2023 年スペインで雇用すべき理由 | INS Global

2023 年スペインで雇用すべき理由

2023 年スペインで雇用すべき理由

4月 10, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. スペインはヨーロッパで第 5 位の経済大国であり、自動車、テクノロジー、製薬など多くの産業で優位に立っています。
  2. スペインの生活費と最低賃金は他の EU 諸国に比べてかなり低い
  3. スペインへの拡大のために 雇用代行業者と提携すると、登録の待ち時間といくつかの主要なコストを削減できます。
まとめ

スペインの戦略的な位置と ヨーロッパ、中東、アフリカ 諸国との強力な貿易関係により、スペインは拡大するのに理想的な市場となっています。これは、より大きな EU 市場で足場を築こうとしている場合に特に当てはまります。 ただし、新しい国で地元の人材を雇用するのは難しい場合があります。 どこから始めればよいのか疑問に思われるかもしれませんが、プロセスを容易にする方法はたくさんあります。この記事では、スペインの多様な人材プールから雇用すべき理由について説明します。 また、採用プロセスの進め方や回避すべき潜在的なリスクについても説明します。

スペインで雇用すべき3つの理由

強力な経済

2022 年の時点で、スペインの経済は世界で 14 位、ヨーロッパでは 5 位にランクされています。 昨年は5.5%という予想外の成長も見られた。 同時に、他の多くの経済は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とウクライナで続く紛争の余波で苦戦した。

2022 年のこのプラス成長は 2023 年にも引き継がれ、同国が今年も力強いスタートを切ることが期待されています。

戦略的な立地

地政学的な存在感により、スペインはアフリカ、中東、他のヨーロッパ諸国、中南米と明確な貿易関係を持っています。

スタッフチームに地元の人材を擁し、スペイン市場での地位を確立することで、他の数十の貿易相手との機会と成長への扉が開きます。

強力なテクノロジーリーダー

バルセロナはスペインのスタートアップの中心地として知られています。 この都市とその周辺地域は、国内で最も活発なスタートアップの中心地であり、イノベーションと投資の中心地として急成長しています。

マドリッドは、多くのテクノロジーベースのスタートアップや起業家にとっての主要な拠点でもあります。 スペイン政府は、研究開発の取り組みや技術発明に対して税制上の優遇措置や支援を提供しています。

現在スペインのトップ産業

スペインは幅広く多様な人材プールを誇り、次のような特定の業界が特に有力です。

観光

スペインの観光産業は経済の少なくとも 11% を占めています。 2019年から2020年のランキングでは、スペインはヨーロッパの観光分野で第1位、世界においては第3位でした。 スペインには世界観光機関(WTO)の本部もあります。

輸出

フランス、ドイツ、イタリアはスペインの輸出貿易のトップの目的地です。 ワイン、オリーブ、果物などの農産物、医薬品、自動車などが輸出上位にランクされています。

製造業

スペインから製造および輸出されている主な製品は医薬品と自動車です。 この国は自動車製造においてヨーロッパ全土で第 2 位にランクされています。 日産、トヨタ、ルノーなどの世界的な自動車企業の多くがスペインで事業を展開しています。 合計すると、自動車産業はスペインの GDP の約 10% を占めます。

スペインでの従業員の雇用について知っておくべきこと

生活費と最低賃金は他の多くのEU諸国よりもはるかに低いです。 これにより、グローバル企業はコストを削減しながら、潜在的な候補者に魅力的なオファーを提供することができます。

スペインで採用プロセスを始めるときは、地元の求人サイトを最大限に活用することが重要です。 Indeed や LinkedIn に加え、iberoempleo.es、infojobs.net、empleate.gob.es、infoempleo.com などのスペイン語のサイトもあります。

地元の求人サイトを利用すると、さまざまな業界や企業の地元の候補者と直接つながることができます。

地域の業界標準について正しい知識を持っていれば、プロセス全体を迅速化するのに非常に役立ちます。スペインでは一対一の面接が標準的な手順であり、対面またはオンラインで行うことができます。 候補者の現在または前の職場での給与について尋ねることはできますが、候補者が返答をする必要はありません。 また、転職時の給与アップは10~20%が標準とされています。

スペインでは書面によるフルタイム雇用契約が必要です。 ただし、多くの業界では、雇用手当、有給休暇、解雇処理、退職金などの詳細を決定する CBA (団体交渉協定) を結んでいます。新しい従業員を雇用する際には、遵守する必要がある CBA の規則に注意する必要があります。 これらは通常、国の規制よりも優先されます。

有期契約はほとんどなく、無期契約が一般的です。 短期ベースで誰かを雇用したい場合は、通常 6 ~ 12 か月の一時契約を結ぶことができます。 人材紹介会社や第三者機関は、すべての給与計算や管理タスクを処理しながら、臨時労働者の紹介を支援します。

スペインで雇用するデメリット

スペインでは言語の壁が、地元企業と協力したり、地元の人材を雇用したりする際にさらなる障害となる可能性があります。 スペインでは、地域の言語と方言が混ざって混乱することが多いため、現地の話し方についていけないと会話から外されてしまう可能性があります。

すべての関係者間のコミュニケーションがスムーズに進み、誤解が生じる可能性がないことを確認するために、翻訳者を雇う必要がある場合があります。

会社の子会社や支店を設立するための登録プロセスにも、多大な時間がかかる場合があります。 税金を含むあらゆる種類の支払いを処理する前に、NIE (Número de Identificación de Extranjero、または外国人の識別番号) を申請する必要があります。

雇用代行業者 (EOR) と提携すると、開設までを合理化し、待ち時間を短縮できます。 雇用代行業者は法人として機能するため、スペイン市場に迅速に参入し、新しい従業員をすぐに雇用できます。

INSグローバルと雇用代行業者を使って、スペインで簡単に採用

スペインで全従業員の採用、新人研修、円滑な業務運営を維持することは、特に複数の国に支社を持つグローバル ビジネスの場合には困難になる可能性があります。

スペインは、新規企業が二重課税を回避できるよう、世界各国と 30 以上の租税条約を結んでいます。 これらの条約とその利点を活用する方法について知ることは、拡大プロセスを簡素化する方法の 1 つにすぎません。

INS グローバル は、お客様の拡張パートナーとしての機能を独自に備えています。 当社には、あらゆる規模のさまざまな業界の企業を支援してきた 20 年近くの経験があります。 当社の法務チームは現地の労働法に精通しており、チーム全員のコンプライアンスと法的安全性の確保を支援します。

適切なチームは多様性があり、包括的であり、それを構築するには適切な知識が必要です。 当社の習熟作業者派遣組織および 雇用代行業者サービスを利用すると、スペイン市場に迅速、安全、効率的に参入し、ニーズに適した多様な労働力を構築できます。

詳細については、今すぐこちらからお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください