共同雇用の必須ガイド

共同雇用の必須ガイド

共同雇用の必須ガイド

12月 26, 2022

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 雇用代行業者を使うと、別の事業体を設定することなく、新しい国でスタッフを迅速かつ安全に雇用できます。
  2. 雇用代行業者 を使うと、コンプライアンス関係の失敗などのリスクなしにアジア太平洋諸国に展開できるようになります。
  3. INS グローバル は、アジア太平洋地域の 15 か国で雇用代行業者 の サービスと専門知識を提供しています。
まとめ

アジア太平洋地域に拡大することは、多様で収益性の高い、多くの機会への扉が開かれるようになります。 中国からオーストラリア、インドまで、あらゆる業界の熟練した才能のある専門家を見つけることができます。 アジア太平洋市場に足場を置くことで、迅速かつ容易に進出し、これらの国の経済的繁栄を最大限に活用することができます。
雇用代行業者 (EOR) のサービス プロバイダーと提携することで、会社のあらゆる面が現地の規制に従っていることを保証できるようになります。 雇用代行業者によって拡張の経験を向上させる方法はたくさんあります。 この記事では、グローバル展開戦略を最大限に活用できるように、すべての利点について詳しく説明していきます。

雇用代行業者とは何ですか?

海外に進出する際には、会社と従業員が法的に安全であることを確認することが不可欠なことです。 日常業務の成功は、円滑な移行を行い、現地の労働および雇用に関する法律を遵守し続けることにかかっているとも言えます。
雇用代行業者とは、複数の国で人事サービスを提供する組織のことです。 世界中で従業員を合法的に雇用し、採用、給与計算、人事、税務のすべての面に対応できます。
雇用代行業者 は、従業員が通常どおり会社のために仕事をしている間、雇用主の責任を負います。 これは、強力な雇用契約を結ぶこと、または事業体なしで事業を拡大できることを意味します。
雇用代行業者との パートナーシップがあれば、新規に労働者を雇うために新しい国に支社を設立する必要はありません。 雇用代行業者を通じて、新しいスタッフや独立した請負業者を見つけて雇うことができます。 これにより、事業をシームレスに継続し、従来の会社設立よりもはるかに迅速に新規市場に参入することができます。
現地の給与計算と税務コンプライアンスは、海外に進出する企業にとって不可欠なことです。グローバルな 雇用代行業者により、すべての法的要件が専門知識を正確に処理していきます。
雇用代行業者は、コンプライアンスのリスクと失敗を減らし、従業員の満足度を向上させ、効果的な結果を生み出す効率的な給与計算と人事サービスで時間とお金を節約していきます。
雇用代行業者の仕組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。

「雇用代行業者はアジアでどのように機能していきますか?

アジア太平洋地域の通貨の多様性と現地の要件は、特に雇用主がその責任を認識していない場合、その地域で拡大したい企業にとって複雑になってしまう可能性があります。事業の拡大と、地元の取引先の関心を引くには、地元のビジネス文化状況が最も重要となってきま

現地の文化や消費者の行動に関する正しい情報がなければ、所得税などで大きな間違いをしてしまう可能性が出てきます。
雇用代行業者には、拡張プロセスのあらゆる段階であなた側にいる専門の現地アドバイザーと登録代理人がいます。 また、可決された新しい法案や新しい雇用法を追跡し、会社が現地の規制に合わせ、最新の状態を保っているようにします。
雇用代行業者を使うことにより、日常業務、雇用、キャリアの軌跡、解雇など、従業員を完全に管理することができるようになります。 雇用代行業者は、課税、福利厚生、給与計算などの法的責任に対応していきます。

INS グローバルがサポートするアジア太平洋地域

INS グローバル は、アジア太平洋地域の十数か国で 雇用代行業者のサービスを提供しています。 ここでは、重要なデータの概要とともに各国を紹介し、どの新規市場が御社に最も適しているかをわかるようにしています。

オーストラリア

オーストラリアの実質 GDP は、2021 年から 2022 年にかけて 3.9% 増加しました。 国は 新型コロナウィルス感染症による制限から急速に立ち直りつつあり、多文化の労働力は、さまざまな分野で熟練した才能と教育を受けた専門家たちがたくさんいます。

カンボジア

カンボジアの製造業は今年力強い成長を遂げており、観光業やサービス業も新型コロナウィルス感染症から急速に回復しています。 カンボジアは 269.6 億の GDP を誇っており、2023 年には 6.2% 増加すると予測されています。

中国

パンデミックは中国に深刻な影響を与えましたが、ほとんどの都市は通常通りに戻ってきています。 しかし、中国での事業拡大は依然として複雑であり、外国人所有者には、現地パートナーなしでの定款の権限の制限など、多くの制限がかかります。

香港

香港の GDP は、パンデミックやその他の要因により、2022 年第 3 四半期に 4.3% 減少しました。 しかし、市場はアジアで足場を築くための競争力のある戦略的な場所であり続けています。

インド

2022 年、インドは英国を抜いて世界第 5 位の経済大国になりました。 この成長は今後も続くと予想され、この地域への進出を希望する企業にとって魅力的な選択肢となっています。

インドネシア

インドネシアの GDP は、輸出と投資が増加し、 5.72% 成長しました。 さらに、国は、国家間の迅速かつ容易な貿易を促進するために複数の協定に署名しています。

日本

2022 年の第 3 四半期に、日本の GDP はインフレにより 1.2% 縮小しました。これは、生活費が上がったことを意味します。 しかし、今年、日本はパンデミックから脱却し、世界第 3 位の経済大国の回復がすぐそこまできています。

マカオ

経済が観光と観光客の支出に依存しているため、今年マカオの GDP は厳しい状況です。 2022 年の第 3 四半期に 合計で、33.4% 減少しました。その結果、この下落を活用できる企業には、またとな参入の機会となります。

マレーシア

マレーシア経済はパンデミックによる不況から回復し、第 3 四半期の GDP は 14.2% 増加しました。 また、この国には、拡大または投資を希望する企業と十分な教育を受けた労働力を支援する政策があります。

フィリピン

フィリピン経済は困難な 2021 年から回復し、今年は 5.6% 増加しました。 同時に、すべての重要な産業がプラスの成長を示しています。 輸出入の数値も増加しています。 さらに、この国には英語を話す人口数が多く、ビジネスに適した経済力があり、急速に拡大したい企業にとって良い選択肢となっています。

シンガポール

シンガポールの経済も今年は好調で、2022 年の第 3 四半期には 4.4% という大幅な成長を遂げました。外国企業にとって有利な条件で知られるこの国は、依然として目的地のトップです。

韓国

アジア太平洋地域の多くの国と同様に、韓国は今年、パンデミックによる制限により世界的なビジネス交流が制限された後、営業を再開しました。よって 2022 年第 3 四半期の GDP 成長率は良いものではありませんでした。 しかし、この国の戦略的な場所とアジア太平洋における強力な存在感で、国際的なビジネスと拡大に適した選択肢となっています。

台湾

台湾の GDP は アナリストの予想を上回り2022 年第 3 四半期に 4.10% 増加しましたた。 この結果、台湾は多くの産業において重要な力を持ち続けています。

タイ

観光業の増加に後押しされて、タイの GDP は 2022 年の第 3 四半期に 4.5% 増加しました。 今年パンデミック規制が緩和されたため、国は回復へ向け、速い軌道に乗っています。

ベトナム

2022 年第 3 四半期のベトナムの GDP 成長率は、東南アジアで 2 番目に高いものです。この国には、投資家にとって嬉しい政策と貿易協定があり、外国人投資家やグローバル企業にとって魅力的な国です。
今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください