シンガポールで雇用代行業者から最高の人材を雇用 | INS Global
LOGIN

シンガポールで雇用代行業者から最高の人材を雇用

シンガポールで雇用代行業者から最高の人材を雇用

4月 12, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. シンガポールには外国企業向けのいくつかの免税制度と外国人起業家向けの特別ビザがあります
  2. シンガポールのような競争の激しい市場では、雇用主はより多くの福利厚生を目立たせるために提供する必要があります。
  3. 習熟作業者派遣組織または雇用代行業者と提携すると、シンガポールでの人事問題に対処し、拡大をよりスムーズかつ迅速に行うことができます。
まとめ

戦略的な立地、政治的安定、拡大する業界により、シンガポールで人材を雇用することは、アジアに進出する企業にとって非常に人気があります。シンガポールで雇用すべき理由は多くあります。また、合法的に残るためにシンガポールの雇用代行業者と協力することにより、あらゆる面で安全に、実行できるいくつかの手順があります。
この国は世界最大の金融センターの一つであるため、政府はそこでビジネスを始めたい人に投資プログラムと起業家ビザを提供しています。 シンガポールの地元の人材プールは広大で、専門的な熟練労働者がたくさんいます。 しかし同時に、採用プロセスをどこでどのように開始すればよいかを正確に知るのは難しい場合が出てきます。ここでは、シンガポールでの雇用について知っておくべきことを説明します。

シンガポールでの雇用: シンガポールの魅力は何ですか?

あなたの会社のビジネス拡張についてをまだ検討している場合、アジア太平洋地域市場で強力な足場を築きたいあらゆる種類の企業にとってシンガポールが最適な理由をいくつかご紹介します。
英語を話す人の大部分が占める
シンガポール
人口の 48% 以上が主な言語として英語を話し、残りの大部分も英語で働くことができます。 この種の利点は、国際的なビジネスや金融の拠点において特に役立ちます。
優れた英語能力の観点から、翻訳者や通訳者にかかるコストと遅延が軽減されます。 また、グローバル企業が簡単かつ迅速に接続できるようになります。
ビジネスに優しい環境
2022 年、シンガポールは今後 5 年間ビジネスを行うのに最適な国に選ばれました。
2003 年に開始された起業パス( EntrePass )ビザは、外国人起業家がシンガポールで会社を立ち上げることが許可されます。 さらに、国際企業向けの税制では税率が低くなります。
繁栄する貿易産業
シンガポールは世界トップ 10 の輸出国の 1 つとして、多くの輸出入分野で主要なプレーヤーです。 またアジア太平洋地域 の中心に位置していることから、あなたのビジネスに最適かもしれません。
現在、輸出品のほとんどは機械、石油、回路、エレクトロニクスなどです。この国の輸出相手国トップ3はマレーシア、中国、米国です。
国内主要産業のリーダー
製薬とバイオテクノロジー産業は、シンガポールの 2 つのトップ産業です。 さらに、地元の 3 つの大学は、生化学と分子生物学において世界的に最高ランクの教育機関の 1 つです。
エンジニアリングハブには、世界中から才能ある専門家が集まっています。 一般に、これらのセクターはイノベーションと拡大の主要な場所となっています。

シンガポールでの効果的な雇用: 5 つのシンプルなステップ

どのような種類の労働者が欲しいかを決める
フルタイム従業員、パートタイム従業員、独立請負業者に関する規制はすべて異なります。シンガポールで円滑に業務を遂行するには、現地の雇用法の遵守を維持することが不可欠です。
まず、現地従業員に何を求めているかを正確に知る必要があります。 もちろん、ここでは最高のベンチマークに関する深い知識が役立ちます。
求人サイトや地域ネットワークを活用する
シンガポールで使用されている人気の求人サイトには、Beamstart、Gumtree、JobStreet、Indeed などがあります。 シンガポール市場向けの求人サイトもあります。 これらには、hrtech.sg や GrabJobs などの地元 オプションが含まれます。
これらは一般的な検索エンジンではすぐに表示されない可能性があるため、新しいサイトやサービスを探すことをお勧めします。
ソーシャル メディアは、求人情報を掲載したり、候補者と会話したりするための現代的な方法としても人気があります。
地元のコミュニティやリソースを通じて対面で候補者を見つけることも、地元の業界とのつながりを作る良い方法です。
対面でのネットワークを利用して検索範囲を拡大することの利点を忘れないことが重要です。 就職説明会や同様のイベントに参加するための準備を整えれば、人材探しの可能性を大幅に広げることができます。
CPF 申請番号を取得する
雇用主として、従業員のために年金保険料を支払う必要があります。 シンガポールのすべての雇用主は中央積立基金 (CPF) への支払いが義務付けられています。
毎月、すべての従業員のためにこの基金に 2 回の寄付を行う必要があります。 1 つ目は従業員の取り分で、賃金の 20% に相当します。 さらに、雇用主の負担金 (17%) も追加する必要があります。
設定は面倒なので、早めに始めることをお勧めします。 あるいは、少額の月額料金を払うことで適切な専門知識を持つ地元パートナーが、短時間でこれを行うこともできます。
候補者と面接し、魅力的なオファーを提示する
潜在的な候補者を選択したら、面接プロセスを経て、そのポジションに最適な候補者を選択する必要があります。
シンガポールの雇用法では、雇用主が KET (主要雇用条件) を書面で提供することが義務付けられています。 通常、これらには報酬額、休暇および従業員福利厚生の種類、通知期間などが含まれますが、これらに限定されません。
保険およびその他の人事サービスの維持
労働災害保険は、肉体労働に従事するすべての従業員、または月収 2,600 ドル以下の従業員に提供されなければなりません。 重要なのは、この要件は現地従業員と外国人労働者の両方に適用されるということです。
さらに、業種によっては、その他の従業員保険や会社保険の要件がある場合もあります。 遵守しない場合は、高額な料金と罰金が課せられます。 そのため、人事スタッフがあらゆる詳細に、対応できる知識と備えを備えていることが重要です。
あるいは、シンガポールの雇用代行業者が、従業員にタイムリーかつ正確な人事機能を保証してくれます。適切な専門知識があれば、支店を建てなくても(法律を)遵守することが可能となります。

シンガポールでの雇用の潜在的な欠点に対処する

競争市場ではより多くの従業員の福利厚生が必要
シンガポール市場では競争が激化しているため、雇用主は他の競争相手よりも目立つために、積極的なオファーを増やしていく必要があります。
これは、より高い報酬とインセンティブ、より多くの有給休暇、柔軟な在宅勤務手当、リモートワークなどが、準備できていることを意味することでもあります。

誤分類エラーのリスクの増加

シンガポールでグローバル企業を経営するということは、居住従業員、外国人従業員、および遠隔地の外国人従業員を取り巻く現地の法律を理解することを意味します。
また、パートタイム従業員からフルタイム雇用契約まで、それぞれの種類の契約の締結方法を知る必要があります。 明確な契約で従業員を雇用することは、グローバルな雇用関係を良好にするための第一歩です。
逆に、間違いを犯した場合、高額な罰金を支払わなければならないだけでなく、会社の運営が遅くなる可能性もあります。

人材確保にはさらなる努力が必要

シンガポールは地元だけでなく、多くの産業の世界的なハブとしても多くのキャリアの機会を提供しているため、優秀な人材を維持するためには、母国よりも多くの資金とリソースが必要となる場合が出てきます。
従業員があなたの下で働いていたのに、ワークライフバランスの違いなど、地元での単純な誤解が原因で退職した場合、その後の求職者を探す際、悪影響を及ぼす可能性もあります。

シンガポールの雇用代行業者 (EOR) を使って、今すぐ迅速、効率的、安全に雇用しましょう。

INS グローバル のような信頼できる拡張パートナーを持つことで、御社の拡張プロセスを加速し、リスクと責任の可能性を軽減し、すべての従業員の法的な雇用の安全を確保できます。
INS グローバル の 習熟作業者派遣組織 (PEO) およびシンガポール雇用代行業者のサービスは、企業の規模に関係なく、あらゆる国際的な人事アウトソーシングのニーズに対応し、さまざまな段階でお客様をサポートしていきます。 単一の連絡窓口を通じて、コンプライアンス保証、給与税、福利厚生管理などにも対応していきます。
最後に、当社は独自のソリューションを専門としており、当社のスタッフはお客様が迅速かつ障害なく市場に参入するために必要な法的知識と専門知識をすべて備えています。
シンガポールでの雇用の可能性を高める方法について詳しく知りたい方は、今すぐお問い合わせください。

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

拡大を検討する場合は、マレーシアの従業員福利厚生に関するさまざまな現地規制や法律の遵守を確保することの複雑さを考慮してください。
EORを通じて複数国にまたがる労働者を雇用し、給与を支払うことは非常に効率的であります。ただ、適切なグローバルEORプロバイダーを見つける必要でsy。
請負業者と従業員を雇用するということは、労働者の権利、義務、保護、福利厚生に関して雇用主としての責任を理解することを意味します。

DOWNLOAD THE PDF