%件名%

マカオの完璧な退職金: 労働者を解雇する4つの方法

マカオの完璧な退職金: 労働者を解雇する4つの方法

6月 12, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
INS Global

著者

日にち

INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. マカオにおける解雇の通知期間は、雇用主が解雇を開始した場合、最低 15 日間となります。
  2. マカオの退職金は、勤続1年につき、 7 ~ 20 日分の賃金の範囲掛ける勤続年数となります
  3. グローバル パートナーを使うと、法に準拠した従業員の解雇を保証することがはるかに容易となります
まとめ

新しい国際市場で成功するためには、法令に準拠したタイムリーな人事サービスを従業員に提供することが不可欠です。外国で働くことは決して簡単なことではありません。特にマカオの退職金など、なじみの薄い労働法や、雇用法に対処する場合にはなおさらです。 ここでは、ほんの小さな間違いでも、高額な料金や罰金を支払わなければならない可能性が出てます。

だからこそ、INS グローバル のような拡張パートナーを持つことで、あらゆる段階でプロセスを合理化することができるようになります。 採用から給与計算、退職までサポートいたします。 私たちのガイダンスによって、あなたと御社の従業員の法的安全を確保し、不必要な出費を削減することをできるようにしていきます。

この記事では、マカオで従業員の解雇と退職金を適切に処理する方法について説明していきます。 また、重要な決定を自信を持って確実に下せるよう、従業員のさまざまな種類の解雇についても概要を説明していきます。

マカオで従業員契約を安全に終了する方法

マカオにおける契約解除と退職金の計算は労働法に従って行われなければなりません。

契約書に具体的に書かれて合意されていない限り、雇用主は通知や補償なしに従業員を解雇することはできません。 解雇には、正当な理由のある解雇と理由のない解雇など、いくつかの種類があります。

マカオのすべての契約には、終了前に書面による通知が必要です。 この書面による通知には、終了の理由を含める必要があります。

通知期間は、雇用主が解雇を決定した場合は 15 日間、従業員が解雇を決定した場合は 7 日間が必要となります。

あるいは、従業員契約に通知期間の長さを記載した条項がある場合は、法定最低額を下回らない限り、この条項を尊重する必要があります。

マカオの双方合意による解雇

従業員と雇用主の両方が契約の終了に同意する場合、書面による合意書に両当事者が署名する必要があります。 これには、終了日、通知額(または代わりの支払い)、およびその他の合意された条件が含まれる必要があります。

契約には、従業員が解雇日前までに必要な書類と支払いをすべて受け取ったという条項も含める必要があります。 契約が署名されていない場合でも、通知期間は尊重される必要があります。 従業員には解雇証明書も渡さなければなりません。 これは、新しい仕事を探すためにこれを必要とする外国人従業員にとって特に必要なものとなります。

試用期間中の解雇

契約書に特段の定めがない限り、または試用期間が 90 日を超えても続く場合を除き、雇用主は試用期間中に解雇された従業員に通知する必要はありません。 後者の場合、7 日前までに通知する必要があります。

正当な理由のある解雇

正当な理由による解雇は、社内規定違反、機密情報の漏洩、理由のない長期欠勤などの重大な不正行為があった場合にのみ適用されます。

従業員の解雇が正当な理由に基づいて行われた場合、雇用主はその扇動的な出来事から 30 日以内に書面で通知しなければなりません。

マカオでは、正当な理由で解雇された従業員を解雇する場合、退職金は必要ありません。 ただし、雇用主が書面による通知を提出しなかった場合、または正当な理由が無効であると判断された場合は、雇用主はマカオの法定退職金の 2 倍を支払わなければなりません。

従業員による契約解除

従業員が契約を終了する正当な理由があると考える場合も、30 日以内に書面で通知しなければなりません。 従業員が契約を取り消す正当な理由がある可能性がある例としては、次のようなものがあります。

・雇用主による支払いの不履行
・従業員の権利と安全の侵害
・契約で指定された労働条件の変更。

従業員が正当な理由により契約を解除した場合の報酬は、以下で詳しく説明する退職金と同じ率で計算されます。

マカオの退職金

マカオでは正当な理由のない解雇、つまり従業員の違法行為や違反による解雇ではない場合、退職金が必要となります。 マカオの退職金の額は、以下の表に示すように、従業員の年功によって異なります。

– 勤続1年未満の場合は7日分の賃金。

– 勤続1~3年の方には勤続1年毎 年間10日分の賃金を支給します。

– 3 ~ 5 年勤務した場合、勤続1年毎、年間 13 日分の賃金。

– 5~7年勤務した人には勤続1年毎 年間15日分の賃金。

これは、10年以上働いた人の場合、毎年最大20日分の賃金まで上昇し続けています。

マカオの退職金も、解雇時の従業員の月給の12倍が上限となっています。 退職金計算の月額賃金の最高額は、両当事者が別の金額に合意しない限り、21,000 パタカです。

INS グローバルを使って、マカオで従業員管理プロセスを改善し、退職金を計算しましょう。

世界展開は、必ずしもリスクが高く複雑なプロセスである必要はありません。 INS グローバルのような信頼できるパートナーがいれば、御社と従業員の両方にとって、新規市場への参入がはるかに簡単かつ安全になります。

INS グローバルでは、法律専門家や経験豊富な世界的起業家からなる多様なチームの専門知識にアクセスできます。 国際的に事業を拡大する際には、複雑な契約法や雇用法に精通し、あらゆる質問や懸念事項に答えてくれるパートナーを持つことが役立ちます。 INSグローバルを利用すれば、マカオでの解雇、予告期間、退職金について心配する必要はもうありません。

弊社の最新の採用戦略により、地元の最高の人材プールへのアクセスが可能になり、当社の習熟作業者派遣組織および 雇用代行業者のサービスにより、複雑な契約管理と紛争解決は、弊社にお任せください。

INSグローバルは、15 年以上にわたって企業の契約管理、人事、世界展開戦略を支援してきました。 私たちの優先事項は、新しいターゲット市場において、スムーズに事業を運営するために必要なすべてのサポートを確実に提供できるようにすることです。

100 か国以上でサービスを利用できる INS グローバル は、採用、入社教育、契約作成、健康保険、給与、税金などを支援するための設備が充実しています。

あなたの特定の拡張ニーズを満たすためのオーダーメイドプランについて、今すぐ弊社チームにご相談ください。

 

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください