%件名%

リモート従業員のための税金の整理に関するトップガイド

リモート従業員のための税金の整理に関するトップガイド

3月 2, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. リモート従業員は、居住国の税法に従って課税される必要があります
  2. リモート従業員に対しても、対面の従業員に対する場合と同じ税金を源泉徴収する必要があります
  3. 多くの国では、リモートワーカー向けに減税や控除が受けられます
まとめ

従業員をリモートで雇用することは、チームに新しいスタッフを追加し、従業員の人材の多様性を高めるための費用対効果の高い方法です。 ただし、リモート ワーカーを管理するには、対面の従業員とは異なるアプローチが必要であることを覚えておくことが重要です。 リモート従業員の給与計算や税務処理でミスをすると、手数料や罰金の面で多額の費用がかかる可能性があります。

この記事では、提供する情報とアドバイスを利用すれば、損害の大きいエラーを防ぐことができます。 さらに、すべてのリモート従業員の税金を効果的かつコンプライアンスに準拠して処理していることを確認できます。

リモート従業員にはどのような税金が適用されますか?

世界中で、オフィスの従業員に適用されるものと同じ税金がリモートの従業員にも義務付けられています。 一部の企業ではリモート従業員をフリーランサーまたは独立請負業者と見なしているにもかかわらずです。

適用される給与控除は、会社の所在地と地方の課税ガイドラインによって異なりますが、通常は次のものが含まれます。

1 所得税
2 失業税
3 社会保障控除
4 年金
5 医療税
対面の従業員の場合と同様に、すべてのリモート従業員に対してこれらの金額を差し控える必要があります。

リモート従業員の税金: 彼らはどのように働いていますか?

一般に、従業員は勤務する場所の税法に従う必要があります。リモート従業員が自宅で勤務していても、勤務している会社と同じ州または国にいない場合、これは複雑になる可能性が出てきます。

リモート チームの税金を正しく管理していることを確認するには、まず主な事業所の労働規制を考慮する必要があります。 一部の国では、事業体が拠点を置く国で雇用主への支払いを企業に義務付ける場合があります。 これは、従業員がどこで活動しているかに関係なく発生する可能性があります。

次に、リモート従業員の所在地の税率を調査する必要があります。 米国のような一部の国では、州または地域ごとに異なる納税申告法が定められています。 リモート従業員と同じ国にいても、納税の際には異なるフォームを使用する必要がある場合があります。 米国および同様の国々では、二重課税を防止するための協定または例外が州間で締結される可能性があります。

リモート従業員が最近同じ国内の新しい場所に引っ越した場合は、その従業員が新しい居住地で正しく登録されていることを確認する必要があります。 これは州税の二重支払いを避けるためです。 さらに、多くの国には二重課税を防止するための租税条約があるため、関連する法律をすべて調べることが重要です。

従業員手当や福利厚生など、貴社が提供する追加の課税対象福利厚生も、地方税の要件に従って報告する必要があります。 同時に、一部の国ではリモートワーク費用の控除が認められる場合があります。

リモート従業員の税金控除と優遇措置がある国 (2023 年)

現在、リモートワークやリモート従業員の増加に伴い、多くの国がリモートワークを希望する人向けに税控除やデジタルノマドビザのオプションを導入しています。

2022 年 4 月の時点で、英国では在宅勤務が必要な仕事に就いている人に対して 1 勤務日あたり 6 ポンド (GBP) の減税を行っています。 フランス、ドイツ、オランダなどの他のヨーロッパ諸国にも、遠隔地の従業員に手当の受け取りを義務付ける法律があります。 料金は毎日 5 ユーロから毎月 10 ユーロ (EUR) までです。

・ポルトガルには、プログラムの対象となるリモートワーカーに対する税金の免除と定額の所得税を含む NHR (非常習居住者) プログラムがあります。

・ギリシャでは2021年9月以降、リモートワーカー向けにデジタルノマドビザを取得できるようになった。 これには最長 7 年間の 50% の減税が含まれます。

・イタリアでは、少なくとも 2 年間イタリアに滞在することを約束したデジタルノマド民に対して 70% に相当する税金が免除されます。

・オーストラリアとカナダの両方には、リモートワーカーに対する払い戻し制度があります。 これにより、ビデオ会議ツールなどの住居費の補償を受けることができます。

・米国では、自営業のリモートワーカーは特定の税控除を受けることができます。 近年、米国の一部の州では償却費がこれに含まれるようになりました。

国際的な雇用代行業者 (EOR) を使用して遠隔地の従業員の税金を容易に処理する

幸いなことに、リモート従業員の給与計算に関するさまざまなルールや規制をすべて対応する簡素化された方法があります。 グローバルな雇用代行業者または習熟作業者派遣組織(PEO) と提携することをお勧めします。

これらは、お客様に代わってすべての管理タスクを管理できる、サードパーティの雇用および人事アウトソーシング プロバイダーです。

通常、雇用代行業者がなければ、従業員の課税法のあらゆる面に注意を払う必要があります。 これらは、会社が拠点を置く国の規則から、その場所のローカル規則まで多岐にわたります。

二重課税やその他の誤った計算が行われていないことを確認するには、法律コンサルタントを雇わなければならない場合があります。 この小さな間違いでも、会社に多大な時間と費用がかかる可能性が出てきます。

その代わりに、INS グローバルのような 雇用代行業者の専門家を使えば、給与計算と税務などのすべての分野をスピードとプロフェッショナリズムで網羅します。 雇用代行業者は、雇用を希望する国の代表的な法人として機能します。そのため、このサポートを利用すると、海外に会社の物理的な支店を設立することなく、新しいスタッフを簡単に見つけて採用することができるのです。

最終的に、雇用代行業者 を通じてリモート従業員を管理することにより、リモート 従業員が期限どおりに完全な法的安全を確保しながら、給与を受け取ることも保証されます。

INS グローバル がデジタルノマドとリモート従業員をどのように支援するか

NSグローバルには世界中にチームが存在します。 この補償範囲により、リモート作業に関するあらゆる問題に関する専門知識が保証されます。 グローバルチームを管理するのは難しいです。 それは、対面でのやり取りの欠如や、複数の国の法律の統合に至るまで、専門的な知識とスキルが必要です。 幸いなことに、弊社の資格のある専門家チームは多国籍かつ多言語で、対応しています。

弊社の経験と才能により、リモート従業員の管理と、あなたのために働く最も才能のあるデジタルノマドを見つける、その両方において、理想的なパートナーとなります。

私たちは、世界中の国々の刻々と変化するリモートワーク政策と納税義務について熟知しています。 お客様が拡張目標を達成している間、弊社は新たな開発状況を常に把握し続けています。

弊社のサポートにより、新しいリモート ワーカーを雇用し、現在のリモート 従業員が適切に扱われるようにすることができます。 さらに、世界中の減税や雇用要件などの変更に対応してきた経験により、法的コンプライアンスを遵守できなくなることを心配する必要はありません。

INS グローバルは、企業の世界展開を簡単に、かつ安全に支援してきた 20 年近くの経験があります。 最後に、弊社の 雇用代行業者および習熟作業者派遣組織サービスは、複数のタイムゾーンにおいて、世界中で使うことができます。 これにより、弊社はお客様の事業拡大、採用、人事のあらゆるニーズに対応できる体制を整えています。

詳細については、今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください