共同雇用の必須ガイド | INS Global

共同雇用の必須ガイド

共同雇用の必須ガイド

1月 9, 2023

共有

Facebook
Linkedin
Twitter
Picture of INS Global

著者

日にち

Picture of INS Global

著者

日にち

共有:

重要ポイント

  1. 共同雇用関係とは、クライアント、従業員、習熟作業者派遣組織の 3 者間の契約上の関係のことです
  2. 従業員のリースや共同雇用とは異なります。 
  3. 習熟作業者派遣組織 を主な雇用主にすることで、彼らはすべての事務処理を担当し、給与、人事問題、解雇、保険などのあらゆる面を管理してくれます。
まとめ

派遣社員や独立請負業者は、従業員の重要な役割を担うことができます。 彼らの多様な才能とスケジュールの柔軟性は、短期プロジェクトやポジションにとって魅力的な選択肢です。 ただし、派遣労働者を正しく管理し、労働法を完全に遵守することは、会社の運営にとって不可欠なことです。 共同雇用は、この点で有益な選択肢の 1 つと言えます。
共同雇用は、あなたの目標に向かって直接働く従業員の日常業務を管理しながら、雇用主の責任を軽減することができます。 同時に、共同雇用にはリスクもあります。 適切に管理しないと、訴訟、高額な料金、罰金に直面する可能性が出てきます。
この記事では、共同雇用と潜在的なリスクを回避する方法を定義していきます。 最後に、共同雇用の長所と短所も要約して、それが現在のあなたの状況に合うかどうかを判断できるようにしています。

共同雇用: それは何ですか?

共同雇用は、2 人以上の当事者が従業員に対する法的責任を共有することです。 これは、習熟作業者派遣組織のようなサードパーティの人材派遣会社とクライアント企業との間の一種の契約です。
一般的に、共同雇用の関係は三者間の契約上の関係です。
共同雇用契約では、クライアント企業が従業員または請負業者の日常的な管理を行います。 クライアントは、従業員を指導、パフォーマンスを評価し、効果的な従業員管理や従業員の日々の励ましなど、共同雇用された従業員のパフォーマンス以外に対応します。
その後、習熟作業者派遣組織は給与計算、人事サービス、源泉徴収、労働者の補償などを処理していきます。
共同雇用関係では、双方が他方の行為に対して責任を負うことになります。 スムーズな関係を維持するには、最初に各当事者の責任を明確に表明することが重要です。
最後に、共同雇用は従業員のリースやジョイント雇用とは異なります。

共同雇用: 長所と短所

長所

従業員の給与と保険の対象

習熟作業者派遣組織は、従業員の給与計算、福利厚生、保険、税額控除のあらゆる事に対応します。 したがって、これによる時間を節約し、会社のゴールに集中するための明確さとエネルギーを得ることができます。

専門の人材をすぐに確保

特定のタスクのために新しいフルタイムの従業員を雇って入社教育する代わりに、一時的に労働者または請負業者を雇うことができます。 この人たちは、すでに熟練者であり、プロジェクトにすぐに取り掛かることができる人たちのことになります。 その結果、トレーニングとスキルアップにかかる時間を節約できます。

手頃な価格で信頼できるサービス

習熟作業者派遣組織は、共同雇用された従業員が適切にケアされ、管理されています。 さらに、習熟作業者派遣組織のパートナーは、派遣労働者が完全に法令を遵守して業務を行っていること、および関連する雇用法の変更について最新の情報を把握していることも保証されます。

機会の拡大

共同雇用関係にあることで、フルタイムの労働力の規模を大幅に拡大することなく事業の規模を拡大できます。 新しいスタッフの採用に多くの時間とリソースを費やす必要がなく、市場の目標に向けてより速く前進することが可能となります。

短所

共同雇用の従業員は一時的なものにすぎません

あるポジションには長期の従業員が必要な場合がありますが、臨時従業員のステータスをフルタイムの従業員に変更することは、その関連する法的リスクを伴い、複雑になる可能性が出てきます。その移行をスムーズにする方法の詳細については、こちらの記事を参照してください。

従業員の文化慣習が影響を受ける可能性が出てきます。

長期の従業員と必ずしも同じビジョンや文化を共有しているとは限らない短期の従業員がいると、そこに摩擦が生じる可能性が出てきます。 前向きな仕事環境を作るには、効果的なマネージャーと管理スキルが必要となります。 管理が行き届いた企業文化により、新入社員と現在の社員の両方が価値と感謝を感じることができます。

誤分類エラー

労働者が共同雇用の従業員として分類された後、正社員として採用された場合、訴訟、評判の低下、および罰則の支払いを余儀なくされる可能性があります。 共同雇用の従業員は、フルタイムの従業員と同責任と労働時間を遂行したりすることはできません。
次に、共同雇用のリスクに効果的に対処する方法を概説します。

共同雇用のリスクとその回避方法

訴訟の煩わしさや、誤分類エラーによる手数料や罰金の不必要な費用を回避する最善の方法は、次のとおりです。

評判の良い会社と提携しているか、確認しましょう。

米国の習熟作業者派遣組織と提携する場合、習熟作業者派遣組織は IRS 認定を受けていることが必要になります。 共同雇用したい習熟作業者派遣組織がその水準に達していることを確認する必要があります。 さらに、これは、国の規制に従って完全に法的に安全に機能しているかどうかを確認することもお勧めします。
具体的かつ詳細な契約を作成する

安全で準拠した共同雇用契約がどのようなものである

べきかについて助言できる法律専門家または法律顧問と一緒に進めてください。
習熟作業者派遣組織と、あなたがどのような責任を負い、何を管理することが求められているかについてきちんと話し合ってください。 明確なコミュニケーションを取ることにより、誤解は発生しません。 希望するアレンジメントの種類に応じて、従業員の側では、週に一定の時間を設定することを意味あるものです。

習熟作業者派遣組織 を主な雇用主に割り当てる

習熟作業者派遣組織 を主な雇用主にすることで、習熟作業者派遣組織 がすべての事務処理に対応し、給与、人事問題、解雇、保険などのあらゆる面を管理します。そうすれば、あなたは 共同雇用の従業員の日常業務の監督に集中できるようになります。

INS グローバルで従業員を安全に雇用および管理

派遣社員をうまく管理することは時には難しい場合が出てきます。 これは、さまざまな国に支店があり、いくつかの法制度や規制に準拠する必要がある場合に当てはまります。 このため、訴訟に対処するには費用がかかり、会社の評判を損なう可能性も出てきてしまいます。
INS グローバル は、法的に健全で、お客様にとって有益な習熟作業者派遣組織サービスを提供します。 当社の法律顧問チームは、現地の労働法および税法を正しく遵守するために必要な経験と知識を備えています。 私たちは世界中で600社以上と提携しています。 これにより、業界と業界水準に関する独自の洞察を得ることができます。
当社の習熟作業者派遣組織および雇用代行業者のサービスは、80 以上の国で利用できます。 このようにして、どこの大陸からも従業員の管理を支援できます。
INS グローバルを使用すると、すべての人に利益をもたらし、信頼を築く職場環境で、労働者を安全かつ効率的に共同雇用できます。
詳細については、こちらからお問い合わせください。
今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

今すぐお問い合わせください

関連記事

DOWNLOAD THE INS Expansion Insights

DOWNLOAD THE PDF