アジアを中心に、より多様な国への進出の機会を求めています。 この変化から最も恩恵を受けた国はベトナムとインドであり、バングラデシュ、ラオス、パキスタンも選択肢としてますます人気が高まっています。 中国に進出する日本企業の利益は総じて減少している。 パンデミックによる制限によってサプライチェーンに遅れが生じ、多くの企業の製品供給能力に悪影響が生じました。 しかし、日本企業は中国の外に目を向けながらもアジア太平洋地域内にとどまることで、サプライチェーンを適度に短く保ちながら、人件費とビジネスのしやすさのバランスの変化から、まだ恩恵を受けることができている。 私たちが目にしている 3 つの最大の変化とその理由 ジェトロの報告書では、この変化をいくつかの関連要因に分類し、主要産業における変化の具体的な結果を示しています。 中国への関心の低下 中国での雇用に関する厳格なゼロコロナ規制により、パンデミック下で多くの企業が国境を越えて効率的に業務を遂行する能力が損なわれた。 その結果、日本の対中投資が14.7から-15.1に低下したことを示しており、これは中国への関心と投資の全般的な減少を意味している。 この数字は、輸送機器と産業機械のセクターではさらに悪い結果となっています。 ベトナムへの関心の高まり パンデミックに関する国際的な規制が緩和されて(そして中国の規制解除が遅れて)以来、日本企業はベトナムとの取引がますます増えてきている。 普及指数によると、日本企業は-5.1から25というかなり高い割合でベトナムに投資していることがわかります。 以前は中国市場で強みを発揮していた精密医療機器や食品などの業界を考慮する場合に特に重要です。 東南アジア全体に広がる産業の広がり インドにおける活動制限の早期緩和と、この市場の購買力の継続的な成長により、日本の対インド投資の拡散指数は48.9(2021年)から51.3%(2022年)に上昇しました。 ベトナムほど顕著な対照ではありませんが、よく話題になるインド経済の成長を考えると、依然として重要事項です。 この変化は、インドが以前発展を目指すと表明していたゴム、セラミックス、輸送機器産業で最も重要な変化として挙げられる。 その結果、日本企業のこれらの業界は、インドの製造力の発展の恩恵を受ける可能性が高い。 一般に、インドは多くの企業にとって長期的な目標の目的地であるようです。 英語を流暢に話す人口が多く、外国投資家のさまざまな要求に応えることができる主要都市が多いインドは、近い将来さらに多くのサービスを提供できる立場にあります。 したがって、この予測は、東南アジア全体のこれらの収益性の高い産業の発展にとって良好であると考えられます。 最近、パンデミック時代の義務が解除されたにもかかわらず、変化がすでに始まっている中、国際企業がサプライチェーンを直ちに中国に戻そうとすることを示唆するものはほとんどない。 その結果、企業はこれらの状況に適応し、利用可能な成長するリソースと開発を活用するための新しい方法を見つけることが推奨されます。 日本企業(そしてその他の企業)は、2023 年にこれらのビジネストレンドをどのように最大限に活用できるでしょうか? 一般に、日本企業は中国からベトナム、インドへの移動が継続し、バングラデシュ、ラオス、パキスタンの新興市場への移動は少ないものの、依然として大きな流れとなるだろう。 日本企業にとっても、これらは成長市場として、そこで雇用または異動される可能性のある人材にとっても優先事項となります。 そのため、今がさまざまな新しい国や地域の課題や課題についてさらに学ぶのに最適な時期です。 このような場合、人事および雇用アウトソーシング サービス パートナーのサポートが成功と失敗の分かれ目になる可能性があります。 適切なパートナーは、就労ビザから現地の生活費や就労経験の基準に至るまで、必要なものをすべて手配してくれます。 馴染みのない市場では、従業員を保護するための新たなコンプライアンス対策も必要です。 国際展開戦略には、潜在的な雇用主としての競争力を確保するために、新しい知識を最大限に活用する業界水準が必要です。 INS グローバルがお客様の世界展開のニーズをサポートします INS グローバル は、 習熟作業者派遣組織(Professional Employer Organization) および 雇用代行業者 (Employer of Record) のソリューションを幅広く提供し、給与計算、コンプライアンス、契約管理、採用などの面で合理化とサポートを提供します。 当社の専任専門家チームが提供するこれらのサービスは、簡単、安全、効果的に視野を広げるのに役立ちます。 当社のサポートにより、現地市場の豊富な専門知識や適切な人材プールなどのリソースにアクセスできるようになります。 これらすべては、確実に準備を整えて最善を尽くすためにお役立ちします。 INS グローバル がどのように御社の多様化と拡大の夢の実現を支援できるかについて詳しく知りたい場合は、今すぐお問い合わせください。  
今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください