2023 年の契約社員配置の完全ガイド

2023 年の契約社員配置の完全ガイド

2023 年の契約社員配置の完全ガイド

12月 19, 2022

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 雇用代行業者は、国内外の従業員に必要なすべての法的責任を負います。
  2. ヨーロッパの 雇用代行業者では、新しい市場において、わずか 48 時間で新しいスタッフを雇うことができます。
  3. ウクライナ紛争はヨーロッパの多くの経済に影響を与えていますが、成長の機会は残っています
まとめ

ヨーロッパには、世界最大の経済大国が数多くあります。 開かれた市場と業界を超えた人材の多様性により、グローバル展開の第一の選択肢となっています。 新しくヨーロッパ市場に参入するには、専門知識とコンプライアンスが必要となってきます。 ほとんどの欧州連合 (EU) 諸国には、労働と雇用に関する厳格な法律があります。 欧州市場の規制を順守しないと、会社に手数料と罰金が科せられます。
グローバルな雇用代行業者と提携することで、コンプライアンスの問題に心配することなく、国際市場に迅速に参入できます。 この記事では、雇用代行業者 (EOR) とは何か、および対象市場における国際企業のメリットについて説明します。
また、INS グローバル の 雇用代行業者のサービスでサポートしているヨーロッパ諸国を挙げています。 このようにして、どの市場に拡大するかを決定する際に、多くの選択肢を用意することができます。

雇用代行業者とは何ですか?

雇用代行業者とは、プロの第三者雇用アウトソーシングサービスプロバイダーです。 合法的に従業員を雇用し、給与計算を処理し、世界中で 1 つだけでなく複数の国で人事サービスを処理できる組織として運営されています。
雇用代行業者 は従業員の法的義務を引き受けます。その間従業員は会社で通常どおり働き続けることができます。 雇用主として、雇用する従業員、彼らが行う仕事、および合法的な雇用の軌跡に対する完全な権利と管理を保持できます。
雇用代行業者を使うことにより、新規市場で別の事業所を設立する必要がなくなります。 会社設立のコストを削減し、母国から新しい場所で、迅速かつ効率的に業務を開始できます。 雇用代行業者を使うと、地元の人材候補を検索し、従来の採用方法よりもはるかに早く、現地市場で新しい人材を募集、雇用、入社教育することもできます。

雇用代行業者 はヨーロッパでどのように機能しますか?

ヨーロッパに進出する際、EU 市場への参入を計画している場合は、ユーロの統一通貨の恩恵を受けることができます。 ただし、EU 加盟国内でも、労働法と市場の要件には依然として多くの地域差があります。
ヨーロッパには、多様な言語と文化があります。 新しい市場で貴重な人脈を築くには、最良の業界水準や現地の労働法についてアドバイスできる地元のカウンセラーが不可欠となってきます。

INSグローバルが支援するヨーロッパ諸国

INS は、ヨーロッパのさまざまな主要国で最高品質の専門的なグローバル雇用代行業者の サービスを提供しています。
ここでは、各国と、年間成長率に対するパンデミックの影響などの重要な情報を、概要で示していきます。 これにより、どの新規市場が御社に最も適しているかを判断することができるかと思います。

オーストリア

オーストリアの GDP は 2022 年の第 3 四半期にわずかに減少しましたが、国全体としては堅調な成長を維持しています。 一般に、市場の経済力と信頼できるインフラにより、市場を拡大するのに安定した市場となっています。

ベルギー

ベルギーの経済はパンデミックから順調に回復しています。 それでも、ウクライナでの紛争は、インフレと供給不足を引き起こしています。 GDP は 2022 年の第 3 四半期に 0.1% 減少し、第 4 四半期には 0.4% 減少すると予測されています。

キプロス

キプロスの GDP は第 3 四半期に 5.5% 成長し、観光客数は最近プラスの増加を見せており、パンデミックからの回復における経済の回復力を示しています。

チェコ共和国

国の GDP は第 3 四半期に 0.4% 減少し、ウクライナの紛争による市場への影響による景気後退が懸念されています。 しかし、政府はインフレ率を下げ、企業と家計の両方を支援する支援政策を導入しています。

エストニア

エストニア経済は今年上昇傾向にあります。 一方、ウクライナ紛争の影響により、第 3 四半期の業績は鈍化しました。 エストニアの市場は、信頼できる機関、強固な金融部門、および政治的安定の恩恵を受けています。

フィンランド

フィンランドの GDP は 2022 年上半期に 2.3% 増加し、パンデミックからの好調な回復を示しています。 他の多くのヨーロッパ諸国と同様に、ウクライナの紛争は引き続き経済に悪影響を及ぼしていますが、市場は安定しています。

フランス

2022 年の第 3 四半期、フランスの GDP は 0.2% 上昇しました。 観光業は減速し、家計消費は減少していますが、同国の経済は依然として成長と回復力を示しています。

ドイツ

ドイツの GDP は第 3 四半期に 0.3% 上昇しました。 この国は、世界最大のオンラインショッピングおよび e コマース市場の 1 つとして知られており、ヨーロッパでの戦略的な場所であり、拡大する企業に人気の国になっています。

ギリシャ

世界的なパンデミックとウクライナでの紛争という障害にもかかわらず、ギリシャの経済は2022年も引き続き前向きな結果を示しています。

ハンガリー

2022 年、ハンガリーの市場と産業はプラスの成長を遂げ、第 3 四半期の GDP は 4% 増加しました。 ハンガリーは、企業が緩やかな競争と幅広い機会から利益を得ることができる電子商取引市場において、未開拓の可能性を秘めています。

アイルランド

アイルランド経済は好調な1年を迎え、第 1 四半期の GDP は 10.8% 増加しました。 家計支出と投資は増加傾向にあります。 国の主要な地理的位置と競争力のある税制により、ヨーロッパへの拡大を検討している企業にとって実行可能な選択肢となっています。

イタリア

イタリア経済は 2022 年第 3 四半期も成長を続け、GDP は 0.5% 増加しました。 この国は、ヨーロッパ最大の消費財メーカーの 1 つであり、中小企業にとって収益性の高い市場であることで知られています。

ルクセンブルク

ルクセンブルクは、世界で最も高い 1 人あたりの GDP の 1 つとしてランク付けされています。 しかし、同国の経済は今年、ウクライナ紛争の影響を受けており、エネルギー価格の上昇により成長率が低下しています。

オランダ

年初の好調なスタートにもかかわらず、オランダの GDP は 2022 年の第 3 四半期に落ち込みました。小売業や建設業など多くの部門が停滞し、建築許可の不足が住宅危機を引き起こしています。

ポーランド

ポーランドの第 3 四半期の結果は、引き続き GDP の着実な成長を表しています。 さらに、ヨーロッパの中心に位置し、教育水準が高く有能な労働力は、世界的な拡大を目指す企業にとって強力な資産となっています。

ポルトガル

今年のポルトガルの住宅価格と国債には懸念がありますが、国はパンデミック後のヨーロッパでの中では、比較的安定しています。 このため、ポルトガルは外国人投資家にとって理想的な市場となっています。 外国投資に対する追加の制限はなく、この国は多くの EU 加盟国との重要な貿易相手国です。

スロバキア

スロバキアの GDP は 2022 年のこれまでのところ四半期ごとに成長しています。国内需要と自動車産業は統計的に強い傾向を示しています。 つまり、この国には開かれた市場経済と投資家に嬉しい政策がとられています。

スペイン

スペインは、ヨーロッパで最大の潜在的経済圏の 1 つです。 観光、製造業、自動車など幅広い収益を誇っています。 さらに、2022 年の GDP 成長率はプラスに転じましたが、ウクライナ紛争がインフレを悪化させ続けています。

スェーデン

スェーデンの GDP は第 3 四半期に 0.7% 上昇し、2022 年も安定性を維持しています。しかし、世界で最も高い雇用率の 1 つであり、天然資源と輸出産業が豊富であるため、大変ではありますが、価値のある市場となっています。

トルコ

トルコの地理的位置は、ヨーロッパ、アジア、中東に進出するため、市場を拡大するのに最適な市場です。今年の国のGDPは堅実な割合を示していますが、高インフレが懸念されています。

英国

英国の GDP は第 3 四半期に 0.7% 減少し、2022 年に苦戦した経済でしたが、さらなる後退を示しています。

INS グローバル は EU でどのように役立ちますか?

初めて EU 市場に参入する場合でもそうでない場合でも、INS グローバル には、グローバルな拡大戦略を成功させるための必要なツールがあります。
グローバル展開の支援の長所については、今すぐ当社のグローバル モビリティ エキスパートにお問い合わせください。 さらに、雇用のアウトソーシング、コンプライアンスの保証、給与計算、税金および福利厚生の管理などについて、当社がどのようにお手伝いできるかをご覧ください。
今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください